294件中 31 - 40件表示
  • ボーイング747

    ボーイング747から見たフェデックス

    一方アメリカではパンアメリカン航空、ノースウエスト航空、フライング・タイガー・ライン(1989年、フェデックスに買収された)がこれを採用してきた。現在ではノースウエスト航空、アトラス航空、ポーラーエアカーゴ、UPS、カリッタ・エアが純貨物機または貨物改造機を飛ばしている。日本では、かつてフライング・タイガーが成田、伊丹の他アメリカ軍横田基地などといったアメリカ軍関連輸送にも従事していたことも有名であった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たスイス インターナショナル エアラインズ

    1982年に初号機がロールアウトした後に、スイス航空(現・スイス インターナショナル エアラインズ。ルフトハンザ・ドイツ航空が買収)へ納入された。後にシンガポール航空(「BIGTOP」の愛称が付いたが全機売却済み)、UTA(UTA、現エールフランス)、日本航空、南アフリカ航空、キャセイパシフィック航空、ヴァリグ・ブラジル航空、マレーシア航空、サベナ・ベルギー航空(2001年に倒産)等へ納入された。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たガルーダ・インドネシア航空

    ガルーダインドネシア航空(2017年10月退役)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たタイ国際航空

    エア・インディアが保有している(かつてタイ国際航空とヴァリグ・ブラジル航空も保有していた)747-300型は、B747クラシックとしては最後期に生産された機体ということもあって-400と同様のフェアリングに変更されている。また747クラシックの特徴であった主翼端のHF帯アンテナも無く(-400と同様に垂直尾翼に移設されている)、エンジンも-400と同じGE社のCF6-80C2を搭載しているため、窓等一部違いはあれど外見上は747-400D型と区別が付かない。このエア・インディアの747-300は、かつて成田空港に定期便として就航していた。また、エア・インディアの同型機は貨客混載機(コンビ型)でもある。このコンビ型はシンガポール航空やKLMオランダ航空でも使用されていた。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たエアバス

    当初ボーイング社では「鈍重なイメージがあるこの愛称は最新鋭機にふさわしくない」としてこの愛称を認めず、「スーパーエアバス」としていた。しかし「ジャンボジェット」が一般に受け入れられていることや、1970年代に「エアバス・インダストリー」社がヨーロッパにおいて航空機製造を開始したこともあり、当初愛称に対して否定的だったボーイング社も公式の場で用いることが多い。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たボーイング

    ボーイング747()は、アメリカのボーイング社が開発・製造する大型旅客機のシリーズ。ジャンボジェット(Jumbo Jet)の愛称で知られる。世界初のワイドボディ機であり、大量輸送によってそれまで一般庶民にとって高嶺の花であった航空旅行、特に国外旅行の大衆化を可能にした画期的な機体であった。基本設計から半世紀が経過した現在においてもなお大型民間航空機の一角を占めており、最新型として747-8型が生産されている。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た全日本空輸

    ボーイング747型機の最大のカスタマーとなりつつあった、日本航空がローンチカスタマーとなり導入された。SRは「(短距離)」の略であり、当初はボーイング社により「スーパーエアバス」と称されていた。ローンチカスタマーの日本航空と全日本空輸のみが発注している(全日空では「スーパージャンボ」とも呼ばれていた)。なお、広義のSRには前述の-100Bのうち日本航空が導入した機体を含めることがある。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たトランス・ワールド航空

    パンアメリカン航空が20機を発注したことが発表されると、同社との競争上の脅威にさらされることになる同国のノースウエスト航空、トランス・ワールド航空や、日本航空、英国海外航空など各国の航空会社からの発注が相次いだ。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た全日空

    -100型の機体構造を強化して性能を上げたモデル。747クラシックの標準的な旅客機型の機体である。開発当初は747B型と呼ばれていたが、初期型が-100型に名称が整理された時点で-200B型となった。日本では日本航空と全日空が、アメリカではノースウエスト航空、ユナイテッド航空(ただし自社発注機は2機)、パンアメリカン航空、アメリカウエスト航空(ともに中古機を使用)が使用した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たエア・カナダ

    エア・カナダ(-400をエアバスA340とボーイング777-200ERへ置換えた)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

294件中 31 - 40件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード