294件中 11 - 20件表示
  • ボーイング747

    ボーイング747から見たニュージーランド航空

    また、イギリス連邦諸国のキャセイパシフィック航空(香港)、カンタス航空(オーストラリア)、ニュージーランド航空はともにイギリス製のRB211-524D4を選択した。キャセイパシフィック航空、サウジアラビア航空、ブリティッシュ・エアウェイズは同じRB-211エンジンを搭載したロッキードトライスターL-1011型を保有していた関係で整備の都合上とされた。またカンタス航空とニュージーランド航空の場合には路線によりブリティッシュ・エアウェイズの乗務員が運航していたこととロンドン・ヒースロー空港での整備の関係であった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たシンガポール航空

    アジアでは大韓航空(コリアン・エアカーゴ部門)、中国国際航空、チャイナエアライン、キャセイ・パシフィック航空(ブリティッシュ・エアウェイズからの購入機から始まった)、シンガポール航空(9V-SKQのみであとは全て-400貨物型)、サウジアラビア航空が導入している。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たパンアメリカン航空

    1960年代の国際航空路線は、1950年代に開発されたボーイング707やダグラス DC-8など、通路を1本持った乗客数150 - 200人の機体(ナローボディ機)が主力であった。パンアメリカン航空や日本航空、エールフランスや英国海外航空などの各国のフラッグ・キャリアを始めとする主要航空会社はこれらの機体を使用して旅客の獲得競争をしていた。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た大韓航空

    アジアでは大韓航空(コリアン・エアカーゴ部門)、中国国際航空、チャイナエアライン、キャセイ・パシフィック航空(ブリティッシュ・エアウェイズからの購入機から始まった)、シンガポール航空(9V-SKQのみであとは全て-400貨物型)、サウジアラビア航空が導入している。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たカンタス航空

    また、イギリス連邦諸国のキャセイパシフィック航空(香港)、カンタス航空(オーストラリア)、ニュージーランド航空はともにイギリス製のRB211-524D4を選択した。キャセイパシフィック航空、サウジアラビア航空、ブリティッシュ・エアウェイズは同じRB-211エンジンを搭載したロッキードトライスターL-1011型を保有していた関係で整備の都合上とされた。またカンタス航空とニュージーランド航空の場合には路線によりブリティッシュ・エアウェイズの乗務員が運航していたこととロンドン・ヒースロー空港での整備の関係であった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たコンチネンタル航空

    アメリカでは、パンアメリカン航空、ノースウエスト航空、トランス・ワールド航空が国際線で、アメリカン航空、コンチネンタル航空、デルタ航空、ユナイテッド航空は当初はアメリカ国内路線での活躍にとどまった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たチャイナエアライン

    アジアでは大韓航空(コリアン・エアカーゴ部門)、中国国際航空、チャイナエアライン、キャセイ・パシフィック航空(ブリティッシュ・エアウェイズからの購入機から始まった)、シンガポール航空(9V-SKQのみであとは全て-400貨物型)、サウジアラビア航空が導入している。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た日本航空123便墜落事故

    油圧や電気の系統は2重から4重の冗長性を持たせた。但し、日本航空123便墜落事故では油圧配管が上部に集中している機体尾部が破壊されたため、全ての油圧が失われて墜落につながったとされた。この点は設計ミスとして改修を余儀無くされている。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たロンドン

    1970年1月にパンアメリカン航空のニューヨーク-ロンドン線に就航し、日本航空やルフトハンザ航空、トランス・ワールド航空やエールフランスなど、初期に注文を行っていた他社にも次々に納入された。しかし当時多くの航空会社にとっては747は市場規模に対して大きすぎて、座席全てを埋めるほどの乗客は無かった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアメリカ航空宇宙局

    アメリカや日本、アラブ首長国連邦など世界各国の政府首脳専用機に採用され、NASAのスペースシャトル輸送機等にも転用されている。なお、2014年1月現在までの航空会社1社による合計発注機数は、日本航空の113機が最多である。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

294件中 11 - 20件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード