502件中 11 - 20件表示
  • YX

    YXから見たボーイング747ボーイング747

    この頃、DC-10と747の2機種が存在していた。加えて、更なる競合機としてL-1011とA300が開発中であったが、その開発費が高騰しており、莫大な開発費を要する大型機については、大口受注が無ければ開発に踏み切るのは危険であることから、綿密な市場調査を必要とし、そのために時間を要してさらに開発費を高騰させる原因となった。YX フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空

    パンアメリカン航空から見たボーイング747ボーイング747

    国内線をほとんど持たなかったものの、アメリカのみならず世界の航空業界内での影響力も大きく、アメリカ初のジェット旅客機であるボーイング707や、世界最初の超大型ジェット旅客機であるボーイング747といったボーイングを代表する機材の開発を後押しした他、世界一周路線の運航やビジネスクラスの導入、系列ホテルチェーン「インターコンチネンタルホテル」の世界的展開など、後に他の航空会社が後追いして取り入れたビジネスモデルを率先して取り入れた。パンアメリカン航空 フレッシュアイペディアより)

  • CLUB ANA

    CLUB ANAから見たボーイング747ボーイング747

    45/47体制の崩壊により、日本航空が独占していた日本の航空会社による国際線事業に、全日本空輸が成田-ワシントン線などで初めて進出した1986年、後発航空会社のハンディを克服し収益率の高いビジネス客を獲得するため、他社のボーイング747型機では標準的であった横7列(2-3-2)の配列に対して、横6列(2-2-2)の「スーパーエグゼクティブクラス」を導入した。その後、横7列(2-3-2)の配列に戻すが、国際的にさらに競争力を持つためにサービス強化を図ることになった。CLUB ANA フレッシュアイペディアより)

  • 日本アジア航空

    日本アジア航空から見たボーイング747ボーイング747

    その後の両国間の輸送量の増加を受けて、マクドネル・ダグラス DC-10-40型機やボーイング747-200/300型機を導入した。1990年代以降はグアム、当時イギリスの植民地であった香港やインドネシアのデンパサール、ジャカルタ路線の運航も行ったほか、関西国際空港や名古屋空港発の路線も開設した。日本アジア航空 フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス DC-8

    ダグラス DC-8から見たボーイング747ボーイング747

    また、技術革新に併せて多くの派生型が作られ、特に胴体長を標準型に比べ10メートル以上延長し、当時世界最大の250人以上の座席数を持つ-61/-63(と-71/-73)が、乗客数増大への対応を望んだ航空会社の人気を博した。これに対しライバルのボーイング707は主脚の長さが短く、胴体を延長すると離着陸時に尻もちをついてしまう上、設計上主脚を長いものに変更することが出来ないことから胴体延長が出来ず、販売上大きな打撃をこうむることとなった。この事が後に世界最大の旅客機となったボーイング747の開発理由の1つとなった。ダグラス DC-8 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たボーイング747ボーイング747

    グローバルファーストはユナイテッド航空のファーストクラスで、国際線用機材ボーイング747-400、ビジネスクラスを除いた3クラス制のボーイング777-200、ボーイング767-400ERで提供されている。フルフラット仕様になり、席は6.5フィート(2.0m)の長さになる。座席にはビデオオンデマンド機能を備えた液晶個人モニターが備えられてある。そのほかヘッドレストや大きなテーブル、iPod用コンセント、120ボルトの電源プラグやアメニティが備えられている。ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ルフトハンザドイツ航空

    ルフトハンザドイツ航空から見たボーイング747ボーイング747

    2018年2月7日に28年ぶりの新塗装を発表。機体デザインは紺色と白色をベースとして、垂直尾翼にマイナーチェンジを施したツルを描いたデザインとなる。これは前述のとおり1918年にドイツ人デザイナーのオットー・フィルレが制作し、2018年でちょうど100周年を迎えるためである。新塗装の初号機はB747-8(機体番号:D-ABYA)とA321(機体番号:D-AISP)の2機で、このうち前者についてはフランクフルト - 東京/羽田線にも投入されている。2025年までの7年間で在籍機全てを新塗装に変更するほか、アメニティセットや食器などのアイテムも今後2年間で新デザインに切り替える。ルフトハンザドイツ航空 フレッシュアイペディアより)

  • 政府専用機

    政府専用機から見たボーイング747ボーイング747

    その国々の事情により、保有機数や機種、運用形態は様々である。通常は、ボーイング737やエアバスA310などの小型から中型のジェット旅客機の他、エアバスA340やボーイング747などの大型旅客機を利用することもある。また、ガルフストリーム IVやホーカー 800などのビジネス機を購入し、政府専用機やその補助任務に当てているケースもある。政府専用機 フレッシュアイペディアより)

  • テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故

    テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故から見たボーイング747ボーイング747

    テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故(テネリフェくうこうジャンボきしょうとつじこ)は、1977年3月27日17時6分(現地時間)、スペイン領カナリア諸島のテネリフェ島にあるテネリフェ空港の滑走路上で2機のボーイング747型機同士が衝突し、乗客乗員のうち合わせて583人が死亡した事故の通称である。テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • 日本貨物航空

    日本貨物航空から見たボーイング747ボーイング747

    1984年(昭和59年)12月17日 - 初号機ボーイング747-200F(機体記号 JA8167)をボーイング社より受領。同年国際航空運送協会 (IATA) への加盟承認。日本貨物航空 フレッシュアイペディアより)

502件中 11 - 20件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード