102件中 31 - 40件表示
  • 2014年のメジャーリーグベースボール

    2014年のメジャーリーグベースボールから見たポスティングシステムポスティングシステム

    1月22日 - ニューヨーク・ヤンキースはポスティングシステムでのMLB移籍を表明していた、NPB東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大と7年総額1億5500万ドルで契約合意2014年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見たポスティングシステムポスティングシステム

    同日 石井弘寿がポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を実現するため、法的手段を検討していることを明らかにし、状況次第によっては辞退することを示唆。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • トレード

    トレードから見たポスティングシステムポスティングシステム

    プロ野球では、フリーエージェントや自由契約による移籍やポスティングシステムでの移籍以外をトレードと呼ぶ。戦力面で同等な価値を持つ選手同士を入れ替える交換トレードが多いが、移籍元球団に金銭を支払って選手を迎え入れる金銭トレード、交換選手に金銭も加えて損得のバランスを取るトレードもある。日本プロ野球では何の代償もなしに選手を譲渡する無償トレードと呼ばれるものもある。また、3球団を巻き込んだトレードは「三角トレード」と呼ばれる。通常は選手の意思に関係なく球団間の合意でトレードが決定されるが、本人の希望による場合も稀にある。トレード フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のオリックス・ブルーウェーブ

    2000年のオリックス・ブルーウェーブから見たポスティングシステムポスティングシステム

    この年のオリックス・ブルーウェーブは、仰木彬監督の7年目のシーズンである。このシーズン終了後、イチローがポスティングシステムを利用して、シアトル・マリナーズに移籍した。2000年のオリックス・ブルーウェーブ フレッシュアイペディアより)

  • 川尻哲郎

    川尻哲郎から見たポスティングシステムポスティングシステム

    3月30日の読売ジャイアンツとの開幕戦で3対12と大敗していたため、6番手として調整のためにマウンドに上がるも清水隆行に満塁本塁打を浴びた。結果的に巨人に1994年の福岡ダイエーホークスに並ぶ開幕戦最多得点記録(17点)を献上した。その後も不振で、1勝6敗、防御率は6.38の成績に終わった。しかし、同年オフの契約更改の席でこれまでの実績を盾に年俸のアップを要求、認められない場合はポスティングシステムでのメジャー移籍を要求。球団、ファンの両方から大いに反発を買う。この騒動は新監督の星野仙一の仲裁で収まる。川尻哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たポスティングシステムポスティングシステム

    なお、2015年でヤクルトとの契約期間を満了したことから、交渉代理人の団野村を通じてMLB移籍を模索。11月2日にポスティングシステムの利用を表明したが、12月6日(アメリカ東部時間)の交渉期限までに、MLB球団との契約が成立しなかった。ヤクルト球団では、バーネットへ残留を要請する方針の下に、12月2日付でNPBから公示された保留選手名簿にバーネットを記載。しかし、バーネット自身の意向やMLBの複数球団からの身分照会を受けて、移籍を事実上容認する姿勢に転じた。結局、保留選手名簿からの除外を経て、同月8日付でNPBから自由契約選手として公示された。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • 団野村

    団野村から見たポスティングシステムポスティングシステム

    2010年11月、ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指した岩隈久志の代理人を務め、最高額を入札したオークランド・アスレチックスと交渉を行う。交渉は難航し、22日にはアスレチックスとの交渉決裂が報じられた。野村は当初この報道を否定したものの、2週間後の12月6日に契約不成立が発表された。これについて野村は双方の希望に隔たりがあったと自身のTwitterで明かした。その交渉内容は、野村側が松坂大輔や黒田博樹の契約を比較対象として挙げたのに対し、アスレチックス側はコルビー・ルイスや井川慶を比較対象として挙げたというものであった。しかしその一方で、バリー・ジトが2007年にサンフランシスコ・ジャイアンツと契約した際の7年1億2600万ドルを比較対象として契約を要求したとの報道がなされた。野村は日本のメディアに対してこれを否定したが、サンフランシスコ・クロニクル紙のスーザン・スラッサーは「団氏がバリー・ジトの契約を要求したことに間違いはない。それだけでなく、団氏自らが『岩隈側の要求をもっともよく説明している記事』と引用し続けたほど」と反論した。交渉決裂後、アスレチックスと地元紙から、それぞれ「うそをリークして報道させた。不愉快な思いをさせた」「事実と違う報道をした」という趣旨で謝罪があったことを野村を通じて岩隈に伝えたとする報道がなされた。しかし、サンフランシスコ・クロニクル紙はこれを否定。その後、野村は「『謝罪した』とする発言について明日取り消す」と同紙に連絡を入れたという(実際に取り消されたかは不明)。翌2011年8月2日には岩隈が代理人をポール・コブに変更していたことが報じられた。団野村 フレッシュアイペディアより)

  • Mr.カラスコ

    Mr.カラスコから見たポスティングシステムポスティングシステム

    2006年9月3日、楽天vsソフトバンク試合中のパフォーマンスにおいて、バイクで走行中転倒。右手羽元を損傷(公式発表による)。このケガはローカルニュースでも大きく取り上げられた。しばらく「行方不明」になった後、10月1日の最終戦で復活を果たした。12月、記者会見の席上、ポスティングシステムによる移籍を要求。球団は前年と同様に「そもそも契約をしていない」と突っぱねたが、宮城県や仙台市をはじめとした数団体がポスティング移籍に対してのオファーを出している。12月27日、Zepp Sendaiにて開催されたSendai Entertainment Circusというライブイベントに乱入。どよめく観客の中に飛び込み、嵐のように去っていった。Mr.カラスコ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見たポスティングシステムポスティングシステム

    ポスティングシステムでのMLB移籍を表明していた楽天の田中将大が、ニューヨーク・ヤンキースと7年総額1億5500万ドルで契約合意2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 畑中譲

    畑中譲から見た入札制度ポスティングシステム

    ●?市内業者育成に伴う入札制度改革畑中譲 フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード