294件中 61 - 70件表示
  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアメリカ同時多発テロ事件

    タワーエア(アメリカ同時多発テロ事件の影響などで運航停止)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た格安航空会社

    アメリカン航空の場合は、大西洋路線へ進出を図りDC-10-30とともに活躍をしたものの、結局は輸送力過剰であった事から1980年代初頭には全機が売却された。日本線乗入れに際しては1987年に後述の747SPを中古で購入し、成田-ダラス・フォートワース線に就航させたものの、燃費が悪いことや機内装備の旧退化から1990年代半ばにはMD-11へ切り替えた。またコンチネンタル航空については吸収した格安航空会社・ピープル・エクスプレスが保有していた747をそのまま獲得し国際線機材として復活させ、ホノルルからの成田路線にも就航させていたが、777-224ERの導入などで全機が売却された。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た東シナ海

    -200B型 2002年 チャイナエアライン611便 東シナ海上空 機体老朽化による金属疲労が原因の空中分解(チャイナエアライン611便空中分解事故)。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た日本赤軍

    JA8109 :1973年に発生した日本赤軍らによるドバイ日航機ハイジャック事件において、JAL機で唯一テロリストに爆破され、活躍が1年弱と短命だった機体。同機の尾翼は比較的状態が良かったため、KLMオランダ航空に売却された。しかし、その機体は4年後のテネリフェ空港ジャンボ機衝突事故でうしなわれた。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たナイロビ

    -100型 1974年 ルフトハンザ航空540便、ナイロビで離陸直後に墜落(ルフトハンザドイツ航空540便墜落事故)。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た巡航ミサイル

    ジャイロにより空間に対する移動方向を求め、加速度を検出し積分することで自機の位置を算出し、目的地まで飛行するための装置。当時、すでに戦略(巡航)ミサイルの誘導に使われていた技術であったが、民間での使用は初めてだった。747は高価な機体だったため、航法装置にコストを掛けても全体のコストへの影響は少ないとして搭載された。万が一の故障に備え、同時に3基のコンピュータに同じ航法計算をさせそれぞれの算出結果を比較し、多数決によって判定するシステムを採用した。ある1基が他と異なる結果を出しつづけた場合は、故障とみなされ多数決から除外される。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアムステルダム

    -258F型 1992年 エル・アル航空1862便(貨物便) アムステルダムで金属疲労によりエンジン脱落。隣のエンジンに接触してそれも脱落しアパートに激突(エル・アル航空1862便墜落事故)。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たワシントン州

    Museum of Flight(英語) - ワシントン州シアトル。747-100生産第一号機「シティ・オブ・エバレット」(N7470)を保存。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た横田基地

    一方アメリカではパンアメリカン航空、ノースウエスト航空、フライング・タイガー・ライン(1989年、フェデックスに買収された)がこれを採用してきた。現在ではノースウエスト航空、アトラス航空、ポーラーエアカーゴ、UPS、カリッタ・エアが純貨物機または貨物改造機を飛ばしている。日本では、かつてフライング・タイガーが成田、伊丹の他アメリカ軍横田基地などといったアメリカ軍関連輸送にも従事していたことも有名であった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た最大離陸重量

    長くとも3時間程度の日本国内路線専用機材のため、ギャレーや便所などの装備の簡略化と数の削減が行われた上に、座席間隔を詰めており、座席をぎりぎりまで詰め込むことにより、全日本空輸によって、導入当時は民間航空史上最多そして世界初の500席仕様が提供された。また、離着陸回数が増大するのに耐えるため機体構造の一部を強化し、疲労破壊に備えて-200型と同様の降着装置への変更や、ブレーキの改良などを行った。最大離陸重量(主に燃料搭載量)を引き下げ、着陸料を低額に抑えている。全日本空輸が導入の際、-200B型では搭載エンジンが選択可能となっており、CF6-50の推力を落とした-45を選択している。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

294件中 61 - 70件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード