407件中 81 - 90件表示
  • ファン・トリップ

    ファン・トリップから見たボーイング747ボーイング747

    1960年代後半にパンアメリカン航空は、ボーイング社がアメリカ空軍の超大型輸送機として開発を進めていたが、ロッキード社の開発したC-5との発注競争に敗れたために民間型へ転用し開発をしようとしていた超大型旅客機であるボーイング747型機を、トリップの指示を受けて25機発注し、ローンチカスタマーとなった。ファン・トリップ フレッシュアイペディアより)

  • 1992年の航空

    1992年の航空から見たボーイング747ボーイング747

    10月4日 - エル・アル航空のボーイング747-200、1862便貨物機がオランダ、アムステルダム近くに墜落し47人が犠牲となった。1992年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の航空

    1997年の航空から見たボーイング747ボーイング747

    8月6日 - 大雨による視界不良の中、グアム国際空港に着陸しようとした大韓航空のボーイング747-300が空港手前の丘に墜落し、228人が犠牲となった。(大韓航空801便墜落事故)1997年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • サンダーバード2号

    サンダーバード2号から見たボーイング747ボーイング747

    巨大機、高重量ながら高速、安定飛行を実現する。なおコンテナポッドを外した状態でも飛行可能である。設定上の大きさは全長、全幅、全高ともに実在する巨大機のボーイング747に非常に近く数メートル異なるだけである。が、実在の飛行機とは比べ物にならないほど胴体が太く、相対的に翼は小さい。そのため前述のリフティングボディと言う設定が後付された。サンダーバード2号 フレッシュアイペディアより)

  • 砂漠の盾作戦

    砂漠の盾作戦から見たボーイング747ボーイング747

    8月17日アメリカは初めて、民間予備航空隊を動員し、民間の航空会社などから、ボーイング747、DC-8などの34機の、貨物機や旅客機を輸送任務にあてた。またアメリカ軍からは、118機のC-5A/Bと195機のC-141B、KC-10を運用した。アメリカ軍と民間部隊の輸送機運用の連携により、大量の人員を輸送する事が可能となった。空輸による物資輸送に関しては、全体のわずか5%のみを占める程度であり、残りの大半は海路によるものであった。砂漠の盾作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 小松海軍航空隊

    小松海軍航空隊から見たボーイング747ボーイング747

    日本海を挟んでソビエト連邦と対峙する飛行場であることから、進駐した米軍はレーダー基地を設置した。昭和33年に返還されるが、いち早く昭和30年に大阪?小松間の不定期民間航路が開かれている。昭和36年に航空自衛隊小松基地が設置され、共用飛行場となった。ボーイング747級の大型機の離着陸が可能な上に、嵩上げ工事によって貨物機の受入れも整っており、民間航空にとって重要な飛行場となっている。一方、ソ連・ロシアや朝鮮民主主義人民共和国を想定した空自の重要基地でもあり、領空侵犯に対する緊急発進も行われている。小松海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナエアラインの航空事故

    チャイナエアラインの航空事故から見たボーイング747ボーイング747

    1991年12月29日:中華航空358便(貨物便)、ボーイング747-200F(機体記号B-198)チャイナエアラインの航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 機長の「失敗学」

    機長の「失敗学」から見たボーイング747ボーイング747

    『機長の「失敗学」』(きちょうのしっぱいがく)は、現役のジェット旅客機(ボーイング747)機長の杉江弘による2003年に出版されたエッセーである。また、このエッセーの前に同様の「機長の告白・生還へのマニュアル」が出版されている。機長の「失敗学」 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリエット・ゲーム

    ジュリエット・ゲームから見たボーイング747ボーイング747

    監督の鴻上によれば、本当はラストシーンは「映画の冒頭と同じように二人が駅のホームで出会い、そして抱き合う。そこでカメラがどんどん引いていくと、そこは上海の駅だった」というものを考えていたという。他にも脚本の執筆段階では「成田空港でブラジルに旅立つ主人公がジャンボジェットに轢き殺される」という案もあった。しかしいずれも予算不足のため実現しなかった。このため鴻上は「何十年後でもいいんだけど、必ず本当のラストでリメイク版を作りたい」と語っている。ジュリエット・ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • シュパイアー技術博物館

    シュパイアー技術博物館から見たボーイング747ボーイング747

    2002年春、ルフトハンザドイツ航空はボーイング747-200航空機を、来訪者に便の良い同博物館に寄贈した。2008年4月、ロシアのブラン、OK-GLIが同博物館に輸出され、これは現在ウォークイン・エキシビションとなっている。他の見所としては、のショーン・オケリーのハウスボートやドイツ海軍潜水艦U-9がある。シュパイアー技術博物館 フレッシュアイペディアより)

407件中 81 - 90件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード