407件中 61 - 70件表示
  • ヴァリグ・ブラジル航空

    ヴァリグ・ブラジル航空から見たボーイング747ボーイング747

    またマクドネルダグラスDC-10-30やボーイング747-200などの大型ワイドボディ機を導入し、これらの機材をニューヨーク線やパリ線、東京線などの高需要路線に次々と投入し、国際線における座席供給数を飛躍的に増加させ、IATAによる国際航空会社ランキングの20位以内に頻繁にランクされるようになった。ヴァリグ・ブラジル航空 フレッシュアイペディアより)

  • 政府専用機

    政府専用機から見たボーイング747SPボーイング747

    ボーイング747-400やボーイング747SP、ボーイング767やガルフストリーム IVなどを運用。政府専用機 フレッシュアイペディアより)

  • 新千歳空港

    新千歳空港から見たボーイング747ボーイング747

    滑走路北端付近の西寄りに位置しており、地上4階地下1階構造である。アメリカテキサス州のダラス・フォートワース国際空港を模した滑走路側に弧を持つ半円周型をしている。開業以来国内線・国際線とも同一建物を使用していたが、2010年3月26日より国際線ターミナルの運用が開始され、国内線専用となった。円弧上に18基のボーディングブリッジが等間隔で並んでおり、大部分がボーイング747型機クラスの大型機も使用可能である。新千歳空港 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空

    日本航空から見たボーイング747ボーイング747

    世界の航空会社として最大機数を発注したボーイング747シリーズは、1970年代から現在に至るまで日本航空を代表する機材であると共に、大量輸送を実現する高度経済成長のシンボルとまで言われた。しかし、ボーイング747クラシックシリーズは航空機関士が必要であり、また原油価格の高騰も相成って運航効率が次第に悪化し、ボーイング747-300が2009年7月に、ボーイング747-400は2011年3月1日にラストフライトを行って退役し、保有するボーイング747ならびに四発機は完全に姿を消した。また、経年化が進んだボーイング767-200についても2010年3月に退役した。日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • タイ国際航空

    タイ国際航空から見たボーイング747ボーイング747

    1980年 北米路線開設。就航当時の路線はバンコク - 成田 - シアトル - ロサンゼルス。最終目的地をロサンゼルスからダラスへ変更。ダラスへ就航していた当時は、タイ国際航空しか飛んでおらず好調だった。ところが、1987年にアメリカン航空がボーイング747SPでダラスからノンストップかつ毎日運航で成田へ乗り入れを開始すると、客足が利便性が高いアメリカン航空へ流れるようになり、目的地をトロントに変更したが、バンコク?成田?シアトルはボーイング747-200、シアトル?トロントはエアバスA310と区間によって使用機材が異なり、シアトルで乗り換えしなければならないという不便が強いられることや、カナディアン航空がDC-10-30ERでトロントから成田へ直行便を飛ばしており、ここでも客足が伸びず、ソウル経由ロサンゼルス線と台北・シアトル経由ダラス線に変更するも、1993年に北米線の運航を一旦休止する。タイ国際航空 フレッシュアイペディアより)

  • 小松飛行場

    小松飛行場から見たボーイング747ボーイング747

    滑走路の両側に誘導路があり、山側を航空自衛隊が、海側を民航のターミナルが利用している。民航の定期便として過去にはボーイング747クラスの離着陸があり、本州日本海側の空港では乗降客数が最も多い。計器進入装置であるILSを設置しているため、冬季の悪天候時でも欠航は比較的少ない。小松飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機の歴史

    飛行機の歴史から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング 747 : 初飛行xx年……飛行機の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • エグゼクティブ・エクスプレス

    エグゼクティブ・エクスプレスから見たボーイング747ボーイング747

    エグゼクティブ・エクスプレス(Exective Express)は、かつて日本航空(JAL, 2004年以降は日本航空インターナショナル)が運航していたボーイング747特別仕様機の名称である。エグゼクティブ・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • YXX

    YXXから見たボーイング747ボーイング747

    11月、ボーイングは737を改造開発する110から160席(YXX/7J7とほぼ同一)の「737X」(737-600、700、800、900)を発表した。747X計画に開発費を回すためにも、新たな機体を開発するより、開発費を抑えられる既存機の改修という堅実な方法を選んだのだが、この開発に日本は誘われなかったどころか、韓国の大韓航空が開発参加を表明する状態だった。7J7の共同開発締約国である日本に何も知らせないまま、7J7と同時に同クラスである737Xの計画も着々と進めていたことを表していた。もっとも、ボーイングが自社の計画を日本へ知らせる義務は無いものの、日本航空機開発協会はボーイングの真意を確認するとともに、737Xへの参加を要求した。YXX フレッシュアイペディアより)

  • プーケット航空

    プーケット航空から見たボーイング747ボーイング747

    エアーニッポンから購入した日本航空機製造YS-11、日本航空やKLMオランダ航空などから購入したボーイング747-200のほか、747-300、737-200を所有している。なお、全ての機材が中古機であった。プーケット航空 フレッシュアイペディアより)

407件中 61 - 70件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード