259件中 71 - 80件表示
  • ボーイング747

    ボーイング747から見た格安航空会社

    アメリカン航空の場合には、大西洋路線へ進出を図りDC-10-30とともに活躍をしたものの、結局は輸送力過剰であることから1970年代末には退役した。日本線乗入れに際しては1987年に後述の747SPを中古で購入し、成田-ダラス・フォートワース線に就航させたものの、燃費が悪いことや機内装備の旧退化から1990年代半ばにはMD-11へ切り替えた。またコンチネンタル航空については吸収した格安航空会社・ピープル・エクスプレスが保有していた747をそのまま獲得し国際線機材として復活させ、ホノルルからの成田路線にも就航させていたが、777-224ERの導入などで全機が売却された。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たフォーミュラ1

    VH-OJC :2000年のF1オーストラリアグランプリ開催記念塗装。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たラーマ9世

    HS-TGD :タイ国王ラーマ9世の王位75周年を記念した「ロイヤルバージ」。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たテネリフェ島

    KLMは-206B型 パンナムは-121型 1977年 KLM4805便とパンナム1736便 カナリア諸島テネリフェ島のロスロデオス空港で747同士が地上衝突(テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故)。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た日本赤軍

    JA8109 :1973年に発生した日本赤軍らによるドバイ日航機ハイジャック事件において、JAL機で唯一テロリストに爆破され、活躍が1年弱と短命だった機体。同機の尾翼は比較的状態が良かったため、KLMオランダ航空に売却された。しかし、その機体は4年後のテネリフェ空港ジャンボ機衝突事故の事故機となった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たビジネスクラス

    元来貨物機を念頭に、操縦席を上部デッキに配置する形で設計されたこともあり、ジェット旅客機としては初の2階建て客室を持つ機体となった。当初2階はファーストクラス乗客用のラウンジとして設定する航空会社が多かった(日本航空は1970年代に、「スカイスリーパー」と銘打った完全なベッドにもなるファーストクラス座席を長距離国際線で設定していた)が、その後殆どの航空会社が客席とギャレーとして使用することとなった。現在はエコノミークラスでは横6席、ビジネスクラスでは横4席で使用されることが多い。階段は初期の機体は螺旋式階段であったが、後に直線(下部で曲がる)式階段に改められている。-300/-400型では2階客室部分が延長されたことから、階段の位置が少し後ろに移動した上に完全な直線階段となっている。また、階段上部に可動式のパーティーションが設けられている。2階の客室の収納はメインデッキと比べて天井が低くなるため、初期の機体は窓側座席横にのみ設置されていた。その後-300/-400型では初期の機体と比べて天井に余裕が出来たため、窓側座席横とオーバーストウェッジの二箇所に収納が確保されている。また、一部の航空会社では地下の貨物室部分に調理場を設けて3階建てとしているほか、多くの政府専用機が機体前部の貨物室部分から機体へ乗り降りが出来るように機体収納式のタラップを付けるなどの改造をしている。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たパンアメリカン航空103便爆破事件

    -100型 1988年 パンアメリカン航空 103便 通称「ロッカビー事件」 スコットランドでリビア政府関与の元で爆破された(パンアメリカン航空103便爆破事件)。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たボーイング777

    長期にわたって、キャパシティ、航続距離で他の追随を許さなかったが、1990年代あたりから技術革新による高性能な新型機体が登場したことにより、キャパシティの面ではボーイング777-300やエアバスA340-600にほぼ並ばれて、航続距離ではボーイング777-200LRやエアバスA340-500などに抜かれている。さらに、2005年1月、エアバスA380がロールアウトしたことにより、唯一世界一を保っていたキャパシティでも追い抜かれた。また、形状やエンジンの問題により、747-100/200/300、そして-400も、エアバスA340やA380、ボーイング777と比べると燃費の面ではかなり劣っている。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たイラク航空

    イラク航空(湾岸戦争以後バグダード国際空港で地上保管されているが、そのまま用途廃棄になる予定である)ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たサベナ・ベルギー航空

    1982年に初号機がロールアウトした後に、スイス航空(現・スイスインターナショナルエアラインズ。ルフトハンザ・ドイツ航空が買収)へ納入された。後にシンガポール航空(「BIGTOP」の愛称が付いたが全機売却済み)、UTA(UTA、現エールフランス)、日本航空、南アフリカ航空、キャセイパシフィック航空、ヴァリグ・ブラジル航空、マレーシア航空、サベナ・ベルギー航空(2001年に倒産)等へ納入された。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

259件中 71 - 80件表示