41件中 31 - 40件表示
  • イズリントン区

    イズリントン区から見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    ボーイ・ジョージ - 男娼を監禁した罪で2009年に収容イズリントン区 フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・ギブ

    ロビン・ギブから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    2005年1月、ロビンは兄バリーやその他のアーティストと共に「One World Project」という名のプロジェクトに参加した。このプロジェクトはアジアの津波被害を救済するための慈善シングル「Grief Never Grows Old」をリリースした。なお、このプロジェクトにはボーイ・ジョージ、スティーヴ・ウィンウッド、ジョン・アンダーソン、リック・ウェイクマン、クリフ・リチャード、ビル・ワイマン、アメリカ、ケニー・ジョーンズ、シカゴ、ブライアン・ウィルソン(ビーチ・ボーイズ)、ラッセル・ワトソンとデイヴィ・スピラーンが参加した。ロビン・ギブ フレッシュアイペディアより)

  • ホワイト・クリスマス (曲)

    ホワイト・クリスマス (曲)から見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    ボーイ・ジョージは、2009年に、この歌をカバーして、デジタル・ダウンロードのフォーマットでリリースした。ホワイト・クリスマス (曲) フレッシュアイペディアより)

  • GUYS

    GUYSから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    1996年に発売された『one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA』では、ボーイ・ジョージ(Boy George)が「Dream」というタイトルでカバーしている。GUYS フレッシュアイペディアより)

  • カルチャー・クラブ

    カルチャー・クラブから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    バンドの中心人物は奇抜な女装(ゲイファッション)とソウルフルな歌声で世間を釘付けにしたボーイ・ジョージである。ビジュアル面で注目されることが多かったバンドであるが、ソウルミュージック、特にモータウンの影響を受けた楽曲の秀逸さでも評価される。また「カーマは気まぐれ」などのストーリー性のあるPVも当時話題を呼んだ。カルチャー・クラブ フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    ペンネームの「リリー」の由来は、大学時代の友人とあまりに仲が良く、周りの友人がこの2人に対し、「薔薇と百合(ローズ&リリー)みたい」と名付けた事から。また、カルチャー・クラブのボーイ・ジョージが好きだった事から、自身も「男だか女だか判らない、日本人だか外国人だか判らない謎めいた名前にしたい」との理由で、「フランキー」を後に付けた。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • IZAM

    IZAMから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    学生時代にカルチャー・クラブのボーイ・ジョージに影響を受けたルックスでインディーズ時代から強い支持を得、1997年にシングル『Melty Love』でメジャーデビュー。同年、一風堂の『すみれ September Love』をカバーし大ヒットを記録。SHAZNA全盛期のスタイルはボーイ・ジョージの影響が大きいと語っており、この際の服装を今でも「女みたいな服装」といじられネタにされる事が多い。なお、女装しなくても素顔自体が中性的な顔立ちで、これを維持するために「女性ホルモンを入れている」とテレビ番組で告白したと雑誌が報じたが、本人自身が事実無根であると否定した。彫りの深い顔立ちで一見ハーフのように見えるが生粋の日本人である。IZAM フレッシュアイペディアより)

  • ダンス・ダンス・ダンス

    ダンス・ダンス・ダンスから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    英訳版『Dance Dance Dance』は、未成年の飲酒・喫煙のシーンや、文化的に英語圏の人間にはわかりづらい箇所、ボーイ・ジョージに関する描写などが諸々の理由からカットされている。ダンス・ダンス・ダンス フレッシュアイペディアより)

  • ペット・ショップ・ボーイズ

    ペット・ショップ・ボーイズから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    ボーイ・ジョージ - The Crying Game(映画クライング・ゲーム主題歌)ペット・ショップ・ボーイズ フレッシュアイペディアより)

  • SHAZNA

    SHAZNAから見たボーイ・ジョージボーイ・ジョージ

    ヴォーカル・IZAMが学生時代にカルチャー・クラブのボーイ・ジョージから影響を受けた中性的なルックスと、1980年代のヒット・チャートを思わせる軽快な楽曲でインディーズながら爆発的な人気を博した。のちにSHAZNAの代表曲となる「Melty Love」を収録した自主製作のミニアルバム『Melty Case』は、3000枚を完売した。SHAZNA フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示