102件中 11 - 20件表示
  • 入札制度

    入札制度から見たポスティングシステムポスティングシステム

    入札制度 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ラインブリンク

    スコット・ラインブリンクから見たポスティングシステムポスティングシステム

    は、前年オフに中日ドラゴンズからポスティングシステムで獲得した大塚晶則と共に、故障から完全復帰したホフマンに繋ぐ役割を担った。主にラインブリンクが7回、大塚が8回に登板し、ホフマンへ試合を託した。大塚との相乗効果もあってか、自己ベストとなる73登板、防御率2.14をマーク。スコット・ラインブリンク フレッシュアイペディアより)

  • 児玉泰

    児玉泰から見たポスティングシステムポスティングシステム

    松山商業でこの年の夏の甲子園優勝投手となった空谷はプロからも高評価され、空谷に対して10球団が獲得に乗り出したためにどの球団に入団するのか注目された。しかし、空谷自身は、プロの球団ならどこに入団してもいいと希望球団が無かった為に空谷側が話し合った結果、当時プロでは異例となる入札制となった(現行のポスティングシステムに近い)。児玉泰 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2

    プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2から見たポスティングシステムポスティングシステム

    有料会員、もしくはアイテムを購入したプレイヤー同士で選手カードのトレードができる。また、ポスティングシステムによって高コストの選手カード(またはレアカード)を手に入れることも可能。ただし、最も高い金額で入札したチームに交渉権が与えられる実際のポスティングシステムとは違い、口数に応じたポイントを支払い抽選に当選したプレイヤーが選手を獲得できる。落選した場合にもポイントは返還されない。プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2 フレッシュアイペディアより)

  • 移籍金

    移籍金から見たポスティングシステムポスティングシステム

    プロ野球では、フリーエージェントによる選手の獲得に伴い旧所属球団に対し行う金銭補償や、選手のトレード、いわゆるポスティングシステムによる入札などで、旧所属球団と移籍先球団の間で金銭の授受が行われることがあり、その際に支払われる金銭を移籍金と称する場合がある。詳しくは各項目を参照。移籍金 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    初戦の先発は日本ハムはダルビッシュ、西武は涌井。1回裏、日本ハムは一死一、二塁から小谷野の適時打、さらに一、二塁から稲葉の適時打で2点を先制。6回裏にも無死一、三塁とチャンスを作るが、涌井を交代させた西武の継投策の前に無得点となる。すると直後の7回表、西武は一死二塁からフェルナンデスが適時打を放ち1点を返す。8回表の一死一、二塁のチャンスは併殺打で逸するも、9回表には抑えの武田久を攻め二死一、二塁から浅村が同点適時打を放ち、2年連続でファーストステージ初戦は延長戦に突入。11回表、西武は制球難の榊原を攻め無死満塁とすると、フェルナンデスの2点適時打、さらに一死満塁から途中出場の星孝が犠牲フライを放ち3点を勝ち越し、その裏を10回から登板の牧田が抑え、西武がファイナルステージ進出に王手をかけた。日本ハムはダルビッシュが7回1失点に抑えるも継投策が裏目に出て、打線も2回以降は無得点に抑えられた。なおダルビッシュはポスティングシステムで翌2012年にテキサス・レンジャーズに移籍したため、これが日本最後の登板となった。2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ミラー問題

    ケビン・ミラー問題から見たポスティングシステムポスティングシステム

    しかし、ミラーはレッドソックスへの入団を希望。「基本的に合意したが、正式契約はまだだ。中村とどこが違う」と、当事ニューヨーク・メッツとの入団合意が報じられながら決裂した中村紀洋の例を引き合いに出し、自らの正当性を主張し来日を拒否する。MLB機構は、ミラーはMLBの他球団が獲得を表明しても断るという内容の文書にマーリンズと合意しており、すでに中日と契約したため、レッドソックス入団を希望する場合は日本人選手と同様に、ポスティングシステムによってのみフリーエージェントになるとの見解を示し、調停はしないとした。ケビン・ミラー問題 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の阪神タイガース

    2006年の阪神タイガースから見たポスティングシステムポスティングシステム

    この年の阪神タイガースは、岡田彰布監督の3年目のシーズンである。このシーズン終了後、井川慶がポスティングシステムを利用して、ニューヨーク・ヤンキースに移籍した。2006年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の北海道日本ハムファイターズ

    2011年の北海道日本ハムファイターズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    この年の北海道日本ハムファイターズは、梨田昌孝監督の4年目のシーズンである。このシーズン終了後、ダルビッシュ有がポスティングシステムを利用して、テキサス・レンジャーズに移籍した。2011年の北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 山口和男 (野球)

    山口和男 (野球)から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は自身の好不調、チームの低迷などが重なったものの、肩の故障から復活して17セーブを挙げる。従来の球速よりキレで勝負する投球法に変更したことで被打率が向上した。同年、ポスティングシステムでのメジャーリーグベースボール移籍を志願するが、中村勝広などに慰留され、結局オリックス残留を発表した。同年に行われた選手分配ドラフトによって、オリックス・バファローズに入団。山口和男 (野球) フレッシュアイペディアより)

102件中 11 - 20件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード