67件中 31 - 40件表示
  • 2000年の野球

    2000年の野球から見たポスティングシステムポスティングシステム

    10月12日 - オリックスのイチローがポスティングシステムを使ってメジャーリーグ挑戦を表明。2000年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ボラス

    スコット・ボラスから見たポスティングシステムポスティングシステム

    ドラフトではないものの、2006年のポスティングシステムによる松坂大輔のボストン・レッドソックスへの入団交渉においても、同チームオーナーであるヘンリーの自家用機で交渉が行われていたが、交渉期限10分前になってもチーム側提示額とボラス側の要求額には開きがあり(6年5500万ドルを要求していた)交渉期限3分前で松坂自身から「金額よりも入団が先」とボラスにストップをかけギリギリで交渉成立となった。スコット・ボラス フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見たポスティングシステムポスティングシステム

    同日 石井弘寿(ヤクルト)がポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を実現するため、法的手段を検討していることを明らかにし、状況次第によっては辞退することを示唆。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 真田裕貴

    真田裕貴から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は主にビハインドの場面で53試合に登板した。オフにアーン・テレムと代理人契約を結び、ポスティングシステムでのメジャー挑戦を表明。12月7日に締め切られたが、入札球団はなかった。その後も米球界への移籍を目指し、球団は本人の意志を尊重し、自由契約とする方針をとり、12月16日に自由契約公示された。だが公開トライアウト後も契約には至らなかった。真田裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • ラモン・ラミレス (1981年生の投手)

    ラモン・ラミレス (1981年生の投手)から見たポスティングシステムポスティングシステム

    シーズン途中にカープアカデミーから日本の広島東洋カープにテスト入団。150キロ超のストレートと高速スライダーの評価が高く1年目から1軍で2試合に登板。勝敗なし、防御率3.00。しかし、オフに年俸交渉で揉め、ポスティングシステムによりニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約。ラモン・ラミレス (1981年生の投手) フレッシュアイペディアより)

  • Mr.カラスコ

    Mr.カラスコから見たポスティングシステムポスティングシステム

    2006年9月3日、楽天vsソフトバンク試合中のパフォーマンスにおいて、バイクで走行中転倒。右手羽元を損傷(公式発表による)。このケガはローカルニュースでも大きく取り上げられた。しばらく「行方不明」になった後、10月1日の最終戦で復活を果たした。12月、記者会見の席上、ポスティングシステムによる移籍を要求。球団は前年と同様に「そもそも契約をしていない」と突っぱねたが、宮城県や仙台市をはじめとした数団体がポスティング移籍に対してのオファーを出している。12月27日、Zepp Sendaiにて開催されたSendai Entertainment Circusというライブイベントに乱入。どよめく観客の中に飛び込み、嵐のように去っていった。Mr.カラスコ フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は右翼手にコンバートされる。前半戦は打率.289、2本塁打と低調だったが、後半戦に入り調子を上げ9月には打率.380、3本塁打をマークし月間MVPを獲得。4年連続で打率3割を達成するとともに、2年連続で最高出塁率のタイトルを獲得した。オフの契約更改では1000万円増の提示を保留。2度目の交渉からは代理人を伴ったが再び保留し、その後の交渉ではポスティングシステムを行使しての翌オフのメジャー挑戦希望を球団に伝えたことも明かした。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

  • 小林宏之 (野球)

    小林宏之 (野球)から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は、シーズンを通して先発ローテーションを守り、自己最多の投球回を達成。13勝を挙げ、3年連続の二桁勝利。2007年のクライマックスシリーズでも第1ステージ第2戦・第2ステージ第2戦で先発したが、第1ステージでは2回途中6失点の大乱調で敗戦、第2ステージでは足の痙攣が治まらず4回途中に降板した。なお、同年は北京五輪アジア予選日本代表に選出された。背番号はロッテでの41を稲葉篤紀に譲って14を着けた。初戦の対フィリピン戦を打者3人、2奪三振で締めた。オフにはポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍の希望を訴えたが容認されず、総額2億円+出来高の2年契約を結んだ。小林宏之 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 青木宣親

    青木宣親から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は全試合に出場するも、この年より導入された統一球の影響からかシーズン当初より不調が続いた。最終的に安打数こそセリーグ2位の170本を記録したが打率は.292に終わり、6年連続で継続していたシーズン打率3割の記録が途切れた。この年までの日本での通算打率は.329だが、通算4000打数以上が条件である通算打率へのランクインには100打数足りていない。10月28日に第1子である長女が誕生。11月10日にはポスティングシステムを行使してのメジャー挑戦を表明。12月18日に250万ドルでミルウォーキー・ブルワーズが交渉権を得たことが発表された。青木宣親 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見たポスティングシステムポスティングシステム

    11月15日 - メジャーリーグ移籍を目指していた、西武・松坂大輔投手がポスティングシステムでボストン・レッドソックスへの移籍が決定。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード