502件中 91 - 100件表示
  • メッド・ビュー航空

    メッド・ビュー航空から見たボーイング747ボーイング747

    ハッジの時期にはボーイング747とボーイング767を利用してチャーター便を運航している。メッド・ビュー航空 フレッシュアイペディアより)

  • ラロトンガ国際空港

    ラロトンガ国際空港から見たボーイング747ボーイング747

    ラロトンガ国際空港(ラロトンガこくさいくうこう、)は、クック諸島の首都アバルアから西へ3 kmにある国際空港。滑走路の長さが2300メートル足らずしかないが、かつてニュージーランド航空はオークランドとの間にボーイング747型機を就航させていた。ラロトンガ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ハーリド・ビン・アブドゥルアズィーズ

    ハーリド・ビン・アブドゥルアズィーズから見たボーイング747ボーイング747

    サウード家には心臓発作で亡くなる者が多く、旅行中の発作に備え手術室を設置したボーイング747を購入していたが、1982年6月13日、やはりハーリドも心臓発作で没し、ファハドが後を継いだ。ハーリド・ビン・アブドゥルアズィーズ フレッシュアイペディアより)

  • ソニック・クルーザー

    ソニック・クルーザーから見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング社はエアバスがA380の開発を開始して約3ヵ月後の2001年3月26日、エアバスA380に対抗して長年計画していた、ボーイング747を改良した747Xの開発を延期した。そして誰もが全く予想していなかった、高速で巡航できる中型機の開発を優先すると発表した。その中型機の概要として、巡航速度はマッハ0.95以上、巡航高度は40,000ft(約12,000m)以上、客席数は100?300席(ボーイング737?767-300クラス)、航続距離は7,500?9,000nm(約16,600km)以上とされるものだった。ソニック・クルーザー フレッシュアイペディアより)

  • 段ボール製自転車

    段ボール製自転車から見たジャンボジェットボーイング747

    2012年、イスラエルのイズハル・ガフニ(又はイツハール・ガフニ。Izhar Gafni)は、フレームの大半が段ボール製の自転車を開発した。イズハルはもともと自動生産ラインの設計の専門家、かつ元軍人で、企業家であるが、段ボールでカヌーを作ったというニュースに触発され、自転車が好きであったため、約1年半の歳月をかけて完成させた。ジャンボジェットの製作もはじめは不可能と技術者は言われたというエピソードを励みにしたと語る。段ボール製自転車の重さは約9キロ。この自転車の製作は、段ボールを自転車の形に切断し、有機溶剤で防水処理と防火処理を行い、更に段ボール表面を塗装する。この加工をされた段ボールはプラスチックのような強度があり、140キログラムまでの荷重に耐え、雨にも強いとイズハルは言う。イズハルは「基本的なアイデアは日本の折り紙みたいなもの」とし、段ボールを折り曲げて強度を持たせて接着し、サドルなどの自転車を形成した。さらに、リサイクル部品を採り入れ、ペダルと車輪などがリサイクル材料であり、タイヤはメンテナンスを考慮して自動車の古タイヤが再利用された再生ゴムのノーパンクタイヤである。イズハルは、量産化で部品のコストが9ドル/1台となり、販売価格も約20ドル以下となると述べる。「とても安価で、盗む必要もないくらいだ」とイズハルは言う。そして、貧困国へ無料提供も可能だとも語った。日本では低価格の自転車として伝えられた。「スマートな逸品」と評するものもいる。この自転車のプロトタイプの一つは、現代の自転車の例としてシカゴ科学産業博物館に展示された。2013年、イズハルが段ボール製自転車を生産する資金を調達する準備を行っていることが報じられた。段ボール製自転車 フレッシュアイペディアより)

  • ここが限界のオーバル学園

    ここが限界のオーバル学園から見たジャンボジェット機ボーイング747

    第1話で登場した、ジャンボジェット機を飲み込んだかのような姿をした廃思物。ここが限界のオーバル学園 フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ナイ (教育者)

    ビル・ナイ (教育者)から見たボーイング747ボーイング747

    ナイはシアトルのボーイングに務め、ボーイング747の油圧共振抑制技術を開発する傍ら、作業説明用のトレーニングフィルムに主演していた。その後、航空業界のコンサルタントとして働いていた。数年ごとにNASAの宇宙飛行士採用を志願していたが落選していたことを1999年タンパベイ・タイムズで語っている。ビル・ナイ (教育者) フレッシュアイペディアより)

  • ミレニアム/1000年紀

    ミレニアム/1000年紀から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747を使用したTUA35便は、いつも通り順調に飛行を続けていた。だが突然管制官が慌てて旋回するよう指示し、機長のヴァーン・ロックウェルが気づいた時には機体のすぐ上にDC-10が迫っていた。回避しようとするが間に合わずに2機は衝突し、墜落して乗員乗客の全てが死亡するという大事故となってしまう。ミレニアム/1000年紀 フレッシュアイペディアより)

  • ポーラーエアカーゴ

    ポーラーエアカーゴから見たボーイング747ボーイング747

    2001年11月、 アトラス航空の親会社であるアトラスエア・ワールドワイド・ホールディングス(AAWW)に買収され、アトラス航空にボーイング747貨物型をウェットリースしていたポーラーエアカーゴはAAWWの定期貨物便運行会社となった。 2006年10月にはドイツのDHLがポーラー社の株式のうち49%を取得する旨が発表され、株式取得が実際に行われたが、ポーラー社の株式は現在もAAWWが過半数の51%を保有している。ポーラーエアカーゴ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリエット・ゲーム

    ジュリエット・ゲームから見たボーイング747ボーイング747

    監督の鴻上によれば、本当はラストシーンは「映画の冒頭と同じように二人が駅のホームで出会い、そして抱き合う。そこでカメラがどんどん引いていくと、そこは上海の駅だった」というものを考えていたという。他にも脚本の執筆段階では「成田空港でブラジルに旅立つ主人公がジャンボジェットに轢き殺される」という案もあった。しかしいずれも予算不足のため実現しなかった。このため鴻上は「何十年後でもいいんだけど、必ず本当のラストでリメイク版を作りたい」と語っている。ジュリエット・ゲーム フレッシュアイペディアより)

502件中 91 - 100件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード