530件中 101 - 110件表示
  • たのしい甲子園

    たのしい甲子園から見たポケットモンスターポケットモンスター

    本編の主人公、そして瓦工野球部主将。にもかかわらず、下の名前が最後まで明らかにされず、いかなる時でも野球帽を脱がなかった。絶対的なカリスマ性を誇り、野球部が甲子園を目指すのも太田がいるから。しかし、太田がなぜ甲子園を目指すのかは謎。打撃力と戦闘力において圧倒的な反面、守備には作中一度しかつかず、監督兼代打要員のようなポジションとなっている。武士を思わせる雰囲気を持ち、自信過剰。加えて口調も威厳に満ちた独特のものである。弱者に対しては厳しくも成長を促しつつ、温かく見守る心の持ち主。また茶華道を嗜み、校内に花壇、部室に主将の間茶室を構える一面を持つ。その一方でありえない勘違いをしたり、対戦相手の変化になかなか気づかない程の天然ボケ。加えてポケモンに熱中したり、馬鹿と言われて怒り出すなどやや子供っぽい。ピッチングマシンを試合で使おうとしたり、フォークボールのことを知らなかったりするなど、野球の知識もあまりない。瓦工の制服はいわゆる学ランであるが太田は白い「白ラン」を着用している。愛車はパッソルにスズキ・ガンマ(第1話のみバルカン1500)のエンジンを積んだ「パッソル改」。たのしい甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘美少女

    戦闘美少女から見たポケットモンスターポケットモンスター

    本田透は、男性向け作品における戦闘美少女の隆盛は、主人公が敵対者と直接戦闘を行わない「代行バトル」の発展とつながっていると述べた。本田によれば、超能力者自身ではなく外部に発現した分身が力を行使する『ジョジョの奇妙な冒険』のスタンドや、使役するモンスター同士を対戦させるコンピュータゲーム『ポケットモンスター』の誕生は、1980年代末期に「主人公が超人となる」創作表現が限界に達したことの延長線上にある。「主人公が超越的な力を得て障害となるものと戦う」という設定から現実味が薄れ、「いつまでも自分は無力なまま、超人になれない」という自覚が作り手や受け手に生じてきたから、代行バトル方式が形成された。そして同じ理由から「恋愛対象が、男性主人公の代わりに戦う超人をも兼ねる」という戦闘美少女の作品形式が広まったのだという。戦闘美少女 フレッシュアイペディアより)

  • ぷっちぬき

    ぷっちぬきから見たポケットモンスターポケットモンスター

    ポケモン同好会 - タカアンドトシ - (7月10日 - 12日、14日)ぷっちぬき フレッシュアイペディアより)

  • ブロック・パーティ

    ブロック・パーティから見たポケットモンスターポケットモンスター

    ラッセル・リサック (Russell Lissack、1981年3月11日 - ) - ギター担当。特徴的な左右非対称の髪型をしており、Blocstyleと呼ばれている。有名になる前に、雑誌『メンズノンノ』のヘアースタイルのスナップで登場したことがある。アニメ好きでギターにはミッキーのシールが張られており、またポケモンもお気に入りのようでアンプの横にはピカチュウのぬいぐるみが置かれている。1日に100通以上打つ大のメール好きで、返信が異常に早いとのこと。ベジタリアンでもある。2010年のフジロックにアッシュのギタリストとして参加した。808ステイトの大ファンである。ブロック・パーティ フレッシュアイペディアより)

  • チンポコモン

    チンポコモンから見たポケットモンスターポケットモンスター

    アメリカにおけるポケットモンスターのブームに対するパロディとなっている。チンポコモン フレッシュアイペディアより)

  • 64マリオスタジアム

    64マリオスタジアムから見たポケットモンスターポケットモンスター

    それまで同木曜18:30枠で放送されていた『スーパーマリオスタジアム』のリニューアル版で、スポンサーの任天堂がNINTENDO64を発売したのを機に改題リニューアルした。この番組が実施していた『ポケットモンスター』関連の企画は、2004年放送開始の『ポケモン☆サンデー』へと引き継がれた。64マリオスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ポケモンワンダーランド

    ポケモンワンダーランドから見たポケットモンスターポケットモンスター

    『ポケモンワンダーランド』は、小学館が発刊しているポケットモンスター関連の不定期雑誌である。通称ポケワン。1997年創刊。価格は『ポケモンワンダーランド』は525円、『ポケモンワンダーランド2』は546円、2004 - vol.9は550円、vol.10以降は580円である。ポケモンワンダーランド フレッシュアイペディアより)

  • ピカチュウげんきでちゅう

    ピカチュウげんきでちゅうから見たポケットモンスターポケットモンスター

    ポケットモンスター』の人気キャラクターであるピカチュウと友達になって交流することが目的。タイトルの「げんきでちゅう」は「元気です」をかけている。ピカチュウげんきでちゅう フレッシュアイペディアより)

  • ポケモンえほん

    ポケモンえほんから見たポケットモンスターポケットモンスター

    ポケモンえほんは、小学館から発行された、ポケットモンスターを題材とした絵本シリーズ。ポケモンえほん フレッシュアイペディアより)

  • スーパーフラット

    スーパーフラットから見たポケットモンスターポケットモンスター

    2002年6月、カルティエ・ファウンデーション(パリ)における村上隆の大規模展「Kawaii Summer Vacation かわいい夏休み」の二本立ての展示構成のうち地下階で開催されたグループ展。地上階で開催された村上隆の新作を含む個展「Kaikai Kiki」の併催展示として村上隆自身によってキュレーションされたこのグループ展は、村上隆の作品の背景にある現代日本文化をフランス向けに紹介することをコンセプトにしたもので、青島千穂、グルーヴィジョンズなど日米での「SUPER FLAT展」のアーティストの一部に、会田誠、加藤美佳、佐藤玲など新たなアーティストを加えたほか、「きいちのぬりえ」で知られる蔦屋喜一から、ポケットモンスター、デ・ジ・キャラット、デジモン、たれぱんだなどのキャラクター商品、海洋堂のフィギュア、NIGOによる迷彩柄のインスタレーション、篠山紀信による雑誌『少年マガジン』と『GORO』の表紙、テレビ番組「風雲!たけし城」といった商業コンテンツを数多く展示し、敗戦後アメリカ合衆国によって引かれたアウトラインに沿って完成された現代日本文化を、子どものぬりえ遊びになぞらえて紹介した。この展覧会をもってスーパーフラットに関する展覧会は一応の完成形を見せ、村上隆による戦後日本文化に対する批評はさらに2005年ニューヨークのジャパン・ソサエティーで開催された「リトルボーイ展」へと発展的に継承されていく。スーパーフラット フレッシュアイペディアより)

530件中 101 - 110件表示

「ポケットモンスター」のニューストピックワード