42件中 31 - 40件表示
  • 民営化

    民営化から見たポスコポスコ

    2000年、韓国産業銀行が所有していた株式を全株売却。民営化。2002年にポスコに社名変更。民営化 フレッシュアイペディアより)

  • 江南 (ソウル特別市)

    江南 (ソウル特別市)から見たポスコポスコ

    File:Poscotower07.jpg|ポスコ本社江南 (ソウル特別市) フレッシュアイペディアより)

  • 浦項スティーラース

    浦項スティーラースから見たポスコポスコ

    ポスコ(旧・浦項総合製鉄)サッカー部を母体に1973年に設立された。浦項スティールヤード(旧・浦項専用球技場)をホームスタジアムとしている。ユニフォームは赤と黒。浦項スティーラース フレッシュアイペディアより)

  • 日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法

    日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法から見たポスコポスコ

    1960年代の国交正常化交渉のさなかから韓国政府が日本に対して不当に譲歩しているととらえた層が広範に存在し、請求権相互放棄は国辱と映った。最近では1990年代にいくつかの戦後補償問題が日本において国民的論題となったことを受けてそれらが韓国民の関心事にもなった際も、韓国政府による補償問題についての糾明が日本に対しても自国(韓国歴代政府)に対しても足りないと見られており、補償問題に関して韓国政府が長らく意図的な不作為を犯しつづけてきたと見る立場があった。(実際に2005年には、経済協力を得た韓国政府や援助を受けたポスコ等の大企業に植民地時代の被害補償を求める動きも出ている。)このような立場をとる者の一部には、韓国の支配層・既得権益層と「親日派」との結びつきを疑う傾向が根強くあった。ゆえに、韓国歴代政府に批判的な者にとって植民地時代から現在までに至る親日派の行動と影響を明らかにすることは必要な課題であると考えられていた。日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主連合

    自由民主連合から見た浦項製鉄所ポスコ

    11月4日 7月25日の補欠選挙で当選した浦項製鉄所創業者で政界の重鎮でもある朴泰俊が自民連に入党。自由民主連合 フレッシュアイペディアより)

  • 朴正煕

    朴正煕から見たポスコポスコ

    大統領に就任すると、日本を模範とした経済政策を布いた。国家主導で産業育成を図るべく、経済開発院を設立した事を皮切りに、財閥や国策企業を通じて、ベトナム戦争により得たカネとモノを重工業に重点的に投入した。これによって建設された代表的施設に、八幡製鐵所をモデルとした浦項製鉄所がある。又、「日本の経済急成長の秘密は石油化学にある」として、石油化学工場建設を急がせた。この結果、1961年には国民1人あたりの所得が僅か80ドルだったという世界最貧国圏から、1979年には1620ドルになるといったように、20年弱で国民所得を約20倍にまで跳ね上げるという「漢江の奇跡」を成し遂げた。工業化にある程度成功した頃には農業の遅れが目立つようになり、それを取り戻すべく、農業政策においてはセマウル運動を展開し、農村の近代化を果たした。また、高速道路の建設にも力を入れた。朴正煕 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国の歴史年表

    韓国の歴史年表から見たポスコポスコ

    9月4日 - ポスコ、世界最大規模、年間発電量50メガワットの燃料電池工場を稼働。韓国の歴史年表 フレッシュアイペディアより)

  • 浦項市

    浦項市から見たポスコポスコ

    浦項市(ポハンし)は、大韓民国慶尚北道東海岸の港湾都市。日本海の迎日湾に面した漁港であったが、1970年代初頭に浦項製鉄所が誕生して以来、韓国有数の工業都市として発展してきた。慶尚北道で唯一の特定市だ。浦項市 フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見たポスコポスコ

    ポスコ - オリッサ州で製鉄所建設を巡り3年間対立(2008年時点)。インド フレッシュアイペディアより)

  • 漢江の奇跡

    漢江の奇跡から見たポスコポスコ

    韓進グループや現代財閥・大宇財閥など韓国を代表していた財閥の形成、京釜高速道路や浦項製鉄所の建設は、全てベトナム参戦と日本との国交正常化以降のことである。漢江の奇跡 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示

「ポスコ」のニューストピックワード