502件中 31 - 40件表示
  • プラット・アンド・ホイットニー JT9D

    プラット・アンド・ホイットニー JT9Dから見たボーイング747ボーイング747

    この大型輸送機の提案に関しては、ロッキード社に開発が委ねられることに決定した。敗れたボーイング社の設計案は、この大型機開発の技術・スタッフを民間機向けに転用し、民間向けのボーイング747(B747)へと発展させる。プラット・アンド・ホイットニー JT9D フレッシュアイペディアより)

  • ノルディック・グローバル航空

    ノルディック・グローバル航空から見たボーイング747ボーイング747

    なお、MD-11Fを現在メンテナンスしているのは、製造元のマクドネル・ダグラス社を吸収合併した、ボーイング社であるため、現在同社では、『ボーイング MD-11F』と呼んでいる。また、貨物機としてのMD-11Fの優位性を、競合機種であるボーイング 777F、ボーイング 747Fボーイング 747BCFの性能と比較した図などで説明している。ノルディック・グローバル航空 フレッシュアイペディアより)

  • O・R・タンボ国際空港

    O・R・タンボ国際空港から見たボーイング747ボーイング747

    しかし1980年代に入り、アパルトヘイト政策への国際的批判の高まりにより、国際連合が経済制裁を決定した。それに伴い航空会社の多くは南アフリカ発着便の就航をやめなければならなかった。南アフリカ航空などは欧州方面へ向かうフライトなどで安全上の問題やアフリカ諸国からの上空飛行の拒否などでアフリカ大陸上空を飛行することが出来ず一旦大西洋側などの洋上へ出るなどアフリカの膨らみを遠回して飛行をしなければならず、当時長距離飛行に優れたボーイング747-SPが良く使われていた。O・R・タンボ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイングY3

    ボーイングY3から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイングY3はアメリカ合衆国の航空機メーカーボーイングがボーイング777-300、747の後継機の後継として計画している、300-600名以上を乗せる旅客機の計画名称でエアバスA350 XWBやA380に匹敵する、より大型の機体(500?600名程度)を開発する可能性も示唆される。ボーイングY3 フレッシュアイペディアより)

  • 白い滑走路

    白い滑走路から見たボーイング747ボーイング747

    本作は、田宮二郎が航空機の操縦士役となった作品である。また日本航空の全面的な協力を得ていることが特徴である。オープニング映像はアメリカ、ワシントン州のモーゼスレイク・グラントカウンティ空港でタッチアンドゴー訓練を行うボーイング747で、本編中にも実機やシミュレータを使用した映像が多く登場する。ボーイング747の緊急降下シーンも実機を使用した映像で、航空会社の協力なしでは撮影できないシーンも多い。客室乗務員のみならず、操縦教官や航空機関士の役においても日本航空の社員がエキストラとして参加している。白い滑走路 フレッシュアイペディアより)

  • エル・アル航空1862便墜落事故

    エル・アル航空1862便墜落事故から見たボーイング747ボーイング747

    機体:ボーイング747-100、機体記号:4X-AXG、1979年製造エル・アル航空1862便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 白い秘密

    白い秘密から見たボーイング747ボーイング747

    城東医科大学の元脳神経外科医、有田外科医院勤務医。のちに城東医科大学第一外科医局員となる。独身。喫煙者。好きな食べ物は、クラムチャウダー、鶏の丸焼き。5年ぶりに、ブラジルからパンナムのジャンボジェット機、ボーイング747で、日本へ5年ぶりに帰国する。大親友だった有田まさゆきの急死を、妻の有田しず子からエアメールで連絡を受けたからである。羽田空港からタクシーで有田外科へ到着した三村は、有田外科医院の前で、爆音を轟かせてオートバイで通院患者の来院を妨害していた栄治と乙吉を排除する。そして、有田まさゆきの仏前で拝む。ある日、栄治が夕子を誘い出し、バイクで外に出掛けるが、道路の真ん中でサッカーボールで遊んでいた男の子を避けようとしたところ、バイクが転倒し、夕子は怪我をしてしまう。すぐさま、夕子は栄治のバイクで有田外科に運ばれ、緊急処置を施そうとするが、大の医者嫌いであったため処置は難航したが、三村の説得で頭部レントゲン写真を撮影し、緊急処置を施す事が出来た。三村医師は、その少女(宗方夕子)の名前を聞き出すと、夕子は「宗方夕子です」と答える。三村は5年前に、手術の失敗でひとりの患者を死なせた。その患者の名前が宗方奈美江だったため、夕子に家族の名前を聞き出し、母は城東医科大学付属病院で5年前にある医師に殺されたと発言する。そして父のことを聞くと、「父はいません」と答える。三村は、すぐにその少女(宗方夕子)が5年前に手術の失敗で死なせた宗方奈美江の娘と知り、ショックを受ける。なぜなら、その医療事故で死なせたことが原因でブラジルに渡り、医師の道を捨てたからだ。夕子が叔父の宗方健一郎が交通事故死したショックで、死ぬことを覚悟で北海道へ栄治と逃避行したことを知り、羽田空港から全日空のジェット機(DC-10)で新千歳空港まで追いかけて行く。城東医科大学病院の第2手術室で、宗方夕子の3回目の手術の第一助手として施術。この3回目の手術の執刀者は漆原道夫教授だが、漆原道夫教授に全幅の信頼を寄せられ、実質的には三村京介医師が最も主要な施術者である。手術前、三村は緊張し、まるで神にでも祈るような表情をし、3回目の宗方夕子の手術の執刀を開始。命だけは取り留め、なんとか成功する。手術後も夕子の検査を緻密に行い、「宗方夕子視力回復グラフ」を作成し、毎日の視力の変化を測定していた。恋人の栄治は5回ほど夕子の見舞いに訪れている。そして十数日後、夕子の視力が徐々に回復の兆候を示し、光を感じるようになり、そのまた数日後には夕子の視力が完全に回復する。その喜びと並行して、三村は大変不安な心境に満ちて来た。なぜなら5年前の夕子の母の手術の失敗で死なせたからである。夕子の視力が回復し、三村は夕子にすべてを告白しようと決心するが、栄治と城東医科大学付属病院の玄関で偶然会い、栄治に「夕子の目はもう見えるんだぜ。手のひらを顔のここまで近づけたら。先生大丈夫かよ?」と言われるが、三村はそれにも屈せずに夕子にすべてを告白しようと決心する。白い秘密 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747-300

    ボーイング747-300から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747-300()は、アメリカのボーイング社が開発した大型旅客機、ボーイング747の派生モデルの一つ。2階客室部分を延長し客席を増やし、登場当時世界最大の客席数を持つ旅客機であった。「SUD(Stretched Upper Deck)」と呼ばれる。ボーイング747-300 フレッシュアイペディアより)

  • YXX

    YXXから見たボーイング747ボーイング747

    11月、ボーイングは737を改造開発する110から160席(YXX/7J7とほぼ同一)の「737X」(737-600、700、800、900)を発表した。747X計画に開発費を回すためにも、新たな機体を開発するより、開発費を抑えられる既存機の改修という堅実な方法を選んだのだが、この開発に日本は誘われなかったどころか、韓国の大韓航空が開発参加を表明する状態だった。7J7の共同開発締約国である日本に何も知らせないまま、7J7と同時に同クラスである737Xの計画も着々と進めていたことを表していた。もっとも、ボーイングが自社の計画を日本へ知らせる義務は無いものの、日本航空機開発協会はボーイングの真意を確認するとともに、737Xへの参加を要求した。YXX フレッシュアイペディアより)

  • カナディアン航空

    カナディアン航空から見たボーイング747ボーイング747

    1960年代に入るとダグラス DC-8を導入し、急速にジェット化を進め、香港やブエノスアイレスなどとの間を結んだ。1968年にCPエア()と改称し、オレンジ色の機体デザインを導入。ボーイング747やマクドネル・ダグラス DC-10などのワイドボディ機を投入して長距離国際線を運航した。カナディアン航空 フレッシュアイペディアより)

502件中 31 - 40件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード