前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • リー・バウリー

    リー・バウリーから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    彼の影響は、ファッション、クラブおよびアートの世界を通じて、なかんずく、ミーダム・カーチョフ(Meadham Kirchhoff)、アレキサンダー・マックイーン、ルシアン・フロイド、ヴィヴィアン・ウエストウッド、ボーイ・ジョージ、アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ、レディー・ガガ、ジョン・ガリアーノ、シザー・シスターズ、デビッド・ラシャペル、レディー・バニー(Lady Bunny)に加えるに、彼のアヴァン・ギャルドな思想を論証上、実践したロンドンおよびニュー・ヨークのニューレイヴバンドおよびナイトクラブに強い衝撃を与えた。リー・バウリー フレッシュアイペディアより)

  • アイ・ラブ・ユー・ベイビー

    アイ・ラブ・ユー・ベイビーから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    『アイ・ラブ・ユー・ベイビー』 ( 英: I Love You Baby )は、2001年に製作されたスペインの映画。ボーイ・ジョージがゲスト出演として登場している。アイ・ラブ・ユー・ベイビー フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ

    ジョージから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    ボーイ・ジョージ - ミュージシャンジョージ フレッシュアイペディアより)

  • ウィ・ウィル・ロック・ユー (ミュージカル)

    ウィ・ウィル・ロック・ユー (ミュージカル)から見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    他のボヘミアン - 上演地域や時期によって名が変わる。これまで使用された名称を以下に示す。ポール・マッカートニー、ブルース・スプリングスティーン、ロビー・ウィリアムズ、ビヨンセ、マドンナ、エイミー・ワインハウス、ボブとはたらくブーブーズ、ボーイ・ジョージ、クリフ・リチャード、スパイス・ガールズ、エルトン・ジョン、ジャクソン・ファイブ、プリンス、バートン・カミングス、ジョン・ファーナム、シャーロット・チャーチ、クレイジー・フロッグ、エディ・コクラン、アヴリル・ラヴィーン、シャナイア・トウェイン、リリー・アレン、ケリー・オズボーン、クレイ・エイケン、チーキー・ガールズ、カート・コベイン、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、ゲイリー・バーロウ、レディ・ガガ、ジャスティン・ビーバー、フランキー・ヴァリ。ウィ・ウィル・ロック・ユー (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • マット・ビアンコ

    マット・ビアンコから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    1980年代前半に、ファンクとラテン音楽をミックスしたロック・ポップスである、ファンカラティーナというジャンルを確立したブルー・ロンド・ア・ラ・ターク(以下「ブルー・ロンド」称)というバンドがあった。ファンカラティーナは、キッドクレオール&ココナッツやヘアカット100、そしてボーイ・ジョージがいたカルチャー・クラブなどにより全盛となった。マット・ビアンコ フレッシュアイペディアより)

  • モダン・ロマンス

    モダン・ロマンスから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    2001年、アンディ・キリアコ (Andy Kyriacou) が、新たなメンバーでモダン・ロマンスを再結成し、拡大の兆しを見せていたイギリスにおける1980年代音楽リバイバルのシーンに参入した。この新たなメンバーには、オリジナル編成のメンバーはひとりもいなかった。キリアコ自身も、1985年のバンドの解散まで長くドラマーを務めたとはいえ、最初にモダン・ロマンスに参加したのは「Ay Ay Ay Ay Moosey」以降であった。2002年、新編成のモダン・ロマンスは、かつてのモダン・ロマンスのヒット曲の再録音が大部分を占めるアルバム『Back on Track』をリリースした。このアルバムは、後に、若干の曲の入れ替えなどを行なった上で『Moves 2 Fast』と改題して再発された。新編成のモダン・ロマンスは、その後も、1980年代音楽のイベントなどで演奏を続けており、2010年にヘンリー=オン=テムズ (Henley-on-Thames) で開催されたリワインド・フェスティヴァル (Rewind Festival) ではオープニングを飾ったが、このフェスティヴァルにはほかにも ボーイ・ジョージ、リック・アストリー、レベル42、トゥ・パウ (T'Pau)、カジャグーグー、ヘヴン17らが参加した。新編成のモダン・ロマンスは、公式ウェブサイトで、新たなアルバムを制作中であると2010年から2011年に告知していたが、具体的に発表された作品は現れなかった。モダン・ロマンス フレッシュアイペディアより)

  • カーマは気まぐれ

    カーマは気まぐれから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    川辺のカラフルな衣装を着た人々の中に赤・金・緑の衣装をまとったダンサー達。ボーイ・ジョージはさらにカラフルで派手な衣装を着て歌っている。人々の間をスリがうろつき、仕事をする。到着した船「カメレオン号」に人々は乗船する。船内ではトランプが始まるが、窓の外でボーイ・ジョージはまだ歌っている。スリは捕まり、舷側の板から落とされる。カーマは気まぐれ フレッシュアイペディアより)

  • 純 (焼酎)

    純 (焼酎)から見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    特にCMはデヴィッド・ボウイやシーナ・イーストン、ジョン・トラボルタ、ボーイ・ジョージ、グレゴリー・ハインズ、ネルソンといったアーティストが、「東洋の美酒と出会う」というイメージで企画され、当時のMTVを中心に活躍していたコトも相まって、数々のアーティストがこの「純」のCMに出演している(後述の「純レジェンド」のCMにはマドンナも出演している)。そして今度はチューハイブームに火がつくと、宝酒造は1984年に250ml缶入りの「タカラcanチューハイ」を発売、続けてこれもヒット商品となる。同時に宝酒造は焼酎のシェアで首位に立つことになった(現在までそのシェアにおける首位の座をキープし続けている)。純 (焼酎) フレッシュアイペディアより)

  • Cafe mocha 〜うたの木〜

    Cafe mocha 〜うたの木〜から見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    作詞・作曲:George O'Dowd/Jon Moss/Micheal Craig/Roy Hay、編曲:金子隆博Cafe mocha 〜うたの木〜 フレッシュアイペディアより)

  • ミニストリー・オブ・サウンド

    ミニストリー・オブ・サウンドから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    ミニストリー・オブ・サウンドは、国際的なレコードレーベルの世界的ネットワークを有しており、オーストラリア、ドイツ、アメリカ合衆国にも拠点を設けている。レコードレーベルとしての出発は、1995年に、ボーイ・ジョージやピート・トング(Pete Tong)ら英国のDJたちがミックスした様々なダンス音楽を集めたCD『The Annual』(「年鑑」の意)のリリースであった。このCDは16万枚以上の売上となり、その後、世界規模のレーベルへと成長していく道を切り開き、今日までにアルバムやシングルを通算すると5000万枚のダンス音楽や、各種の賞を授けられたエリック・プライズやベニー・ベナッシ(Benny Benassi)などのミュージック・ビデオを世に送り出した。現在では、毎年400万枚以上が売り上げられている。ミニストリー・オブ・サウンドは、現在も独立レーベルであり、コンピレーションのブランドとなっている『The Annual』、『Clubber's Guide』、『Anthems』のシリーズを出し続けている。2006年1月には、ガーディアン・メディア・グループからHed Kandiレーベルを買収し、このレーベルの存続を図っている。ミニストリー・オブ・サウンド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「ボーイ・ジョージ」のニューストピックワード