259件中 91 - 100件表示
  • ボーイング747

    ボーイング747から見たトランスワールド航空

    トランスワールド航空(アメリカン航空に吸収)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たダグラス・エアクラフト

    1960年代の国際航空路線は、1950年代に開発されたボーイング707やダグラスDC-8など、通路を1本持った乗客数150 - 200人の機体(ナローボディ機)が主力であった。パンアメリカン航空や日本航空、エールフランスや英国海外航空などの各国の主要航空会社はこれらの機体を使用して旅客の獲得競争をしていた。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たエアブリッジカーゴ

    JA401J,JA402J :JALカーゴ初のダッシュ400フレイターでポリッシュドスキン仕様の2機であったが、カーゴ部門撤退によりラインから外れた。うち1機(401J)がアシアナ航空へ売却し、残る402Jもロシアのエアブリッジカーゴ社へ売却した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たエル・アル航空

    -258F型 1992年 エル・アル航空1862便(貨物便) アムステルダムで金属疲労によりエンジン脱落。隣のエンジンに接触してそれも脱落しアパートに激突(エル・アル航空1862便墜落事故)。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た中国南方航空

    中国南方航空(フレイターのみ)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアメリカウエスト航空

    -100型の機体構造を強化して性能を上げたモデル。747クラシックの標準的な旅客機型の機体である。開発当初は747B型と呼ばれていたが、初期型が-100型に名称が整理された時点で-200B型となった。日本では日本航空と全日空が、アメリカではノースウエスト航空、ユナイテッド航空(但し自社発注機はわずか2機)、パンアメリカン航空、アメリカウエスト航空(ともに中古機)が使用した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た日本エアシステム

    日本エアシステム(-400から777へ変更)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアエロスパシアル

    このような状況の下、パンアメリカン航空は、将来航空需要が右肩上がりになると読み、当時開発が進んでおり、1970年代以降の航空運送における主力になると考えられていたボーイング2707やアエロスパシアル・コンコルドなどの超音速旅客機と並ぶ次世代の旅客機として、従来機の2倍以上(350 - 450人)の乗客を乗せる大型機の開発をボーイング社に要求した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たマダガスカル航空

    マダガスカル航空(-200をエアバス767-300ERに置き換えた)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たエアホンコン

    エアホンコン(-100F,-200Fが退役し、一旦A300-600Fのみのフリート構成になったが、2011年の夏にキャセイパシフィック航空から-400BCFが同社に移籍した)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

259件中 91 - 100件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード