67件中 11 - 20件表示
  • 入札制度

    入札制度から見たポスティングシステムポスティングシステム

    入札制度 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉泰

    児玉泰から見たポスティングシステムポスティングシステム

    松山商業でこの年の夏の甲子園優勝投手となった空谷はプロからも高評価され、空谷に対して10球団が獲得に乗り出したためにどの球団に入団するのか注目された。しかし、空谷自身は、プロの球団ならどこに入団してもいいと希望球団が無かった為に空谷側が話し合った結果、当時プロでは異例となる入札制となった(現行のポスティングシステムに近い)。児玉泰 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ラインブリンク

    スコット・ラインブリンクから見たポスティングシステムポスティングシステム

    は、前年オフに中日ドラゴンズからポスティングシステムで獲得した大塚晶則と共に、故障から完全復帰したホフマンに繋ぐ役割を担った。主にラインブリンクが7回、大塚が8回に登板し、ホフマンへ試合を託した。大塚との相乗効果もあってか、自己ベストとなる73登板、防御率2.14をマーク。スコット・ラインブリンク フレッシュアイペディアより)

  • アレファンドロ・ケサダ

    アレファンドロ・ケサダから見たポスティングシステムポスティングシステム

    シーズン終了後、メジャーリーグ行きを志望して退団。シンシナティ・レッズに移籍し、初のポスティングシステムによる移籍選手となった。その後、まで同球団のマイナーリーグに在籍。アレファンドロ・ケサダ フレッシュアイペディアより)

  • 三山秀昭

    三山秀昭から見たポスティングシステムポスティングシステム

    その後も来期契約の際に代理人を据えようとした上原浩治(現ボルチモア・オリオールズ)に対して認めなかったため、代理人の弁護士から名誉毀損の警告書を送付されたり、日本ハムと交渉が行われていた入来祐作に関して、当時ポスティングシステムによりメジャーリーグ入りを希望していた入来に関して日本ハムとの食い違いが発生し、日本ハム側から交渉を一時凍結される事態に陥るなどこのオフシーズンの巨人はオーナーの期待とは裏腹にかえって混乱を極めてしまった。三山秀昭 フレッシュアイペディアより)

  • 山口和男

    山口和男から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は自身の好不調、チームの低迷などが重なったものの、肩の故障から復活して17セーブを挙げる。従来の球速よりキレで勝負する投球法に変更したことで被打率が向上した。同年、ポスティングシステムでのメジャーリーグベースボール移籍を志願するが、中村勝広などに慰留され、結局オリックス残留を発表した。同年に行われた選手分配ドラフトによって、オリックス・バファローズに入団。山口和男 フレッシュアイペディアより)

  • 移籍金

    移籍金から見たポスティングシステムポスティングシステム

    プロ野球では、フリーエージェントによる選手の獲得に伴い旧所属球団に対し行う金銭補償や、選手のトレード、いわゆるポスティングシステムによる入札などで、旧所属球団と移籍先球団の間で金銭の授受が行われることがあり、その際に支払われる金銭を移籍金と称する場合がある。詳しくは各項目を参照。移籍金 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2

    プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2から見たポスティングシステムポスティングシステム

    有料会員、もしくは課金してアイテムを購入したプレイヤー同士で選手カードのトレードができる。また、ポスティングシステムによって高コストの選手カード(またはレアカード)を手に入れることも可能。ただし、最も高い金額で入札したチームに交渉権が与えられる実際のポスティングシステムとは違い、口数に応じたポイントを支払い抽選に当選したプレイヤーが選手を獲得できる。落選した場合にもポイントは返還されない。プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2 フレッシュアイペディアより)

  • 団野村

    団野村から見たポスティングシステムポスティングシステム

    2010年11月にはポスティングシステムでのメジャー移籍を目指した岩隈久志の代理人を務め、最高額を入札したオークランド・アスレチックスと交渉を行う。しかし22日にアスレチックスとの交渉決裂が報じられ、当初はこれを否定したが、12月6日に契約不成立が発表。交渉内容については、岩隈と同じく日本からメジャーへ移籍した松坂大輔や黒田博樹の契約を比較対象として挙げたが、アスレチックスは同じくコルビー・ルイスや井川慶を比較対象として挙げ、双方の希望に隔たりがあったと自身のTwitterで明かした。しかし一方で2007年にバリー・ジトがサンフランシスコ・ジャイアンツと契約した際の7年1億2600万ドルを比較対象として契約を要求したとの報道もあり、野村は日本のメディアに対してこれを否定したが、サンフランシスコ・クロニクル紙のスーザン・スラッサーは「団氏がバリー・ジトの契約を要求したことに間違いはない。それだけでなく、団氏自らが『岩隈側の要求をもっともよく説明している記事』と引用し続けたほど」と反論。交渉決裂後、アスレチックスから「うそをリークして報道させた。不愉快な思いをさせた」、地元紙からも「事実と違う報道をした」という趣旨で謝罪があったことを野村を通じて岩隈に伝えたとする報道があったが、サンフランシスコ・クロニクル紙はこれを否定し、野村は「『謝罪した』とする発言について明日取り消す」と同紙に連絡を入れたという(その後取り消しがあったかは不明)。翌2011年8月2日には岩隈が代理人をポール・コブに変更していたことが報じられた。団野村 フレッシュアイペディアより)

  • 移籍

    移籍から見たポスティングシステムポスティングシステム

    ポスティングシステム(日・韓→米プロ野球のみ)移籍 フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード