502件中 81 - 90件表示
  • 日本航空

    日本航空から見たボーイング747ボーイング747

    世界の航空会社として最大機数を発注したボーイング747シリーズは、1970年代から現在に至るまで日本航空を代表する機材であると共に、大量輸送を実現する高度経済成長のシンボルとまで言われた。しかし、ボーイング747クラシックシリーズは航空機関士が必要であり、また原油価格の高騰も相成って運航効率が次第に悪化し、ボーイング747-300が2009年7月に、ボーイング747-400は2011年3月1日にラストフライトを行って退役し、保有するボーイング747ならびに四発機は完全に姿を消した。また、経年化が進んだボーイング767-200についても2010年3月に退役した。17年間運航したマクドネル・ダグラスMD-90は2013年3月30日に退役した。日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • 東京国際空港

    東京国際空港から見たボーイング747ボーイング747

    1970年には、パンアメリカン航空と日本航空が相次いで当時の主力機材であったボーイング707型機やDC-8型機の倍以上の座席数を持つボーイング747型機を就航させ、ノースウエスト航空や英国海外航空、エールフランス航空やKLMオランダ航空などの他の乗り入れ航空会社もその後を追ったものの、ボーディングブリッジを備えたスポットがわずか3か所しかないなど、大型機の就航に施設拡充が間に合わないような状況は続いた。東京国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 小松海軍航空隊

    小松海軍航空隊から見たボーイング747ボーイング747

    日本海を挟んでソビエト連邦と対峙する飛行場であることから、進駐した米軍はレーダー基地を設置した。昭和33年に返還されるが、いち早く昭和30年に大阪?小松間の不定期民間航路が開かれている。昭和36年に航空自衛隊小松基地が設置され、共用飛行場となった。ボーイング747級の大型機の離着陸が可能な上に、嵩上げ工事によって貨物機の受入れも整っており、民間航空にとって重要な飛行場となっている。一方、ソ連・ロシアや朝鮮民主主義人民共和国を想定した空自の重要基地でもあり、領空侵犯に対する緊急発進も行われている。小松海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイングNLA

    ボーイングNLAから見たボーイング747ボーイング747

    ボーイングNLA(Boeing NLA)とは、アメリカの航空機メーカーボーイング社がボーイング747ジャンボジェットよりも大型の旅客機の構想として発表した、New Large Aircraft構想(新大型機旅客機計画)のことである。ボーイングNLA フレッシュアイペディアより)

  • カイパー空中天文台

    カイパー空中天文台から見たボーイング747ボーイング747

    2006年時点ではカリフォルニア州モフェットのエイムズ研究センターで保管状態にある。また、後継機としてボーイング747SPを改装したSOFIA (Stratospheric Observatory for Infrared Astronomy) の開発が行われ、2007年4月に初飛行している。カイパー空中天文台 フレッシュアイペディアより)

  • C-137 (航空機)

    C-137 (航空機)から見たボーイング747ボーイング747

    C-137の使用は、このエアフォースワンとしての役割がもっとも良く知られていたが、1990年にボーイング747-200(VC-25)が就航すると、要人輸送機に転用された。その後、老朽化の為1998年にボーイング757(C-32)に置き換えられ退役している。C-137 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 砂漠の盾作戦

    砂漠の盾作戦から見たボーイング747ボーイング747

    8月17日アメリカは初めて、民間予備航空隊を動員し、民間の航空会社などから、ボーイング747、DC-8などの34機の、貨物機や旅客機を輸送任務にあてた。またアメリカ軍からは、118機のC-5A/Bと195機のC-141B、KC-10を運用した。アメリカ軍と民間部隊の輸送機運用の連携により、大量の人員を輸送する事が可能となった。空輸による物資輸送に関しては、全体のわずか5%のみを占める程度であり、残りの大半は海路によるものであった。砂漠の盾作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ダーリング崖

    ダーリング崖から見たボーイング747ボーイング747

    暑い夏は、崖を越える強い東風が発生することが多く、パース空港を離着陸する飛行機にとって深刻な問題になる。1999年にはダーリング崖を越えようとする風がうねることで乱気流(ウィンド・シア)が発生し、滑走路から着陸中のボーイング747の片方のエンジンが滑走路に衝突し、破壊されるという事故が起こった。ダーリング崖 フレッシュアイペディアより)

  • シート・ミュージック

    シート・ミュージックから見たボーイング747ボーイング747

    短く速いA面最後の曲「時計じかけのクリープ」の主題は、ジャンボジェットに乗っているとき、爆弾が爆発するまでの数分間のカウントダウンを表現している。シート・ミュージック フレッシュアイペディアより)

  • イカルイト空港

    イカルイト空港から見たボーイング747ボーイング747

    1996年1月:ヴァージン・アトランティック航空のロンドンからロサンゼルスへ向かう007便のボーイング747が、乗客で心臓発作があったため緊急着陸した。着陸は無事成功したが、移動中にエンジン破損で燃料漏れを起こし、全乗客397名が近くのカーリングのリンクに避難、そのまま16時間滞在、その後ニューヨークへ移動した。イカルイト空港 フレッシュアイペディアより)

502件中 81 - 90件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード