42件中 21 - 30件表示
  • 韓国リーグカップ

    韓国リーグカップから見たポスコポスコ

    1992年にアディダスの協賛を受けてアディダスカップ()としてスタートした。1997年から2000年にかけては、アディダスカップの他にさらにもうひとつリーグカップ戦が開催されていた。2004年から2008年まではサムスン電子の白物家電ブランド「ハウゼン」の名前を冠していた。2009年はスポンサー探しが難航し、最終的に韓国プロサッカー連盟会長郭錠煥が委員長を務めるピースカップ組織委員会が協賛についた。2010年シーズンはポスコの協賛を受けて「ポスコカップ」()が公式な大会名となっていた。2011年大会は消費者金融を営むA&Pフィナンシャルがタイトルスポンサーとなり、「ラッシュ&キャッシュカップ」として行なわれた。韓国リーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • タタ・スチール

    タタ・スチールから見たポスコポスコ

    2002年に自動車用鋼板製造に関する技術提携を結んだほか、2007年には合弁企業を設立し、自動車用鋼板の製造を行う話し合いが進められている(ただし、タタを含む他の鉄鋼メーカーからの買収には否定的で、ポスコや住友金属と資本提携を進めている)。タタ・スチール フレッシュアイペディアより)

  • 大宇造船海洋

    大宇造船海洋から見たポスコポスコ

    2008年10月から売却入札が実施され、買収合戦ではポスコ=GSホールディングス、現代重工業、ハンファの三つ巴であったが、GSホールディングスがコンソーシアムを離脱したために決裂しポスコは入札資格を失う。結局は火薬メーカーであるハンファが優先交渉者に選定されるも、ハンファの資金調達の低迷と韓国産業銀行との意見の相違により、最終的に2009年1月22日に交渉は決裂した。韓国産業銀行はこれに応じて分割売却も検討していることを明らかにした。大宇造船海洋 フレッシュアイペディアより)

  • 大宇インターナショナル

    大宇インターナショナルから見たポスコポスコ

    2010年10月ポスコグループに編入された。大宇インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 韓国のIMF救済

    韓国のIMF救済から見たPOSCOポスコ

    1998年7月1日、政府は公的企業の民営化案を発表し、9の公的企業が民営化された。KTBネットワーク、浦項総合製鉄(現在のPOSCO)、斗山重工業(韓国重工業を斗山グループが買収)、KT、KT&Gなどが民営化された。韓国のIMF救済 フレッシュアイペディアより)

  • 日本磁力選鉱

    日本磁力選鉱から見たポスコポスコ

    1980年 韓国ポスコと技術協力契約締結。日本磁力選鉱 フレッシュアイペディアより)

  • 光陽市

    光陽市から見たポスコポスコ

    光陽市(クァンヤンし)は大韓民国全羅南道の東部にある市。慶尚南道と接している。光陽湾に面した港湾工業都市で、ポスコ光陽製鉄所がある。光陽湾には蟾津江(ソムジンガン)が流入している。サッカー・Kリーグの全南ドラゴンズの本拠地でもある。市のスローガンは「Sunshine GWANGYANG」。光陽市 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年世界陸上競技選手権大会

    2011年世界陸上競技選手権大会から見たポスコポスコ

    TDK、トヨタ、アディダス、サムスン、セイコー、Sinopec、VTB、ポスコがIAAFのオフィシャルパートナーを務める。大会では個人およびリレー種目は8位までの選手(入賞者)およびチームに対してそれぞれ賞金が贈られる。マラソンはワールドカップを同時開催して国別の団体成績を競っており、個人分に加え6位までの団体に対して賞金が贈られる。賞金総額は7,336,000USドル。また男子はTDK、女子はトヨタから各種目の世界新記録を樹立した選手に対して100,000USドルの賞金が贈られた。IAAFより発表された各種目の賞金額は以下を参照。2011年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 安哲秀

    安哲秀から見たポスコポスコ

    1997年にペンシルベニア大学にてMSE、2008年に同大学ウォートン・スクールにてMBAを取得。2005年にポスコの社外取締役、2010年に取締役会議長となる。安哲秀 フレッシュアイペディアより)

  • 新日鐵住金

    新日鐵住金から見たポスコポスコ

    合併の背景には、日本国内での重複部門の統廃合によるコスト削減や、経営資源を集中させて莫大な費用を要する高炉建設を迅速に進める体制整備、また、鉄鋼需要が急拡大する新興国などを視野に、海外展開における課題(輸送コストや円高による価格競争力の低下)があり、規模拡大にる競争力の強化が不可避と判断されたものと見られる。粗鋼生産量ベースで世界4位の新日本製鉄と同19位の住友金属工業との合算は3,750万トンとなり、世界2位の宝鋼集団(3,130万トン)と3位ポスコ(3,110万トン)を上回り、首位を独走するアルセロール・ミッタル(7,750万トン)を追いかける筆頭となった(生産量の数値は2009年実績、世界鉄鋼協会調べ)。新日鐵住金 フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示

「ポスコ」のニューストピックワード