294件中 71 - 80件表示
  • ボーイング747

    ボーイング747から見たビジネスクラス

    元来貨物機を念頭に、操縦席を上部デッキに配置する形で設計されたこともあり、ジェット旅客機としては初の2階建て客室を持つ機体となった。当初2階はファーストクラス乗客用のラウンジとして設定する航空会社が多かった。例えば日本航空は1978年に、ラウンジを改装して「スカイスリーパー」と銘打った完全なベッドになる席を長距離国際線で提供開始した。ただしファーストクラス運賃に加え追加料金が必要だったため利用が低迷し数年後に廃止された。その後ほとんどの航空会社が客席とギャレーとして使用することとなった。現在は、エコノミークラスでは横6席、ビジネスクラスでは横4席で使用されることが多い。階段は初期の機体は螺旋式階段であったが、後に下部が曲がっているものの概ね直線状階段に改められている。-300/-400型では2階客室部分が延長されたことから、位置を少し後ろに移動させたうえで完全な直線階段となっている。また、階段上部に可動式のパーティションが設けられている。メインデッキと比べて天井が低くなるため、2階客席の収納は、初期型の機体は窓側座席横にのみ確保されていた。その後-300/-400型では初期の機体と比べて天井に余裕が出来たため、窓側座席横とオーバーストウェッジの2箇所に収納が確保されている。また、一部の航空会社では地下の貨物室部分に調理場を設けて3階建てとしているほか、多くの政府専用機が機体前部の貨物室部分から機体へ乗り降りが出来るように機体収納式のタラップ(エアステア)を付けるなどの改造をしている。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たパンアメリカン航空103便爆破事件

    -100型 1988年 パンアメリカン航空 103便 通称「ロッカビー事件」 スコットランドでリビア政府関与の元で爆破された(パンアメリカン航空103便爆破事件)。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た便所

    SR-100が国際線に投入されたケースもあり、日本航空では大阪国際空港(伊丹空港)の大阪-グアム線に間合い運用として使われていた。本来国内線用の機材のため、便所やギャレーが少ないことと、フライトタイムが2時間半程度と短くしかも深夜帯のためにアルコール類の提供サービスが行われなかった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たパリ

    ル・ブルジェ航空宇宙博物館 - フランス・パリ。747-100を保存。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た世界

    なお日本航空所属の機体番号JA8119は、日本航空115便しりもち事故後に、ボーイングによる後部圧力隔壁の修理ミスが原因で、1985年(昭和60年)8月12日に、単独機としては航空機事故で世界最悪の死亡者数である「日本航空123便墜落事故」を起こしている。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た鹿児島空港

    日本航空では-400D型の導入が開始された1990年代に全機材が引退。また全日本空輸も2006年3月10日の鹿児島発羽田行NH624便をもって(機体番号JA8157)が引退。日本の定期便からSR-100型は消えた。なお、元日本航空機の1機(機体記号N911A)は、NASAのスペースシャトル輸送専用機として運用されていた。これは、元アメリカン航空の747-100改造機に次ぐ2機目の機材であった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たテネリフェ島

    KLMは-206B型 パンナムは-121型 1977年 KLM4805便とパンナム1736便 カナリア諸島テネリフェ島のテネリフェ空港で747同士が地上衝突(テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故)。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たボーイング777

    長期にわたって、キャパシティ、航続距離で他の追随を許さなかったが、1990年代から技術革新による高性能な新型機体が登場したことにより、キャパシティの面ではボーイング777-300やエアバスA340-600にほぼ並ばれて、航続距離ではボーイング777-200LRやエアバスA340-500などに抜かれている。さらに、2005年1月、エアバスA380がロールアウトしたことにより、唯一世界一を保っていたキャパシティでも追い抜かれた。また、形状やエンジンの問題により、747-100/200/300、そして-400も、エアバスA330やA380、ボーイング777、787と比べると燃費の面ではかなり劣る。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たスコットランド

    -100型 1988年 パンアメリカン航空 103便 通称「ロッカビー事件」 スコットランドでリビア政府関与の元で爆破された(パンアメリカン航空103便爆破事件)。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見た海外旅行

    ボーイング747()は、アメリカのボーイング社が開発・製造する大型旅客機のシリーズ。ジャンボジェット(Jumbo Jet)の愛称で知られる。世界初のワイドボディ機であり、大量輸送によってそれまで一般庶民にとって高嶺の花であった航空旅行、特に国外旅行の大衆化を可能にした画期的な機体であった。基本設計から半世紀が経過した現在においてもなお大型民間航空機の一角を占めており、最新型として747-8型が生産されている。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

294件中 71 - 80件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード