407件中 71 - 80件表示
  • ボーイング747-SP

    ボーイング747-SPから見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747-SP()は、アメリカのボーイング社が開発した大型旅客機、ボーイング747の派生モデルの一つ。胴体を短縮して重量を減らし、さらに翼を改修することで航続距離性能を向上した。「SP」は「Special Performance」の略。ボーイング747-SP フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747-300

    ボーイング747-300から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747-300()は、アメリカのボーイング社が開発した大型旅客機、ボーイング747の派生モデルの一つ。2階客室部分を延長し客席を増やし、登場当時世界最大の客席数を持つ旅客機であった。「SUD(Stretched Upper Deck)」と呼ばれる。ボーイング747-300 フレッシュアイペディアより)

  • アブレスト

    アブレストから見たボーイング747ボーイング747

    民間航空用語としての場合は、客席を横に並べたときの配置(1行あたりの列数)を指す。たとえばボーイング747のエコノミークラスでは「ABC-DEFG-HJK」(「I」は数字の「1」と見間違うことがあるので、通常使用されない。)という具合に表記し、「3-4-3の10アブレスト」のように使うが、同じ航空機でも航空会社や路線によって配置が大きく変わることもある。アブレスト フレッシュアイペディアより)

  • タワーエア

    タワーエアから見たボーイング747ボーイング747

    その後、アメリカ国防省との契約を獲得し、パンアメリカン航空やトランス・ワールド航空、ブラニフ航空などから中古で購入したボーイング747型機を使用して、アメリカ国外に駐留するアメリカ軍兵士の輸送を行うチャーター運航を行ったほか、国連平和維持軍向けの運航や、ガルーダ・インドネシア航空やエアアジア向けのウェット・チャーターによるメッカ巡礼チャーターなどを行い急成長した。タワーエア フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカン航空845便離陸衝突事故

    パンアメリカン航空845便離陸衝突事故から見たボーイング747ボーイング747

    パンアメリカン航空845便離陸衝突事故(Pan Am Flight 845)とは、1971年7月30日にパンアメリカン航空のロサンゼルス国際空港発羽田行845便、ボーイング747-121が途中経由地のサンフランシスコ国際空港での離陸時に発生した事故である。死者は出なかったものの重軽傷者が29人発生し、ボーイング747の人身事故としては初のケースとなった。なお事故機はボーイング747として世界初の商業運航を担当した機体である。また、この日に日本では全日空機雫石衝突事故が発生していた。パンアメリカン航空845便離陸衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • 田口美貴夫

    田口美貴夫から見たボーイング747ボーイング747

    1963年航空大学校卒業、日本航空に入社、民間航空機のパイロット、機長、操縦訓練の教官を務める。日本国政府専用機が運航される前、天皇皇后、皇太子、海部首相などのVIPフライトを担当した経験を持つ。2003年1月に最後のフライト。飛行距離700万マイル超。パイロットとして操縦した飛行機はDC-6B、ボーイング727、DC-8、ボーイング747など。田口美貴夫 フレッシュアイペディアより)

  • 剣持勇

    剣持勇から見たボーイング747ボーイング747

    1968年:日本航空の航空旅客機ボーイング747のインテリアを担当する。剣持勇 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓航空015便着陸失敗事故

    大韓航空015便着陸失敗事故から見たボーイング747ボーイング747

    1980年11月19日、大韓航空015便はボーイング747-200B旅客機(登録記号:HL7445、1979年製造)で運航されており、ロサンゼルス発アンカレッジ経由のソウル便であった。フライトプラン上の定刻は午前7時20分(現地時間、日本時間も同じ)であったが、当時のソウルの金浦空港は濃い朝霧に覆われており、視界も800mから1000mしかなかった。大韓航空015便着陸失敗事故 フレッシュアイペディアより)

  • ノースウエスト航空74便胴体着陸事故

    ノースウエスト航空74便胴体着陸事故から見たボーイング747ボーイング747

    また事故を起こしたB747-200は、2004年の秋には塗装はニューカラーにされたばかりなのにも関わらず、NWAのタイトルを消されて銀一色となってしまった。その2年後の2007年、エンジンも外され、グアム国際空港の敷地内に駐機されている。ノースウエスト航空74便胴体着陸事故 フレッシュアイペディアより)

  • シャヴィト

    シャヴィトから見たボーイング747ボーイング747

    また、派生型の空中発射ロケットとして、シャヴィト1の第1段を廃しC-130やボーイング747から発射するALVが構想されている。シャヴィト フレッシュアイペディアより)

407件中 71 - 80件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード