407件中 51 - 60件表示
  • 広島空港

    広島空港から見たボーイング747ボーイング747

    1994年6月1日(〜9月30日) - ANAにより、札幌線にスーパージャンボ(B747SR-100)が就航。第二種空港同士の路線で初めて、大型機が投入された。広島空港 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工業

    三菱重工業から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747(内側フラップなど生産)三菱重工業 フレッシュアイペディアより)

  • 客室乗務員

    客室乗務員から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747やマクドネル・ダグラスDC-10型機、エアバスA300型機などの座席数が300隻を超える大型ジェット機の相次ぐ導入や、アメリカのジミー・カーター政権下における航空規制緩和政策(ディレギュレーション)の導入。そしてこれらの要因がもたらした航空会社間の競争の激化などにより航空運賃が下がり、飛行機での旅が大衆化してきた1970年代-1980年代以降は、アメリカやイギリスなどの欧米の先進諸国ではその「ステータス」は下がった。客室乗務員 フレッシュアイペディアより)

  • エアバス

    エアバスから見たボーイング747ボーイング747

    エアバスA380は世界最大の民間旅客機である。特徴は総二階建てある。ボーイング747に対抗するために開発された。エアバス フレッシュアイペディアより)

  • MD-11

    MD-11から見たボーイング747ボーイング747

    1970年代に就航したDC-10を近代化した機体である。DC-10がボーイング747では需要に対して大きすぎる路線に投入されたようにボーイング747-400では大きすぎる中長距離路線に投入されることを見込んで開発された。MD-11 フレッシュアイペディアより)

  • カンタス航空

    カンタス航空から見たボーイング747ボーイング747

    しかし、それらの路線の多くは、1970年代以降にボーイング747の導入によりさらに推し進められることとなったが、1970年代初頭に起きたオイルショックなどによる世界各国における航空需要の落ち込みを受けて廃止された。カンタス航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747-8

    ボーイング747-8から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747-8()は、ボーイングが大型旅客機747-400 の後継機として生産している、747シリーズの最新モデル。ボーイング747-8 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA300

    エアバスA300から見たボーイング747ボーイング747

    A300は世界初の双発エンジンのワイドボディ旅客機である。真円形の胴体にボーイング747用のLD3コンテナを並列に搭載可能な設計のため、他の機体と比較して、床下の貨物室が広いが、旅客スペースは窓側と天井付近がやや狭い。だがLD3コンテナの並列搭載が可能なことから、旅客型から貨物型へと改造された機体もある。エアバスA300 フレッシュアイペディアより)

  • C-5 (航空機)

    C-5 (航空機)から見たボーイング747ボーイング747

    1963年後半には「CX-X計画」として、エンジン4発搭載型、総重量249t(55万ポンド)積載量81.6t(18万ポンド)およびマッハ0.75(805km/h)で飛行可能であり、胴体前後に貨物ドアを備えた機体が構想され「CX-X計画」は、その後「CX-HLS計画」に名称が変更し、その仕様をもって、航空機メーカー各社に提案が求められ、ロッキード社、ボーイング社、ダグラス社、マーティン社、ジェネラル・ダイナミクス社がこの提案に応えた。不時着時に動き出した貨物に押し潰されない様、貨物室上部に操縦席を配置、主翼は後退翼を採用、後部ドアを使用した貨物搭載作業の際に障害とならない様、尾翼はT型尾翼を採用している点など各社共に基本設計は類似していた。それら設計案の中から、ロッキード社、ボーイング社、ダグラス社案が次の選考に進み、最終的にロッキード社案が採用される事となる。ロッキード社のジョージア州マリエッタ工場がC-141の生産を終えて稼動施設がたまたま空いていたという理由から当時のリンドン・ジョンソン大統領の政治的判断でロッキード社に開発が委ねられることに決定した。なおボーイング社の設計案は大型機開発の技術・スタッフを転用した結果、民間向けのボーイング747へと発展している。C-5 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • DC-10 (航空機)

    DC-10 (航空機)から見たボーイング747ボーイング747

    これを受けて、マクドネル・ダグラス社(本節では、以下単に「ダグラス」とする)では1967年春に、米国内線向けの3発機と、国際線向けの4発機を開発することを発表した。ダグラスでは、もともと4発大型旅客機の構想があったことから、同じ機体を基本として、航続距離の短い3発機と航続距離の長い4発機を開発することを考えており、コックピットはボーイング747と同様に2階部分にあり、胴体と主翼とエンジンは共通であった。しかし、この4発機構想に対しては、既にボーイング747が登場していたこともあり、どの航空会社の反応も芳しくなかった。このため、最終的に4発機構想はなくなったが、ダグラス社では同じ胴体で中距離型と長距離型を並行して開発することにこだわり続けた。DC-10 (航空機) フレッシュアイペディアより)

407件中 51 - 60件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード