前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たポスティングシステムポスティングシステム

    所属しているNPB球団に、ポスティングシステムの行使を申請してメジャー移籍を目指すという方法。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国人メジャーリーガー

    韓国人メジャーリーガーから見たポスティングシステムポスティングシステム

    例えば、2003年に韓国プロ野球で年間56本塁打のアジア記録(当時)を出した李承燁は、同年にFA権を取得した当初はメジャーに挑戦する意向だった。しかし、メジャー登録40人枠(ロースター)入りを確約するメジャー契約を提示する球団が現れず、獲得に興味を示したドジャースの条件提示はマイナー契約で、金銭的条件も良くなかったため、結果的に千葉ロッテマリーンズからの誘いを受けて入団した経緯がある。当時のメジャー球団では、李承燁が作った本塁打記録の価値に対する評価が低かったこと(李が所属していた三星ライオンズの本拠地である大邱市民運動場野球場は、韓国でも指折りの狭さの上に、前述の56号本塁打を放った2006年までラッキーゾーンが存在していた)や、「韓国人選手は、投手は活躍できても、野手は難しい」との評価が主流だったことなどが影響していた。なお、韓国プロ野球からポスティングシステムによりメジャー入りを目指す動きが1990年代後半からあった。しかし1998年に李尚勲の落札額が65万ドル、2002年に陳弼重が落札額2万5000ドル、林昌勇の落札額が65万ドルで、いずれも落札金額が少なかったことを理由に、入団交渉は不成立だった。李と林は、ポスティング移籍が不成立だったために、結果的に日本プロ野球に移籍した後、メジャーに移籍したのである。韓国人メジャーリーガー フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    この年のオフには、リリーフの中心として活躍した抑えの豊田清がFA宣言して巨人に移籍、中継ぎの森慎二がポスティングシステムでメジャーリーグのタンパベイ・デビルレイズに移籍した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見たポスティングシステムポスティングシステム

    3月20日に4年連続4度目の開幕投手を務め、ソフトバンク戦に先発。147球13奪三振で史上5人目の4季連続開幕戦完投を果たすも、5失点(自責点3)で敗戦投手となる。この日はロッテ・成瀬善久、楽天・岩隈久志も完投負けを喫しており、開幕戦3投手の完投負けは1951年に次いでリーグ2度目。3戦目にしてようやく初勝利を挙げると、4月17日の対西武戦まで、開幕から5試合連続で2桁奪三振という日本プロ野球新記録を樹立した(13K→11K→11K→12K→10K)。4月24日の対楽天戦から5月21日の対横浜戦まで31イニング連続無失点を記録し、これまでの自己最長の25イニング連続無失点記録を更新。5月はWHIP1.23ながら要所を抑えて防御率0.90と好投したが、打線の援護に恵まれず1勝2敗と負け越した。右ひざの違和感により6月5日の先発を回避するが、6月12日の対中日戦では7回無失点の好投で5月1日以来の白星を挙げた。7月3日の対楽天戦ではこれまでの自身の国内最速154km/hを更新する155km/hを記録。続く7月17日の同楽天戦では156km/hを記録し、更に自己記録を塗り替えるが、7回3失点で負け投手となり、6月12日からの自身の連勝は5で止まった。シーズン前半戦は9勝5敗、防御率1.56、WHIP1.04、143奪三振を記録。4年連続4度目のオールスターに選出され、7月23日の第1戦に2番手で登板。ワンシーム、高速チェンジアップに続く新球を披露するなど、2回を1失点(自責点0)に抑えた。シーズン後半戦は69回を投げ、3勝3敗、防御率2.22、WHIP0.95、79奪三振を記録した。自己ワーストとなる8敗を喫した他、4年連続のWHIP1.00以下を逃したが、2008年以来となる投球回数200イニングを達成。222奪三振で最多奪三振を獲得し、の稲尾和久以来となる4年連続の防御率1点台を達成し2年連続の最優秀防御率も獲得。同じイニング数を平均的な投手が投げる場合に比べてどれだけ失点を防いだかを表すRSAAでも1959年の稲尾以来プロ野球史上2人目となる4年連続40点以上を達成。オフにはアリゾナ・ダイヤモンドバックスが獲得資金として8000万ドル(約65億6000万円)を用意するなど、ポスティングシステムでのメジャー挑戦が取り沙汰されたが、10月19日に自身の公式ブログで日本ハム残留を宣言した。契約更改では、前年までの総額8億円プラス出来高払いの3年契約から出来高なしの単年契約を結び、現役日本人選手では球界最高年俸となる5億円でサインした。24歳での5億円到達は、に当時オリックス・ブルーウェーブに在籍したイチローの25歳を抜いて史上最速&最年少での到達となり、先発投手で5億円を突破したのも史上初となった。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たポスティングシステムポスティングシステム

    10月12日、記者会見でポスティングシステムを利用してのメジャーリーグ挑戦の意向を表明。翌日の神戸での本拠地最終戦で9回に守備固めとして出場した(打席には立たなかった)。前日の記者会見を聞いたファンの声援に応えるため、イチローは手を振って応え、ファン一人一人と別れの握手をした。最終的に、日本プロ野球歴代2位(及びパ・リーグ記録)となるシーズン打率.387を記録。安打数こそ153安打にとどまり最多安打を逃したが、通算7度目の首位打者(日本プロ野球記録)を獲得。6年連続となる最多敬遠(パ・リーグ記録)も記録。ほか、2年連続通算5度目となる最高出塁率、7年連続通算7度目となるベストナイン・ゴールデングラブ賞をそれぞれ獲得した。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • 松坂大輔

    松坂大輔から見たポスティングシステムポスティングシステム

    5月18日のセ・パ交流戦・阪神タイガース戦でプロ野球選手として阪神甲子園球場で初登板。高校時代には同球場で15連勝、被本塁打0という記録を持っていたが、桧山進次郎に先制2ラン本塁打を浴び、試合も2-3で惜敗。この年は防御率リーグ3位と優れていたにもかかわらず、14勝13敗と負け数もかなり多かった。打線の援護が少なく、野手の失策も多かったため、6月27日の日本ハム戦後には「球際に弱い選手が多い。僕も含めてですが、一つ一つのプレーが軽すぎる。若い選手が多いんだから、もっとガムシャラにやってほしい」と野手批判とも受け取られかねない発言をしたが、後日には野手ミーティングで詫びを入れたという。評論家からは「打線の援護がないのは、投球のリズムが悪いからだ」と指摘され、改善を目指した。オフにはスコット・ボラスを代理人としポスティングシステムでのメジャー挑戦を訴えたが、球団は制度の行使を否認した。12月には第1子が誕生した。松坂大輔 フレッシュアイペディアより)

  • グラゼニ

    グラゼニから見たポスティングシステムポスティングシステム

    その成果か、試合で活躍することが多く、それに伴い年俸が上昇し、チームも日本シリーズに出場したり、優勝したりした。しかし、チーム事情でポスティングシステムにより米国大リーグに移籍することとなった。グラゼニ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    西武と優勝争いを繰り広げ、2位で追う展開となる。途中、8年ぶりの10連勝を遂げるが、同時期に首位西武も9連勝し、差がほとんど縮まらず。8月の直接対決で9点差を逆転負けし、西武にマジック点灯。最終的に大差をつけられての2位に終わる。シーズン終了後に中村がFA宣言するが、メジャーリーグを含めて1カ月余りの交渉の末、近鉄と推定4年20億円プラス出来高払いの契約を結び残留する。大塚晶則はメジャーリーグへのポスティングシステムによる移籍を希望するが、入札球団が現れず、中日に金銭トレードされる。規定打席到達で3割を超えた選手が1人もいなかった。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    ファームの収益性改善・独立採算を目指し、ファームのチーム名をサーパス神戸( - こうべ、SURPASS KOBE。後にチーム名は「サーパス」に変更)に改称した。「ファームとは本来選手がいてはいけないところ」という理念のもとにファームの改革に着手し、この年オフから3年間、ドラフト下位指名選手は「契約金ゼロ」での入団(活躍後の後払い)を実行するなど、若手にハングリー精神を植え付けようとする試みを始めたものの効果は発揮せず、チームの弱体化に歯止めはかからないままだった。結局4位に終わり、オリックスへの球団譲渡後としては初、球団としては阪急時代最後のシーズンである1988年以来12年ぶりにBクラスに転落した。また、シーズンオフにはイチローがポスティング制度を利用して大リーグのシアトル・マリナーズに移籍した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • ポスティング・システム

    ポスティング・システムから見たポスティングシステムポスティングシステム

    ポスティング・システム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード