67件中 21 - 30件表示
  • 林昌勇

    林昌勇から見たポスティングシステムポスティングシステム

    2001年から先発に転向、2002年シーズンには17勝を挙げて韓国シリーズ優勝にも貢献している。このシーズンオフには海外移籍を目論み、ポスティングシステムでの入札を受けたが提示された入札額が65万ドルと低額であったことに球団側が難色を示し締結せず失敗。同年オフ、今度はFA権を行使して日本球界に絞った海外移籍を目指したがこれも失敗し、最後には三星と再契約をした。かねてから海外移籍願望が強い選手だった。2004年には東北楽天ゴールデンイーグルスや福岡ソフトバンクホークスに2002年のビデオを送るなどしたものの契約には至らなかった。メジャーとも交渉を行ったものの、これも思ったように進まず、結局三星に2年契約で残留。この際に母親が三星側との契約拒絶とメジャーとの契約を表明するなどして話題になってしまった。2004年はチーム事情で再び抑えに戻された。林昌勇 フレッシュアイペディアより)

  • 森慎二

    森慎二から見たポスティングシステムポスティングシステム

    シーズンオフ、ポスティングシステムによるメジャーリーグ挑戦を表明し、タンパベイ・デビルレイズと2年契約を結んだ。しかしは右肩痛の影響で調整が遅れ、初登板したオープン戦で3球投げただけで右肩を脱臼。全治1年を要する重傷だった。なおこの故障以降公式戦での登板は無く、結果的にこれが森のプロ野球生命にとって致命傷となってしまった。森慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たポスティングシステムポスティングシステム

    この移籍は、大リーグから松井稼頭央・岩村明憲両内野手を獲得したため同じ内野手である渡辺の出場機会が減少する可能性があった楽天と、内野手の補強を目指していた横浜との間で思惑が一致して決断されたとも報道されたが、一方でポスティングシステムによって大リーグ移籍を目指していた岩隈久志の入札金を補強費として見込んでいた楽天球団が、岩隈の残留によって入札金が入らず補強費不足となり、人的補償の無い金銭トレードに向かったとも報道された(ただし、球団側は否定している)。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のワールドシリーズ

    2011年のワールドシリーズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    同地区のライバル球団が大型補強を行ったのに対し、レンジャーズの投手陣強化もフェリスの先発転向だけにとどまらない。続いて、日本プロ野球(NPB)で史上初の5年連続防御率1点台という成績を残してポスティングにかけられたダルビッシュ有の獲得に乗り出す。元々レンジャーズは早い段階から獲得に向けての準備を進めており、GMのジョン・ダニエルズ自らシーズン中の6月に日本を訪れてダルビッシュの投球を視察したり、NPB経験者のコルビー・ルイスや建山義紀を通じて日本球界への理解に努めたりしていた。こうしてチームはダルビッシュの実力を高く評価するようになり、実際にポスティングが公示されるとトロント・ブルージェイズら他球団を抑えて30日間の独占交渉権を落札した。そして交渉の末、期限切れ目前の1月18日に彼と6年契約を締結することで合意に至った。チームが彼の獲得に費やした資金は、交渉権落札費用と年俸総額で合わせて1億ドル以上と、MLBでまだ1球も投げていない投手への投資としては異例の大金だった。入団会見でダルビッシュは、レンジャーズがサヨナラ負けを喫したワールドシリーズ第6戦について「去年の僕だったら、あそこにいてホームランを打たれて負けていたと思う。でも今年はしっかりやれると思う」と語り、自信を覗かせている。2011年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球10

    実況パワフルプロ野球10から見たポスティングシステムポスティングシステム

    カイザースの捕手。猪狩守の弟。オリックス・ブルーウェーブから金銭トレードで移籍。謙虚で人当たりの良い好人物。しかし幼少より兄と己を比較して育った為か、内に劣等感を抱えている。物語終了時にポスティングシステムでアメリカのレギュラーリーグレッドエンジェルスに移籍。誕生日は1982年2月14日。20歳。実況パワフルプロ野球10 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄 剛志

    新庄剛志から見たポスティングシステムポスティングシステム

    オフの11月19日、契約更改交渉後会見にて「野球に対するセンスがないって見切った」と突然の引退宣言。藤田平・新監督との確執が噂されたが、21日に発言を撤回してプロ入り以来初の年俸ダウンで契約更改する。引退を希望した理由は、当時右肘や右足を痛めていて治療に専念しようとしていたが、藤田監督により四国黒潮リーグへ出場させられたことや、慕っている柏原純一打撃コーチの退団により球団への不信感を募らせ、横浜ベイスターズへのトレードを志願するも拒否されたことなどであると報じられる。自身は自著にて、シーズン中に足首の故障で二軍落ちしていたある日、故障状態の悪さから判断して練習開始時間に合わせグラウンドへではなくトレーナー室へ行ったことで、当時二軍監督であった藤田から遅刻であると咎められた際に正座の罰を受けた件をきっかけに、藤田とは野球観が合わないと考えるようになっていったと告白。加えて、どうせ辞めるのなら人のせいにはしたくないとの考えから、発表する理由を「センスがない」にすれば打撃成績も悪かったのである程度は納得してもらえると思ったと記している。しかし、引退発言後に新庄の父親の病気が悪化(後述)し、「ユニフォームを着ている姿を見せるのがオヤジへの一番の薬だと思ったんです。自分の人生どうこうじゃなく、命にはかえられませんから。今日はサインするつもりでした」と語り、父を勇気づけるために現役続行を決断する。この一件には異説もあり、ある書籍では、退団騒動は一部スポーツ紙による誇張記事が発端で藤田監督との関係もそれほど悪くなかったと記述されているが、新庄の父親の著書においても藤田監督との確執から一連の出来事が起こったと証言されている。父親は同書にて「妻が息子の引退を思いとどまらせるために、私の体調不良を実際より深刻に伝え一芝居打ったようだ」と告白している。新庄はこの騒動の頃からMLBへの挑戦志望を強く持ち出す。後年、引退を希望した他の理由として「1995年の騒動は、引退して野茂さんのように大リーグに挑戦したい気持ちもあったことから起きた」と取材にて告白したが、取材時にはすでにポスティングシステムが確立されていたこともあってか、新庄のジョークの一つと受け取られて大きく報道されることはなかった。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩村明憲

    岩村明憲から見たポスティング・システムポスティングシステム

    はWBC日本代表に選出され、ラウンド2までの全試合にスタメン出場し毎試合安打を記録する活躍を見せるが、故障で準決勝以降は欠場。レギュラーシーズンでは3年連続3割30本塁打を達成。シーズン終了後にはポスティング・システムを行使しタンパベイ・デビルレイズが455万ドルで交渉権を獲得。アラン・ニーロを代理人とし、3年770万ドルで契約を結んだ。岩村明憲 フレッシュアイペディアより)

  • 李尚勲

    李尚勲から見たポスティングシステムポスティングシステム

    1997年のシーズンオフ、当時メジャーで好成績を挙げ始めた朴賛浩(パク・チャンホ)の影響で、球団承認下でポスティングシステムを使ってメジャー移籍を試みる。しかし、当時は韓国プロ野球のレベルについて認識が低く、少なくとも200万ドルの移籍料を期待していた球団側の思惑とは裏腹にボストン・レッドソックスが60万ドルで落札(これには、最初ボストン側が200万ドルの移籍料を約束したが、彼の獲得の意思を見せる球団が他になかったことで当初の約束を破って60万ドルで落札させたという話もある)。これを受け、球団はメジャー移籍を諦めさせて、提携関係にあった中日ドラゴンズへの移籍を勧める。メジャー志向が強く、日本移籍には興味がなかったが、「韓国でやりたくないなら、メジャーでも認められている日本で活躍して、そこからメジャーに移籍すればいいじゃないか」という球団の説得を受けて中日移籍を決心したという。李尚勲 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見たポスティングシステムポスティングシステム

    9月1日の楽天戦でシーズン21回の猛打賞獲得を達成。別当薫が毎日オリオンズ当時の1950年に樹立した球団記録を更新した。9月12日の埼玉西武ライオンズ戦で1回に左前打を放ってシーズン181安打とし、1961年に榎本喜八(毎日オリオンズ)が記録したシーズン180安打を抜き、球団新記録を達成。9月21日の楽天戦でシーズン26回目の猛打賞を達成しイチローに並び、9月25日のオリックス・バファローズ戦の4回に金子千尋から3安打目を放ち27回目の猛打賞を達成し日本記録を更新。またイチロー以来パ・リーグ2人目、日本人のスイッチヒッターおよび、内野手としては初となる200本安打を達成し、史上4人目となるスイッチヒッターでの首位打者となり、最多安打のタイトルも獲得。全試合フルイニング出場も果たし、日本新記録となるシーズン692打席を記録した。11月には自身のブログで「メジャーで野球をすることは子供の頃からの夢だった。自分の力も知った上で挑戦したい」と述べ、リック・サーマンを代理人としてポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を申請し、ミネソタ・ツインズが532万9000ドルで交渉権を獲得。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 柴田倫世

    柴田倫世から見たポスティングシステムポスティングシステム

    退社後は2005年4月3日放送の『世界ウルルン滞在記スペシャル』(毎日放送制作・TBS系)で活動を再開、夫の遠征中などを見計らって芸能活動を続けていた。日本時間2006年12月15日未明、松坂がポスティングシステムでボストン・レッドソックスへ移籍することが決まったため、2007年家族3人で渡米し、米国での生活を開始。当分は、松坂のサポートと娘の育児に専念し、芸能活動は控え目になっているが、不定期に、女性雑誌「saita」(セブンアンドアイ出版)の表紙を飾っているなど、完全リタイアしたわけではない。柴田倫世 フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード