407件中 21 - 30件表示
  • 政府専用機

    政府専用機から見たボーイング747ボーイング747

    その国々の事情により、保有機数や機種、運用形態は様々である。通常は、ボーイング737やエアバスA310などの小型から中型のジェット旅客機の他、エアバスA340やボーイング747などの大型旅客機を利用することもある。また、ガルフストリーム IVやホーカー 800などのビジネス機を購入し、政府専用機やその補助任務に当てているケースもある。世界中のどこへでも行ける長い航続距離が求められるため従来は大型機が多かったが、近年は大型機だと乗り入れられる空港に制約が出ることや、小型・安価でも航続距離の長い機体(ボーイング737BBJやエアバスA319CJなど)が多数登場したことなどにより政府専用機の小型化が進んでいる。政府専用機 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓航空機撃墜事件

    大韓航空機撃墜事件から見たボーイング747ボーイング747

    大韓航空機撃墜事件(だいかんこうくうきげきついじけん)は、1983年9月1日に大韓航空のボーイング747が、ソビエト連邦の領空を侵犯(航路逸脱の原因については後述)大韓航空機撃墜事件 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング2707

    ボーイング2707から見たボーイング747ボーイング747

    モデル 733-390 は、当時の亜音速飛行機と比較しても先進的だった。通路が2本ある「ワイドボディ」機のはしりであり、横一列の座席配置は 2席 - 通路 - 3席 - 通路 - 2席(2-3-2と表記される)だった。当然、当時運航中のナローボディ(単通路)機よりずっと太い胴体を備えていた(※ ただし、すぐに亜音速のワイドボディ機が出始めた。たとえば、ボーイング747は1969年に初飛行している)。モックアップには、落下防止バー付のオーバーヘッドストウェッジ(頭上手荷物入れ)に加え、機内のセクション間に大きめの荷物置き場が設けられていた。247席のツーリストクラスには、6列ごとの上部に収納可能なテレビがあり、30席のファーストクラスには、隣り合った2座席の間のコンソールに、小ぶりのテレビが2つあった。ボーイング2707 フレッシュアイペディアより)

  • Project Open Sky

    Project Open Skyから見たボーイング747ボーイング747

    現在、エアバスA330、A340、ボーイング737、747、757、767、ボンバルディアCRJ、エンブラエルERJの優れたモデルを作成し、ダウンロード可能な状態となっている。また、各機体ごとの航空会社などの機体のペイントも豊富である。Project Open Sky フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空811便貨物ドア脱落事故

    ユナイテッド航空811便貨物ドア脱落事故から見たボーイング747ボーイング747

    thumb|220px|right|811便事故機の機内からの画像。貨物ドア脱落によりダメージを受けた第3、第4エンジンが見えるユナイテッド航空811便貨物ドア脱落事故(ユナイテッドこうくう811びんかもつドアだつらくじこ)は、1989年2月24日午前2時9分9秒(ハワイ標準時)にハワイ・ホノルル国際空港付近の高度約22000フィート(約6700メートル)で発生した事故である。飛行中のユナイテッド航空811便(ボーイング747-122型機)の貨物ドアのロックが飛行中にはずれ、同ドアが脱落した。ユナイテッド航空811便貨物ドア脱落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 超音速輸送機

    超音速輸送機から見たボーイング747ボーイング747

    コンコルドの商業飛行が開始されると、アメリカの世論は1960年代とは一変し、AST(先進超音速輸送機 Advanced Supersonic Transport)の名の下に再度、ロッキードSCVなどが計画され始めた。しかし、すでにSSTの経済概念は時代遅れとなっていた。SSTは80-100名の乗客を乗せた亜音速の長距離輸送機を代替するために考案されたが、ボーイング747のような400名以上を乗せることができる大型旅客機には経済性で全く敵わなかった(皮肉な事だが、本来はボーイング747はSST実用化後は貨物機に転用する目的の機体であり、そのために大きな内容積を持っていた)。超音速輸送機 フレッシュアイペディアより)

  • 白い滑走路

    白い滑走路から見たボーイング747ボーイング747

    本作は、田宮二郎が航空機の操縦士役となった作品である。また日本航空の全面的な協力を得ていることが特徴である。オープニング映像はアメリカ、ワシントン州のモーゼスレイク・グラントカウンティ空港でタッチアンドゴー訓練を行うボーイング747で、本編中にも実機やシミュレータを使用した映像が多く登場する。ボーイング747の緊急降下シーンも実機を使用した映像で、航空会社の協力なしでは撮影できないシーンも多い。客室乗務員のみならず、操縦教官や航空機関士の役においても日本航空の社員がエキストラとして参加している。白い滑走路 フレッシュアイペディアより)

  • MD-12

    MD-12から見たボーイング747ボーイング747

    マクドネル・ダグラス社は自社の大型旅客機でもある MD-11 の胴体を延長しボーイング747 クラスの乗客数にしたものを提案し、当初は MD-11SS(スーパーストレッチ)としていたが、のちに MD-12X と改称された。これは胴体を延長するが主翼は基本的に MD-11 のままであり、燃料容量が不足し航続距離が短くなってしまったため受注が得られなかった。加えて DC-10 以来受け継いできた中央エンジンが垂直尾翼を貫通する構造のため、大型化したエンジンの搭載が困難であり、機種の発展としては限界が見えていた。MD-12 フレッシュアイペディアより)

  • 航空機関士

    航空機関士から見たボーイング747ボーイング747

    しかし、操縦室の電子化が進み、機器の信頼性が向上すると、すべての機器を常時監視している必要はなくなり、必要なときにだけ必要な情報の表示を行うことが出来るようになった。また、エンジンの出力調整やその他の各システムもコンピュータが自動的に制御を行うようになった。このため、航空機関士を必要とする航空機は減少し、近年は乗務している例は少ない。現在でも航空機関士が乗務する旅客機には、ボーイング747の300型以前のモデル、ボーイング727、DC-10などがある。航空機関士 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド航空

    ユナイテッド航空から見たボーイング747ボーイング747

    ユナイテッド航空811便貨物ドア脱落事故 (1989年2月24日)(ホノルルでボーイング747の貨物室ドアが飛行中に吹き飛び、乗客9人が外に投げ出されて死亡した。811便はホノルル国際空港に緊急着陸した。)ユナイテッド航空 フレッシュアイペディアより)

407件中 21 - 30件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード