407件中 91 - 100件表示
  • 単葉機

    単葉機から見たボーイング747ボーイング747

    単葉機において、主翼の胴体への取り付け方法には、大きく分けて、低翼(ボーイング747ジャンボジェット機、零式艦上戦闘機など)、中翼(Yak-55、MiG-15など)、高翼(P.1やその発展型P.11、セスナ機など)の3方式がある。胴体上方に離れて配置するパラソル翼(九七式大型飛行艇など)という形式もある。単葉機 フレッシュアイペディアより)

  • 航空科学博物館

    航空科学博物館から見たボーイング747ボーイング747

    航空科学博物館(こうくうかがくはくぶつかん)は、成田国際空港に隣接する千葉県山武郡芝山町にある日本最初の航空専門の博物館。 YS-11試作1号機、アンリ・ファルマン複葉機の実物大レプリカ、DC-8のフライトシミュレータ、ボーイング747の客室の実物大モックアップ、成田空港の模型などが展示され、4階には成田空港を一望する展望レストラン等がある。航空科学博物館 フレッシュアイペディアより)

  • ダーリング崖

    ダーリング崖から見たボーイング747ボーイング747

    暑い夏は、崖を越える強い東風が発生することが多く、パース空港を離着陸する飛行機にとって深刻な問題になる。1999年にはダーリング崖を越えようとする風がうねることで乱気流(ウィンド・シア)が発生し、滑走路から着陸中のボーイング747の片方のエンジンが滑走路に衝突し、破壊されるという事故が起こった。ダーリング崖 フレッシュアイペディアより)

  • イヴ・メイヤー

    イヴ・メイヤーから見たボーイング747ボーイング747

    イヴ・メイヤーは『ワイルド・パーティー』を含むラス・メイヤーの1960年代から70年代初めの映画作品に製作者(または共同製作・製作総指揮)として名を連ねている。彼女は女性実業家として成功していたが、滑走路上で2機のボーイング747同士が衝突した1977年のテネリフェ空港ジャンボ機衝突事故で命を落とした。イヴ・メイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 744

    744から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747の派生型「ボーイング747-400」の略称。744 フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空830便爆破事件

    パンアメリカン航空830便爆破事件から見たボーイング747ボーイング747

    パンナム830便は、新東京国際空港(現成田国際空港)から出発しハワイのホノルルに向かっていた。1982年8月11日のこの日の便はボーイング747-100型機「クリッパーオーシャンローバー(Clipper Ocean Rover/機体記号:N754PA)で運航されていた。乗員15名、乗客270名が搭乗していた。パンアメリカン航空830便爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • エア・マラウイ

    エア・マラウイから見たボーイング747ボーイング747

    1985年には当時の大統領ヘイスティングズ・カムズ・バンダのイギリス訪問のためだけに南アフリカ航空よりボーイング747SPを短期リースした。同機はエアマラウイの塗装にエア・マラウイ フレッシュアイペディアより)

  • 1/350スケール

    1/350スケールから見たボーイング747ボーイング747

    艦船モデル以外の、1/350スケールの模型としては、城郭等の建築物の模型がある。2011年現在でも、童友社より大阪城、名古屋城など7点ほどが発売されている。航空機のプラモデルでは、かつてはジャンボジェットなど数点が発売されているのみであったが、現在では艦船に合わせた艦載機などのプラモデルがトランペッターなどから多数発売されている。基本的には艦船モデルのアクセサリーとしての位置付けであるが、1/700スケールと異なり単品で鑑賞できるレベルに仕上げることもそれ程困難ではない。同様に軍用車両のキットも数は少ないものの発売されている。ダイキャスト製の旅客機の完成品模型は1/400や1/500が中心であるが、モデルパワーなど一部のメーカーからは1/350スケールの航空機も何点か発売されている。また、イメージスケールではあるがバンダイの「The特撮コレクション」も1/350スケールであり、一部の製品には怪獣以外に航空機等のアクセサリーも含まれている。艦船モデルで1/350スケールがブームになった2007年には、宇宙戦艦ヤマトが1/350スケールで製品化され話題となった。1/350スケール フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー・TC バイ・マセラティ

    クライスラー・TC バイ・マセラティから見たボーイング747ボーイング747

    多くの車好きたちはTCとより高価なキャディラック・アランテも比較した。双方ともイタリアン・デザインをまとい部分的にはハンドビルトであった(違いは、アランテはV8 エンジンを搭載しており、イタリアでボディが造られた後に、アランテ運搬用に特別に仕立てられたアリタリア航空のボーイング747-200F貨物機で送り返されてから、最終艤装がアメリカ国内で行われたことであった)。クライスラー・TC バイ・マセラティ フレッシュアイペディアより)

  • エア・サイアム

    エア・サイアムから見たボーイング747ボーイング747

    その後、1972年の運休を経て1975年から1976年の間はバンコク=香港=福岡=ホノルル=ロサンゼルス線も運航していた。機材はDC-10やボーイング747を使用していた。エア・サイアム フレッシュアイペディアより)

407件中 91 - 100件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード