407件中 11 - 20件表示
  • 全日本空輸

    全日本空輸から見たボーイング747ボーイング747

    同年にアメリカ本土への路線として成田 - ロサンゼルス線と成田 - ワシントンDC線をボーイング747-200B型機で就航させた。翌1987年(昭和62年)は中華人民共和国への路線として成田 - 北京線と成田 - 大連線、当時イギリスの植民地であった成田 - 香港線を開設、同年10月には成田 - シドニー線を開設した(その後撤退)。1988年(昭和63年)には韓国への路線として成田 - ソウル線を開設し、1989年(平成元年)には初のヨーロッパ進出となる成田 - ロンドン線を開設した。1990年11月には国際線のネットワーク拡張に合わせてボーイング747-400を導入した。全日本空輸 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング

    ボーイングから見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747(ジャンボジェット:4発、350-550人乗り)は、当初1963年の米空軍のCX-HLS次期主力輸送機計画のために開発された大型輸送機だった。ロッキード社との競争に敗北した結果、将来の国際線(長距離飛行)主力機としてのパンアメリカン航空(パンナム)の開発要請にこれを転用し、旅客機としては1969年に初飛行した。一部二階建てになっているのは、1階全てを荷物空間とし、機首のハッチを上げることで戦車を直接乗せ得るようにした空軍輸送機の設計時の名残である。ボーイング フレッシュアイペディアより)

  • VC-25

    VC-25から見たボーイング747ボーイング747

    VC-25 はボーイング747-200Bをもとに改造されたアメリカ合衆国大統領の専用機。正式な愛称はないが、通称「空飛ぶホワイトハウス」や「エアフォースワン」と呼ばれる。ボーイングでの機種名は、747-2G4Bとなる(「G4」が米国政府発注モデルを表すカスタマーコード)。VC-25 フレッシュアイペディアより)

  • ノースウエスト航空

    ノースウエスト航空から見たボーイング747ボーイング747

    「インカンバント・キャリア」として日本以遠のアジア路線に対して無制限の以遠権を有しており、アジア太平洋地区における最大の拠点として成田国際空港をハブとしていた。日本支社はアメリカ国外の支社としては充実した体制で、客室乗務員基地や整備部門、機内食部門だけではなく運航管理部門までも設置されており、アジア太平洋地区におけるあらゆる業務を行うことから「第2の拠点」とさえ言われていた。整備部門を例にすると、200名近い要員を配置し、修理やエンジン交換も日本で行うことが多かった。特にボーイング747用のエンジンは常時4基の予備エンジンを確保しており、整備レベルの高さは社内でも有名で、アメリカ本国からボーイング747の修理のために日本へフェリーフライトさせたり、日本支社の整備担当者がアジア地区の就航地へ出張することも多かった。ノースウエスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • ぼくは航空管制官

    ぼくは航空管制官から見たボーイング747ボーイング747

    タイトルの「ジャンブル」とは、ジャンボ機からセスナ機まで飛来する名古屋空港(現・名古屋飛行場)を表した、「ごちゃまぜ」という意味の言葉である。ぼくは航空管制官 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA380

    エアバスA380から見たボーイング747ボーイング747

    世界初の総2階建てジェット旅客機であることが特徴である。完成披露の時点ではボーイング747を抜いて、史上最大・世界最大の旅客機である。初飛行は2005年4月27日。初期の構想から初飛行まで16年の歳月を要した。2012年1月現在、4発ワイドボディ旅客機としては同社の民間航空機部門で唯一生産されている機体である。エアバスA380 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アジア航空

    日本アジア航空から見たボーイング747ボーイング747

    その後の両国間の輸送量の増加を受けて、マクドネル・ダグラスDC-10-40型機やボーイング747-200/300型機を導入した。1990年代以降は当時イギリスの植民地であった香港やインドネシアのデンパサール、ジャカルタ路線の運航も行ったほか、関西国際空港や中部国際空港発の路線も開設した。日本アジア航空 フレッシュアイペディアより)

  • エア・カナダ

    エア・カナダから見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747-100 -200 Combi -400 -400 Combi (1971年-2004年)エア・カナダ フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空

    パンアメリカン航空から見たボーイング747ボーイング747

    国内線をほとんど持たなかったものの、アメリカのみならず世界の航空業界内での影響力も大きく、アメリカ初のジェット旅客機であるボーイング707や、世界最初の超大型ジェット旅客機であるボーイング747といったボーイングを代表する機材の開発を後押しした他、世界一周路線の運航やビジネスクラスの導入、系列ホテルチェーン「インターコンチネンタルホテル」の世界的展開など、後に他の航空会社が後追いして取り入れたビジネスモデルを率先して取り入れた。パンアメリカン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 日本貨物航空

    日本貨物航空から見たボーイング747ボーイング747

    1984年12月17日 - 初号機ボーイング747-200F(機体記号 JA8167)をボーイング社より受領。同年国際航空運送協会 (IATA) への加盟承認。日本貨物航空 フレッシュアイペディアより)

407件中 11 - 20件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード