502件中 61 - 70件表示
  • ボーイング747-SP

    ボーイング747-SPから見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747-SP()は、アメリカのボーイング社が開発した大型旅客機、ボーイング747の派生モデルの一つ。胴体を大幅に短縮して重量を減らし、さらに翼を改修することで航続距離性能を向上した。これにより座席数は犠牲となったが、世界初の東京-ニューヨーク間の無着陸直行便に就航する。なお「SP」は「Special Performance」の略。ボーイング747-SP フレッシュアイペディアより)

  • チャイナエアライン611便空中分解事故

    チャイナエアライン611便空中分解事故から見たボーイング747ボーイング747

    チャイナエアライン611便空中分解事故(チャイナエアライン611びんくうちゅうぶんかいじこ)とは、2002年5月25日に中正国際空港(現台湾桃園国際空港)から香港国際空港へ向かっていたチャイナエアラインのボーイング747-200B(機体記号B-18255)が台湾海峡上空を巡航中に空中分解し海上に墜落した航空事故である。チャイナエアライン611便空中分解事故 フレッシュアイペディアより)

  • ぼくは航空管制官2

    ぼくは航空管制官2から見たボーイング747ボーイング747

    タイトルの「ジャンブル」とは、ジャンボ機からセスナ機まで飛来する名古屋空港(現・名古屋飛行場)を表した、「ごちゃまぜ」という意味の言葉である。ぼくは航空管制官2 フレッシュアイペディアより)

  • ハイジャック

    ハイジャックから見たボーイング747ボーイング747

    この頃、プラスチック爆弾を用いた航空機爆破事件が相次いだ。1987年には、大韓航空機爆破事件が発生し、ボーイング707が爆破され搭乗者全員の115人が死亡した。1988年には、パンアメリカン航空103便爆破事件が発生し、パンアメリカン航空のボーイング747が爆破され、搭乗者259人全員と地上で巻き込まれた11人が死亡した。1989年にはUTA航空772便爆破事件が発生し、フランスのUTAのマクドネル・ダグラスDC-10が爆破され、搭乗者全員の170人が死亡した。これらの事件、特にパンアメリカン航空103便爆破事件を直接的な契機として、ICAOにより「可塑性爆薬の探知のための識別措置に関する条約」(可塑性爆薬探知条約)が作成された。この条約では、可塑性爆薬への探知剤の添加等の措置を締約国に義務づけている。ハイジャック フレッシュアイペディアより)

  • 3月31日

    3月31日から見たボーイング747ボーイング747

    2014年 - ANAのB747-400Dが沖縄発東京行・NH126便を最後に退役。1979年1月25日の初就航(当時は、B747SR-100)以来、35年のB747による営業運航に幕が下ろされた。また、これと同時に44年半続いた日本の航空会社におけるB747の旅客運用の歴史に幕が下ろされることとなった。3月31日 フレッシュアイペディアより)

  • 航空機関士

    航空機関士から見たボーイング747ボーイング747

    しかし、機器の信頼性が向上やエンジン計器・乗員警告システムや電子式集中化航空機モニターが登場により、必要なときにだけ必要な情報の表示を行うことが出来るようになった。また、エンジンの出力調整やその他の各システムもコンピュータが自動的に制御を行うようになった。このため、航空機関士を必要とする航空機は減少し、近年は乗務している例は少ない。現在でも航空機関士が乗務する旅客機には、ボーイング747の300型以前のモデル、ボーイング727、DC-10などがある。航空機関士 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の歴史

    日本航空の歴史から見たボーイング747ボーイング747

    1970年4月22日には大型ジェット機のボーイング747を受領、7月1日にはホノルル線に就航させ、その後アメリカ西海岸線やヨーロッパ線にも導入した。日本航空の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 政府専用機

    政府専用機から見たボーイング747SPボーイング747

    ボーイング747-400やボーイング747SP、ボーイング767やガルフストリーム IVなどを運用。政府専用機 フレッシュアイペディアより)

  • ビジネスクラス

    ビジネスクラスから見たボーイング747ボーイング747

    1970年代中頃までの多くの国際線旅客機には、上級客室であるファーストクラスと、標準客室であるエコノミークラスの2種類のクラスしかなかった。1970年代前半のボーイング747型機などの大型機の導入に伴う海外旅行の大衆化によって、エコノミークラスに『団体割引運賃』などの各種割引運賃が導入されたことにより、当時アメリカを代表する航空会社であったパンアメリカン航空が、通常料金でエコノミークラスに搭乗する顧客(主に出張で利用する社用客)への専用サービスとして、専用コンパートメントの設置や座席サイズの拡大、機内食の充実を行った『クリッパークラス』(Clipper Class)と呼ばれる中間クラスを導入したのが始まりといわれている。略号が「B(=Business)」ではなく「C(=Clipper)」なのもこのためである。ビジネスクラス フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工業

    三菱重工業から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747(内側フラップなど生産)三菱重工業 フレッシュアイペディアより)

502件中 61 - 70件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード