502件中 41 - 50件表示
  • ぼくは航空管制官3

    ぼくは航空管制官3から見たボーイング747ボーイング747

    2012年3月12日に発表されたダウンロードコンテンツのぼくは航空管制官3 エクステンドシナリオ5では、2009年10月に供用開始された新貨物ターミナルが再現されている。シナリオでは、テクノエアが登場し、同社所属のボーイング747の主翼がもげるなど、その問題児っぷりを遺憾なく発揮している。ぼくは航空管制官3 フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス RB211

    ロールス・ロイス RB211から見たボーイング747ボーイング747

    派生型がボーイング747やボーイング757、ボーイング767やロシアのツポレフ Tu-204に搭載された。他に発電用にも使用されている。ロールス・ロイス RB211 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング2707

    ボーイング2707から見たボーイング747ボーイング747

    モデル 733-390 は、当時の亜音速飛行機と比較しても先進的だった。通路が2本ある「ワイドボディ」機のはしりであり、横一列の座席配置は 2席 - 通路 - 3席 - 通路 - 2席(2-3-2と表記される)だった。当然、当時運航中のナローボディ(単通路)機よりずっと太い胴体を備えていた(※ ただし、すぐに亜音速のワイドボディ機が出始めた。たとえば、ボーイング747は1969年に初飛行している)。モックアップには、落下防止バー付のオーバーヘッドストレージ(頭上手荷物入れ)に加え、機内のセクション間に大きめの荷物置き場が設けられていた。247席のツーリストクラスには、6列ごとの上部に収納可能なテレビがあり、30席のファーストクラスには、隣り合った2座席の間のコンソールに、小ぶりのテレビが2つあった。ボーイング2707 フレッシュアイペディアより)

  • ターミナル (映画)

    ターミナル (映画)から見たボーイング747ボーイング747

    JFK空港の清掃員。インド・マドラス出身。「予約とってあるか?」が口癖。床をモップで濡らしておき、そこを通る人が滑って転ぶのを眺めるのが唯一の楽しみ。当初ビクターをCIAのスパイではないかと考えるほど用心していたが、最後には協力するほどの仲になった。特技はジャグリング。かつてインドで汚職警官に対し殺人未遂を犯し、家族を置いてアメリカへ逃げてきたという過去をもつ(そのため、アメリカで逮捕・強制送還となると、インドで獄中生活をすることになる)。ラストはビクターをニューヨークへ行かせるため、ターミナルに向かってくるボーイング747(ビクターが乗る予定だったクラコウジアに帰る便)にモップを手に突撃して遅延させた。銃をもった空港警察に囲まれるも「お前ら、予約とってあるか?」と言ってのける。ターミナル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 交通博物館

    交通博物館から見たボーイング747ボーイング747

    鉄道関係以外では国鉄バス第1号車や富士重工業・スバル360、ベンツ三輪自動車のレプリカ、日本航空のボーイング747型機の客室内モックアップ、ターボプロップエンジンのカットモデルなどの展示があった。交通博物館 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァリグ・ブラジル航空

    ヴァリグ・ブラジル航空から見たボーイング747ボーイング747

    1970年代後半には、マクドネル・ダグラス DC-10-30やボーイング747-200などの大型ワイドボディ機を次々と導入し、これらの機材をニューヨーク線やパリ線、東京線やロサンゼルス線などの高需要の長距離路線に次々と投入し、国際線における座席供給数を飛躍的に増加させ、これ以降IATAによる国際航空会社ランキングの20位以内に頻繁にランクされるようになった。ヴァリグ・ブラジル航空 フレッシュアイペディアより)

  • イラク航空

    イラク航空から見たボーイング747ボーイング747

    1970年代に入り、石油価格の高騰を受けた好況の影響を受けて、ボーイング707やボーイング747などの大型機を相次いで導入し、ロンドン、東京、バンコク、ニューヨーク、モスクワやリオデジャネイロなどの世界の主要都市にその路線を拡大した他、近距離国際線や国内線用にボーイング727などの当時の最新鋭機を導入するなど、機材の更新を推し進めた。また1980年代頭にはバグダード国際空港のターミナルが新装し、中東におけるハブ空港の地位を目指した。イラク航空 フレッシュアイペディアより)

  • キャセイドラゴン航空

    キャセイドラゴン航空から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747-200 (貨物機、2001年導入)キャセイドラゴン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 超音速輸送機

    超音速輸送機から見たボーイング747ボーイング747

    コンコルドの商業飛行が開始されると、アメリカの世論は1960年代とは一変し、AST(先進超音速輸送機 Advanced Supersonic Transport)の名の下に再度、ロッキードSCVなどが計画され始めた。しかし、すでにSSTの経済概念は時代遅れとなっていた。SSTは80-100名の乗客を乗せた亜音速の長距離輸送機を代替するために考案されたが、ボーイング747のような400名以上を乗せることができる大型旅客機には経済性で全く敵わなかった(皮肉な事だが、本来はボーイング747はSST実用化後は貨物機に転用する目的の機体であり、そのために大きな内容積を持っていた)。超音速輸送機 フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス MD-11

    マクドネル・ダグラス MD-11から見たボーイング747ボーイング747

    1970年代に就航したDC-10を近代化した機体である。ボーイング747では需要に対して大きすぎる路線にDC-10が投入されたように、ボーイング747-400では大きすぎる中長距離路線に投入されることを見込んで開発された。マクドネル・ダグラス MD-11 フレッシュアイペディアより)

502件中 41 - 50件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード