2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
102件中 91 - 100件表示
  • 真田裕貴

    真田裕貴から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は主にビハインドの場面で53試合に登板した。オフにアーン・テレムと代理人契約を結び、ポスティングシステムでのメジャー挑戦を表明。12月7日に締め切られたが、入札球団はなかった。その後も米球界への移籍を目指し、球団は本人の意志を尊重し、自由契約とする方針をとり、12月16日に自由契約公示された。だが公開トライアウト後も契約には至らなかった。真田裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • 山口俊

    山口俊から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は開幕前から金髪にしていたが、シーズンに入ると打ち込まれるケースが目立ち、反省の意味をこめて丸刈りにした。9月4日の対東京ヤクルトスワローズ戦(横浜スタジアム)で、NPB史上25人目の通算100セーブを達成。25歳と53日での達成は史上最年少であった(それまでの最年少記録は赤堀元之の26歳と55日)。防御率もクローザー定着後では最も低い1.74を記録したが、同点や敗戦処理での登板機会が多かった影響で、セーブ数は前年から減少した。シーズン終了後の「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」では日本代表に選出され、クローザーとして全2試合でセーブを記録。12月13日の契約交渉では、早ければ翌シーズンの終了後にポスティングシステムによるメジャーリーグ球団への移籍を目指す意向を球団側に伝えたが、実現には至らなかった。山口俊 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たポスティングシステムポスティングシステム

    欠場中、団野村を代理人として、ポスティングシステムによるメジャーリーグ入りを企図していることが報じられる。11月3日にメジャーリーグ入りの意思を表明。会見で近鉄と2年前に結んだ契約にポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を容認する内容が含まれていたことを明かした。11月8日の選手分配ドラフトの結果、合併球団オリックス・バファローズに振り分けられた。12月1日に合併球団が発足、4年契約の2年目を終えた時点で球団が消滅してしまったため、残りの契約期間の年俸(2年分10億円)に相当する保証金を近鉄に要望、うち3億円が功労金として支払われた。近鉄在籍時代に記録した307本塁打は球団記録となった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • カルテル

    カルテルから見た入札制度ポスティングシステム

    カルテル()または企業連合(きぎょうれんごう)は、企業・事業者が独占目的で行う、価格・生産計画・販売地域等の協定である。特に官公庁などが行う売買・請負契約などの入札制度における事前協定は談合という。カルテル フレッシュアイペディアより)

  • 上原浩治

    上原浩治から見たポスティングシステムポスティングシステム

    ポスティングシステムによるメジャー移籍志願を公言したために契約交渉がもつれ、キャンプ入りが遅れた。(後述)防御率リーグ3位、完投数リーグ3位、奪三振リーグ5位、投球回リーグ4位、WHIPリーグ1位など好成績を残したが、打線の援護に恵まれず、またリリーフ陣が打ち込まれたこともあって、勝敗は9勝12敗と自身初めてのシーズン負け越しを経験した。上原浩治 フレッシュアイペディアより)

  • 西川遥輝

    西川遥輝から見たポスティングシステムポスティングシステム

    2016年6月にファイターズが実施したファン投票企画「彼氏にしたい選手No.1決定戦」では、中島卓也、大谷翔平に次いで3位にランクイン。大谷がポスティングシステムを通じてMLBのアナハイム・エンジェルスへ移籍した2018年からは、ニッポンハムグループの「食とスポーツ応援アンバサダー」へ任命されるとともに、前年まで大谷が出演していたグループのテレビCMに登場している。西川遥輝 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本プロ野球

    2017年の日本プロ野球から見たポスティングシステムポスティングシステム

    (現地時間)北海道日本ハムファイターズからポスティングシステムでMLB移籍を目指していた大谷翔平がこの日、ロサンゼルス・エンゼルスと契約。2017年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    1月ダルビッシュがポスティングシステムを利用し、メジャーリーグのテキサス・レンジャーズへ移籍。3月30日、開幕戦の埼玉西武戦(札幌ドーム)に、栗山監督からダルビッシュの後継役を期待された2年目の斎藤佑樹が先発。自身初の大役を務めると、プロ入り初の完投勝利をその大舞台で披露しチームは快勝。その後も斎藤は6月6日までの約2ヶ月間にプロ初完封を含む5勝を挙げ、チームの好調な滑り出しに大きく貢献した。4月28日の楽天戦(koboパーク宮城)では稲葉篤紀がプロ通算2000安打を達成。前半戦はロッテと首位を争い、5月6日に首位となっているが、交流戦は14勝8敗で2位、その後ロッテに首位を奪われ、前半戦を2位で折り返す。中盤からは吉川光夫が主戦投手として活躍。前半戦絶不調ながら栗山監督に4番として起用され続けた中田翔も徐々に調子を上げる。後半戦はロッテが失速し、西武との首位争いとなる。西武に首位に立たれたまま9月に突入してしまうが、9月7日に糸井嘉男が左脇腹挫傷から復帰すると、糸井は打率.380、15打点、出塁率.473、長打率.660という驚異的な成績で月間MVPを獲得する猛打を奮い、チームを強く牽引。チームは9月を16勝7敗2分けと大きく勝ち越す。9月15日には西武から首位を奪い、9月28日の西武との直接対決では、吉川光夫の完封、中田翔の2本塁打で勝利し、優勝へのマジックナンバー4が点灯。マジック1とした10月2日、2位の西武がロッテに3-5で敗れたため、3年ぶり6度目のリーグ優勝を決まった。クライマックスシリーズファイナルステージでは3位のソフトバンクと対戦。クライマックス・シリーズMVPに輝いた糸井嘉男の第1、2戦の2試合連続本塁打の活躍により4連勝(アドバンテージ含む)で3年ぶりの日本シリーズ進出を決める。巨人との日本シリーズでは、2勝4敗で敗退している。個人としては、3番打者の糸井嘉男が.404の出塁率を記録し、2年連続となる最高出塁率のタイトルを獲得。エース吉川光夫がチームトップの14勝を挙げ、防御率1.76で自身初タイトルとなる最優秀防御率を獲得。球団としては2009年のダルビッシュ有以来3年ぶりのリーグMVPに選出された。オフに田中賢介が海外FA権を行使してメジャーリーグに挑戦することを表明し、サンフランシスコ・ジャイアンツに入団。ドラフト会議では、メジャー挑戦を公言していた大谷翔平を1位指名し、長期交渉の末に獲得し12月25日に斎藤佑樹以来3人目の札幌ドームでの単独入団会見を行った。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見たポスティングシステムポスティングシステム

    6月19日、対DeNA戦に3-1で勝ち、球団通算4000勝を達成、交流戦は9勝9敗で7位に終わった。交流戦明けには一時Aクラスの3位に立つも、結局5位で前半戦をターン、それでもこの年のセ・リーグは混戦だったこともあり、首位のDeNAとは2ゲーム差であった。後半戦は巨人・阪神・ヤクルトを追い、9月15日には借金を完済して勝率を5割まで上げるものの、その後も貯金を作ることはできず9月24日の対巨人戦に敗れたことでリーグ優勝の可能性が消滅した。その後は阪神とのCS進出争いとなったが、10月7日、勝てばCS進出となる対中日戦(シーズン最終戦)に敗北したことで3年ぶりのBクラス(4位)が確定した。尚、先発投手の勝ち星はリーグトップの57勝を挙げ勝率でもトップだったが、救援勝敗は12勝20敗でこれはセ・リーグの救援勝率では最下位であり、12球団でも11位の成績で課題の残るシーズンとなった。オフに前田健太が沢村賞を受賞した後、ポスティングシステムでロサンゼルス・ドジャースへ移籍。今期加入した外国人はクリス・ジョンソンの他はパッとせず全員が退団。このうちマイク・ザガースキーは、2016年途中にDeNAに移籍している。中日を自由契約となったエクトル・ルナを獲得した。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球

    実況パワフルプロ野球から見たポスティングシステムポスティングシステム

    『パワプロ2014』から導入。ポスティングシステムを使用して海外移籍した選手が数年後に帰国してきた際、FAと同様に獲得交渉を行える。ペナントモード序盤では、OB選手に含まれている現役メジャーリーガーが登場する。実況パワフルプロ野球 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
102件中 91 - 100件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード