502件中 51 - 60件表示
  • タワーエア

    タワーエアから見たボーイング747ボーイング747

    翌年の1984年に、アビアンカ航空が使用していたボーイング747-100を使用してニューヨーク-ブリュッセル-テルアビブ線の定期運航を開始した。タワーエア フレッシュアイペディアより)

  • 英国海外航空

    英国海外航空から見たボーイング747ボーイング747

    その後1960年代後半には、当時の最新鋭機であるコンコルドとボーイング747を発注するなど(コンコルドはBEAとの合併後に納入)、最新鋭機を次々と発注するとともに、アメリカのパンアメリカン航空に次いで世界一周路線を運航するなど、世界各国へとその路線網を広げて行き、同じく世界一周路線を運航するパンアメリカン航空や日本航空、ルフトハンザ航空やエールフランス航空などと並ぶ世界を代表する航空会社として君臨した。英国海外航空 フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空103便爆破事件

    パンアメリカン航空103便爆破事件から見たボーイング747ボーイング747

    機体:ボーイング747-100 (機体記号・N739PA)パンアメリカン航空103便爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • 機体記号

    機体記号から見たボーイング747ボーイング747

    上記のうち、航空会社でおもに使用されるジェット機およびターボプロップ機についてはさらに細かい分類が行われていた。最初は"JA8000"番台は4発ジェット旅客機(DC-8初号機がJA8001)、"JA8100"番台は大型4発ジェット旅客機(当時はボーイング747のみ)、"JA8300"番台は3発ジェット旅客機(ボーイング727など)、"JA8400"番台は双発ジェット旅客機(ボーイング737など)、"JA8500"番台は大型3発ジェット旅客機DC-10・トライスターなど)、"JA8600"番台から"8800"番台はターボプロップ機(YS-11や測量用のエアロコマンダーなど)、というように分類されていたが、1990年代以降、航空機の登録数が大幅に増加し、この法則では賄いきれなくなり、空いている番号を埋めていった(その中には、かつて忌み数として飛ばされていた番号もあり、8000番台に限り埋めて使用している)。機体記号 フレッシュアイペディアより)

  • 日航ジャンボ機UFO遭遇事件

    日航ジャンボ機UFO遭遇事件から見たボーイング747ボーイング747

    使用機材:ボーイング747-246F日航ジャンボ機UFO遭遇事件 フレッシュアイペディアより)

  • 広島空港

    広島空港から見たボーイング747ボーイング747

    6月1日( - 9月30日) - ANAにより、札幌線にスーパージャンボ (B747SR-100) が就航、第二種空港同士の路線で初めて大型機が投入された。広島空港 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナエアラインの航空事故

    チャイナエアラインの航空事故から見たボーイング747ボーイング747

    1991年12月29日、貨物便として運航されていた中華航空358便ボーイング747-2R7F型機(機体記号B-198)が、台北の中正国際空港から離陸上昇中に第3エンジンを主翼に止めるヒューズピンが破断し脱落。同時に第4エンジンも脱落し台北郊外の丘陵地帯に墜落。乗員5人全員が死亡した。チャイナエアラインの航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空830便爆破事件

    パンアメリカン航空830便爆破事件から見たボーイング747ボーイング747

    パンナム830便は、新東京国際空港(現・成田国際空港)から出発しハワイのホノルル国際空港(現・ダニエル・K・イノウエ国際空港)に向かっていた。1982年8月11日のこの日の便はニューヨーク発の東回り世界一周機である「クリッパーオーシャンローバー」(ボーイング747-100型機、Clipper Ocean Rover/機体記号:N754PA)で運航されていた。乗員15名、乗客267名が搭乗していた。パンアメリカン航空830便爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • カンタス航空

    カンタス航空から見たボーイング747ボーイング747

    しかし、それらの路線の多くは、1970年代以降にボーイング747の導入によりさらに推し進められることとなったが、1970年代初頭に起きたオイルショックなどによる世界各国における航空需要の落ち込みを受けて廃止された。カンタス航空 フレッシュアイペディアより)

  • ワイドボディ機

    ワイドボディ機から見たボーイング747ボーイング747

    2階席を持たないワイドボディ機では、単通路機ではそれほど目立たなかった客室上の無駄な空間が大きくなり、一部は乗務員用の休憩室などへの利用も行われているが、ほとんど空気を運んでいるにすぎない。胴体幅が広がると操縦席からの側方や斜め後方の視界は狭くなり、ボーイング747のように2階に操縦席を備えるか、機体先頭部をやや縦長にするなど工夫が求められる。機首部分にだけ2階席を設けた機体では基本構造を複雑にして空力抵抗と製造コストを増やす。ワイドボディ機 フレッシュアイペディアより)

502件中 51 - 60件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード