259件中 51 - 60件表示
  • ボーイング747

    ボーイング747から見たスイス航空

    1982年に初号機がロールアウトした後に、スイス航空(現・スイスインターナショナルエアラインズ。ルフトハンザ・ドイツ航空が買収)へ納入された。後にシンガポール航空(「BIGTOP」の愛称が付いたが全機売却済み)、UTA(UTA、現エールフランス)、日本航空、南アフリカ航空、キャセイパシフィック航空、ヴァリグ・ブラジル航空、マレーシア航空、サベナ・ベルギー航空(2001年に倒産)等へ納入された。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た日本アジア航空

    JA8103→N703CK :3号機。JAL→日本アジア航空。JA8101・JA8102と共に初期に導入、「3姉妹」とも呼ばれた。JAA退役後、アメリカンインターナショナルエアウェイズに在籍中、映画「エアフォースワン」の撮影用機材として同機の塗装を施された。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たGE・アビエーション

    ヨーロッパなどの-200Bユーザは個性豊かで、航空会社によってエンジンメーカーも異なっていた。エールフランス、ルフトハンザ航空、KLMオランダ航空、アリタリア航空はGE(ゼネラル・エレクトリック)製CF6-50E2を、英国海外航空(後のブリティッシュ・エアウェイズ)はRR(ロールス・ロイス)製RB211-524D4、エア・インディア、イベリア航空、アルゼンチン航空、南アフリカ航空はP&W(プラット・アンド・ホイットニー)製JT9D-7Qを装備した。サウジアラビア航空もRB211-524D4を選択したが、-400以降はCF6-80C2B1Fを選択した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアトラス航空

    これらの-200Bは、-400の出現などで-200BSF(貨物改造機)への転用改造やチャーター会社への売却が増えており、たとえばアトラスエアではこれらの中古旅客機を購入して貨物機へ改造することも積極的に進められている。しかしながら、このような中古機は老朽化が進み、耐空時間の面でも余裕が少ないという見方も強いことから、残された寿命もそれほど長くはないとも言われている。ただ、タイのオリエント・タイ航空やプーケット航空などの新興航空会社が、このような中古の747-200Bを積極的に導入しているほか、ヨーロッパ、米国などへのチャーター便を運航する航空会社も導入しているため、今後しばらくは安泰とする見方もある。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たプラット・アンド・ホイットニーJT9D

    ヨーロッパなどの-200Bユーザは個性豊かで、航空会社によってエンジンメーカーも異なっていた。エールフランス、ルフトハンザ航空、KLMオランダ航空、アリタリア航空はGE(ゼネラル・エレクトリック)製CF6-50E2を、英国海外航空(後のブリティッシュ・エアウェイズ)はRR(ロールス・ロイス)製RB211-524D4、エア・インディア、イベリア航空、アルゼンチン航空、南アフリカ航空はP&W(プラット・アンド・ホイットニー)製JT9D-7Qを装備した。サウジアラビア航空もRB211-524D4を選択したが、-400以降はCF6-80C2B1Fを選択した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たスカンジナビア航空

    スカンジナビア航空(-200BをDC-10-30へ置き換えた)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアビアンカ航空

    アビアンカ航空(-200をボーイング767-300ERへ置き換えた)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たイースタン航空

    特にデルタ航空の場合は短中距離国内線のアトランタ-ダラス-ロサンゼルス線に運用を限定していたため本領発揮にはほど遠く、そのため、新機材の選択をより慎重を要してロッキード L-1011 トライスターが選ばれた。またイースタン航空は、一時パンアメリカン航空からリースして国内線に使用していたものの、輸送力過剰だったため自社がローンチカスタマーとなったロッキード L-1011 トライスターを受領すると返却している。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たプラット・アンド・ホイットニー

    ヨーロッパなどの-200Bユーザは個性豊かで、航空会社によってエンジンメーカーも異なっていた。エールフランス、ルフトハンザ航空、KLMオランダ航空、アリタリア航空はGE(ゼネラル・エレクトリック)製CF6-50E2を、英国海外航空(後のブリティッシュ・エアウェイズ)はRR(ロールス・ロイス)製RB211-524D4、エア・インディア、イベリア航空、アルゼンチン航空、南アフリカ航空はP&W(プラット・アンド・ホイットニー)製JT9D-7Qを装備した。サウジアラビア航空もRB211-524D4を選択したが、-400以降はCF6-80C2B1Fを選択した。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た燃費

    長期にわたって、キャパシティ、航続距離で他の追随を許さなかったが、1990年代あたりから技術革新による高性能な新型機体が登場したことにより、キャパシティの面ではボーイング777-300やエアバスA340-600にほぼ並ばれて、航続距離ではボーイング777-200LRやエアバスA340-500などに抜かれている。さらに、2005年1月、エアバスA380がロールアウトしたことにより、唯一世界一を保っていたキャパシティでも追い抜かれた。また、形状やエンジンの問題により、747-100/200/300、そして-400も、エアバスA340やA380、ボーイング777と比べると燃費の面ではかなり劣っている。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

259件中 51 - 60件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード