51件中 41 - 50件表示
  • ポスコ

    ポスコから見た日本輸出入銀行

    日本輸出入銀行より5,449万8千ドル(年利5.875%、1年猶予、11.5年返済)。ポスコ フレッシュアイペディアより)

  • ポスコ

    ポスコから見た日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約

    1973年、日韓基本条約に伴う対日請求権資金などによる資本導入で朴正煕大統領の肝いりで設立され、稲山嘉寛・新日本製鐵会長の技術供与で急速に発展して韓国の経済発展に大きく貢献した。ポスコ フレッシュアイペディアより)

  • ポスコ

    ポスコから見た浦項工科大学校

    子会社としては韓国最大のシステムインテグレータ会社のポスデータ(2010年、POSCONと合併しPOSCO ICTに社名変更)や建設会社などを抱える。2002年SKテレコムに吸収合併された、新世紀通信という携帯電話事業者の筆頭株主だった。出資する財団で浦項工科大学校や光陽製鉄高校などの学校を運営している。スポーツではKリーグの浦項スティーラース、全南ドラゴンズのメインスポンサーになっている。ポスコ フレッシュアイペディアより)

  • ポスコ

    ポスコから見た光陽市

    1985年からは全羅南道光陽市に最新鋭の製鉄所である光陽製鉄所第一期設備着工。1992年には、四半世紀に亘る製鉄所建設の総合竣工。現在は光陽の製鉄所が主要拠点になっている。2000年に完全民営化された。ポスコ フレッシュアイペディアより)

  • ポスコ

    ポスコから見た浦項スティーラース

    子会社としては韓国最大のシステムインテグレータ会社のポスデータ(2010年、POSCONと合併しPOSCO ICTに社名変更)や建設会社などを抱える。2002年SKテレコムに吸収合併された、新世紀通信という携帯電話事業者の筆頭株主だった。出資する財団で浦項工科大学校や光陽製鉄高校などの学校を運営している。スポーツではKリーグの浦項スティーラース、全南ドラゴンズのメインスポンサーになっている。ポスコ フレッシュアイペディアより)

  • ポスコ

    ポスコから見たISO 9000

    1993年12月9日 - ISO 9002認証収得。ポスコ フレッシュアイペディアより)

  • ポスコ

    ポスコから見たインドネシア

    2013年12月23日 - インドネシアのクラカタウ・ポスコ製鉄所竣工(スラブ等300万トン体制→目標600万トン体制)。ポスコ フレッシュアイペディアより)

  • ポスコ

    ポスコから見た民営化

    1985年からは全羅南道光陽市に最新鋭の製鉄所である光陽製鉄所第一期設備着工。1992年には、四半世紀に亘る製鉄所建設の総合竣工。現在は光陽の製鉄所が主要拠点になっている。2000年に完全民営化された。ポスコ フレッシュアイペディアより)

  • ポスコ

    ポスコから見たベトナム戦争

    1973年、日韓基本条約に伴う対日請求権資金などによる日本の資金5億ドル(無償3億ドル、有償2億ドル)の内、資金全体の23.9%の約1億1950万ドルを投入し、慶尚北道浦項市に国営の浦項総合製鉄所第一期設備を建設された。浦項製鉄所は韓国の基幹産業を軽工業から重化学工業へ転換させることに寄与した。また、この際に八幡製鐵及び富士製鐵(両社は1970年に合併し新日本製鐵となった後、現在は新日鐵住金)と日本鋼管(現・JFEスチール)の3社からの技術導入を受けた(後述)。技術導入後、ベトナム戦争への参戦を契機とした急激な経済成長の中で、日本の援助により3回に亘る拡張事業の末、1983年、粗鋼生産能力910万トン規模の浦項製鉄所を完成させた。ポスコ フレッシュアイペディアより)

  • ポスコ

    ポスコから見た国際協力銀行

    浦項総合製鉄第1期工事(1973年)の総額は外国資本約1億6800万ドル、韓国国内資産463億3000万ウォンにのぼり、外国資本が約60パーセントを占めた。国際協力銀行の文書によると、外国資本の内訳は次の通り。ポスコ フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「ポスコ」のニューストピックワード