294件中 91 - 100件表示
  • ボーイング747

    ボーイング747から見たトランスアエロ航空

    トランスアエロ航空 (退役(?)済み)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアメリカウエスト航空

    -100型の機体構造を強化して性能を上げたモデル。747クラシックの標準的な旅客機型の機体である。開発当初は747B型と呼ばれていたが、初期型が-100型に名称が整理された時点で-200B型となった。日本では日本航空と全日空が、アメリカではノースウエスト航空、ユナイテッド航空(ただし自社発注機は2機)、パンアメリカン航空、アメリカウエスト航空(ともに中古機を使用)が使用した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たピープル・エクスプレス

    アメリカン航空の場合は、大西洋路線へ進出を図りDC-10-30とともに活躍をしたものの、結局は輸送力過剰であった事から1980年代初頭には全機が売却された。日本線乗入れに際しては1987年に後述の747SPを中古で購入し、成田-ダラス・フォートワース線に就航させたものの、燃費が悪いことや機内装備の旧退化から1990年代半ばにはMD-11へ切り替えた。またコンチネンタル航空については吸収した格安航空会社・ピープル・エクスプレスが保有していた747をそのまま獲得し国際線機材として復活させ、ホノルルからの成田路線にも就航させていたが、777-224ERの導入などで全機が売却された。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たイラン航空

    イラン航空は2011年まで、747-SP 型を日本への定期便で運航していた。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たエア・リンガス

    エア・リンガス (-100をA330へ置き換えた)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たUTA

    1982年に初号機がロールアウトした後に、スイス航空(現・スイス インターナショナル エアラインズ。ルフトハンザ・ドイツ航空が買収)へ納入された。後にシンガポール航空(「BIGTOP」の愛称が付いたが全機売却済み)、UTA(UTA、現エールフランス)、日本航空、南アフリカ航空、キャセイパシフィック航空、ヴァリグ・ブラジル航空、マレーシア航空、サベナ・ベルギー航空(2001年に倒産)等へ納入された。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアルゼンチン航空

    ヨーロッパなどの-200Bユーザは個性豊かで、航空会社によってエンジンメーカーも異なっていた。エールフランス、ルフトハンザ航空、KLMオランダ航空、アリタリア航空はGE(ゼネラル・エレクトリック)製CF6-50E2を、英国海外航空(後のブリティッシュ・エアウェイズ)はRR(ロールス・ロイス)製RB211-524D4、エア・インディア、イベリア航空、アルゼンチン航空、南アフリカ航空はP&W(プラット・アンド・ホイットニー)製JT9D-7Qを装備した。サウジアラビア航空もRB211-524D4を選択したが、-400以降はCF6-80C2B1Fを選択した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たイラク航空

    イラク航空(湾岸戦争以後バグダード国際空港で地上保管されているが、そのまま用途廃棄になる予定である)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たエールフランス航空

    1970年に就航した747の初期モデル。パンアメリカン航空によって同年1月にニューヨーク―ロンドン線に路線就航し、その後同年中にトランス・ワールド航空やノースウエスト航空、日本航空や英国海外航空、ルフトハンザ航空やエールフランス航空などの各国で路線就航した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たエル・アル航空

    -258F型 1992年 エル・アル航空1862便(貨物便) アムステルダムで金属疲労によりエンジン脱落。隣のエンジンに接触してそれも脱落しアパートに激突(エル・アル航空1862便墜落事故)。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

294件中 91 - 100件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード