407件中 41 - 50件表示
  • 日本航空の歴史

    日本航空の歴史から見たボーイング747ボーイング747

    1970年4月22日には大型ジェット機のボーイング747を受領、7月1日にはホノルル線に就航させ、その後アメリカ西海岸線やヨーロッパ線にも導入した。日本航空の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナエアライン611便空中分解事故

    チャイナエアライン611便空中分解事故から見たボーイング747ボーイング747

    チャイナエアライン611便空中分解事故(チャイナエアライン611びんくうちゅうぶんかいじこ)とは、2002年5月25日に中正国際空港(現台湾桃園国際空港)から香港国際空港へ向かっていたチャイナエアラインのボーイング747-200B(機体記号B-18255)が台湾海峡上空を巡航中に空中分解し海上に墜落した航空事故である。チャイナエアライン611便空中分解事故 フレッシュアイペディアより)

  • ワイドボディ機

    ワイドボディ機から見たボーイング747ボーイング747

    2階席を持たないワイドボディ機では、単通路機ではそれほど目立たなかった客室上の無駄な空間が大きくなり、一部は乗務員用の休憩室などへの利用も行われているが、ほとんど空気を運んでいるにすぎない。胴体幅が広がると操縦席からの側方や斜め後方の視界は狭くなり、ボーイング747のように2階に操縦席を備えるか、機体先頭部をやや縦長にするなど工夫が求められる。機首部分にだけ2階席を設けた機体では基本構造を複雑にして空力抵抗と製造コストを増やす。ワイドボディ機 フレッシュアイペディアより)

  • トランスアエロ航空

    トランスアエロ航空から見たボーイング747ボーイング747

    2005年7月11日、ロシアで初めてボーイング747をモスクワからテルアビブへの路線開設と同時に導入すると発表した。この機体は元ヴァージン・アトランティック航空のボーイング747-200がリースされたものである。この機体は夏のリゾート地へのチャーター便にも利用される目的で導入されたが最近では使用されていない模様である。トランスアエロ航空 フレッシュアイペディアより)

  • イラク航空

    イラク航空から見たボーイング747ボーイング747

    1970年代に入り、石油価格の高騰を受けた好況の影響を受けて、ボーイング707やボーイング747などの大型機を相次いで導入し、ロンドンや東京、バンコクやニューヨークなどの世界の主要都市にその路線を拡大した他、近距離国際線や国内線用にボーイング727などの当時の最新鋭機を導入するなど、機材の更新を推し進めた。また1980年代頭にはバグダード国際空港のターミナルが新装し、中東におけるハブ空港の地位を目指した。イラク航空 フレッシュアイペディアより)

  • O・R・タンボ国際空港

    O・R・タンボ国際空港から見たボーイング747ボーイング747

    しかし1980年代に入り、アパルトヘイト政策への国際的批判の高まりにより、国際連合が経済制裁を決定した。それに伴い航空会社の多くは南アフリカ発着便の就航をやめなければならなかった。南アフリカ航空などは欧州方面へ向かうフライトなどで安全上の問題やアフリカ諸国からの上空飛行の拒否などでアフリカ大陸上空を飛行することが出来ず一旦大西洋側などの洋上へ出るなどアフリカの膨らみを遠回して飛行をしなければならず、当時長距離飛行に優れたボーイング747-SPが良く使われていた。O・R・タンボ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • コンコルド

    コンコルドから見たボーイング747ボーイング747

    旅客機による飛行が、エグゼクティブ層向けのサービスから運賃が安くなることで今まで飛行機には乗れなかった層まで飛行機に乗れるようになり大衆向けへと広がるにつれ、航空業界はジャンボジェットのように低コストでかつ大量輸送が可能な機体を重視するようになった。コンコルド フレッシュアイペディアより)

  • 英国海外航空

    英国海外航空から見たボーイング747ボーイング747

    1960年代後半には、当時の最新鋭機であるコンコルドとボーイング747を発注するなど(コンコルドはBEAとの合併後に納入)、最新鋭機を次々と発注するとともに、アメリカのパンアメリカン航空に次いで世界一周路線を運航するなど、世界各国へとその路線網を広げて行き、パンアメリカン航空やルフトハンザ航空、日本航空などと並ぶ世界を代表する航空会社として君臨した。英国海外航空 フレッシュアイペディアより)

  • カナディアン航空

    カナディアン航空から見たボーイング747ボーイング747

    1960年代に入るとダグラスDC-8を導入し、急速にジェット化を進め、香港やブエノスアイレスなどとの間を結んだ。1968年にCPエア()と改称し、オレンジ色の機体デザインを導入。ボーイング747やマクドネル・ダグラスDC-10などのワイドボディ機を投入して長距離国際線を運航した。カナディアン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 機体記号

    機体記号から見たボーイング747ボーイング747

    上記のうち、航空会社でおもに使用されるジェット機およびターボプロップ機の旅客機についてはさらに細かい分類が行われていた。最初は"JA8000"番台は4発ジェット旅客機(DC-8初号機がJA8001)、"JA8100"番台は大型4発ジェット旅客機(当時はボーイング747のみ)、"JA8300"番台は3発ジェット旅客機(ボーイング727など)、"JA8400"番台は双発ジェット旅客機(ボーイング737など)、"JA8500"番台は大型3発ジェット旅客機DC-10・トライスターなど)、"JA8600"番台はターボプロップ旅客機(YS-11など)、というように分類されていたが、1990年代以降、航空機の登録数が大幅に増加し、この法則では賄いきれなくなり、空いている番号を埋めていった(その中には、かつて忌み数として飛ばされていた番号もあり、8000番台に限り埋めて使用している)。機体記号 フレッシュアイペディアより)

407件中 41 - 50件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード