259件中 21 - 30件表示
  • ボーイング747

    ボーイング747から見たロンドン

    1970年1月にパンアメリカン航空のニューヨーク-ロンドン線に就航し、日本航空やルフトハンザ航空、トランス・ワールド航空やエールフランスなど、初期に注文を行っていた他社にも次々に納入された。しかし当時多くの航空会社にとっては747は市場規模に対して大きすぎて、座席全てを埋めるほどの乗客は無かった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たルフトハンザ航空

    1970年1月にパンアメリカン航空のニューヨーク-ロンドン線に就航し、日本航空やルフトハンザ航空、トランス・ワールド航空やエールフランスなど、初期に注文を行っていた他社にも次々に納入された。しかし当時多くの航空会社にとっては747は市場規模に対して大きすぎて、座席全てを埋めるほどの乗客は無かった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たボーイング787

    -400の後継機として787に似た主翼そして同じエンジンを装備し、わずかに胴体を延長した747の最新モデル。現在、747で唯一生産されている型式である。旅客型の-8ICと貨物型の-8Fがある。民間航空機部門では世界最長の航空機である。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たマレーシア航空

    サウジアラビア航空とニュージーランド航空はその後に-400以降のエンジンをCF6-80C2B1Fへ切り替えた。例外はマレーシア航空の747-236Bの2機で、RB211-524を装備している。もともとはブリティッシュ・エアウェイズ向けとして製造されたものの、キャンセルで一年以上もボーイング社で保管していた。マレーシア航空はこれを格安で購入。初の747としてクアラルンプールから欧州へのフライトに備えていた。日本にやってきたのはそれから10年以上後で、ロサンゼルス線寄港便に使用していたが、現在は貨物専用機へ改造された。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たニュージーランド航空

    また、イギリス連邦諸国のキャセイパシフィック航空(香港)、カンタス航空(オーストラリア)、ニュージーランド航空はともにイギリス製のRB211-524D4を選択した。キャセイパシフィック航空、サウジアラビア航空、ブリティッシュ・エアウェイズは同じRB-211エンジンを搭載したロッキードトライスターL-1011型を保有していた関係で整備の都合上とされた。またカンタス航空とニュージーランド航空の場合には路線によりブリティッシュ・エアウェイズの乗務員が運航していたこととロンドン・ヒースロー空港での整備の関係であった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たボーイング

    ボーイング747()は、アメリカのボーイング社が開発した大型旅客機。ジャンボジェット(Jumbo Jet)の愛称で知られる。航空機による安価な大量輸送を実現し、それまで一般庶民にとって高嶺の花であった航空旅行(特に海外旅行)を可能にした画期的な機体である。現在も最新型が生産中である。また、同社の民間航空機部門唯一の4発ワイドボディ旅客機でもある。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たカンタス航空

    また、イギリス連邦諸国のキャセイパシフィック航空(香港)、カンタス航空(オーストラリア)、ニュージーランド航空はともにイギリス製のRB211-524D4を選択した。キャセイパシフィック航空、サウジアラビア航空、ブリティッシュ・エアウェイズは同じRB-211エンジンを搭載したロッキードトライスターL-1011型を保有していた関係で整備の都合上とされた。またカンタス航空とニュージーランド航空の場合には路線によりブリティッシュ・エアウェイズの乗務員が運航していたこととロンドン・ヒースロー空港での整備の関係であった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアシアナ航空

    JA401J,JA402J :JALカーゴ初のダッシュ400フレイターでポリッシュドスキン仕様の2機であったが、カーゴ部門撤退によりラインから外れた。うち1機(401J)がアシアナ航空へ売却し、残る402Jもロシアのエアブリッジカーゴ社へ売却した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たイベリア航空

    ヨーロッパなどの-200Bユーザは個性豊かで、航空会社によってエンジンメーカーも異なっていた。エールフランス、ルフトハンザ航空、KLMオランダ航空、アリタリア航空はGE(ゼネラル・エレクトリック)製CF6-50E2を、英国海外航空(後のブリティッシュ・エアウェイズ)はRR(ロールス・ロイス)製RB211-524D4、エア・インディア、イベリア航空、アルゼンチン航空、南アフリカ航空はP&W(プラット・アンド・ホイットニー)製JT9D-7Qを装備した。サウジアラビア航空もRB211-524D4を選択したが、-400以降はCF6-80C2B1Fを選択した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たパンアメリカン航空

    -100型の機体構造を強化して性能を上げたモデル。747クラシックの標準的な旅客機型の機体である。開発当初は747B型と呼ばれていたが、初期型が-100型に名称が整理された時点で-200B型となった。日本では日本航空と全日空が、アメリカではノースウエスト航空、ユナイテッド航空(但し自社発注機はわずか2機)、パンアメリカン航空、アメリカウエスト航空(ともに中古機)が使用した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

259件中 21 - 30件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード