67件中 41 - 50件表示
  • 柳賢振

    柳賢振から見たポスティングシステムポスティングシステム

    10月末、ポスティングシステムを行使して一定額の入札があった場合のみメジャー移籍を認める方針を球団が発表。11月10日にロサンゼルス・ドジャースが約2573万ドルで落札したと発表され、交渉期限の12月9日(米国時間)に6年総額3600万ドル+出来高で契約。これにより、KBO(韓国プロ野球)から直接MLB(メジャーリーグベースボール)に移籍した初の韓国人選手となった。またMLB移籍が決まったことで、2013 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表も辞退した。柳賢振 フレッシュアイペディアより)

  • 井川慶

    井川慶から見たポスティングシステムポスティングシステム

    10月4日の対広島戦(広島市民球場)でプロ野球史上71人目となるノーヒットノーランを達成した。同年オフにポスティングシステムでのメジャー移籍を希望するが、球団との交渉が決裂。自費キャンプとなり、否定的な報道や一部世論の反発に遭った。以降毎年オフに球団に対しポスティングによるメジャー移籍を希望することになった。井川慶 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たポスティングシステムポスティングシステム

    欠場中、団野村を代理人として、ポスティングシステム(入札移籍制度)によるメジャーリーグ入りを企図していることが報じられる。11月3日にメジャーリーグ入りの意思を表明。近鉄と2年前に結んだ契約にポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を容認する内容が含まれていたと説明する。11月8日の選手分配ドラフトの結果、合併球団オリックス・バファローズに振り分けられた。12月1日に合併球団が発足、4年契約の2年目を終えた時点で球団が消滅してしまったため、残りの契約期間の年俸(2年分10億円)に相当する保証金を近鉄に要望、うち3億円が功労金として支払われた。近鉄在籍時代に記録した307本塁打は球団記録となった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースから見たポスティングシステムポスティングシステム

    には井川慶がポスティングシステム(入札制度)により5年契約を結んだが、不振により入団2年目の途中にメジャー契約を解除された。ニューヨーク・ヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たポスティングシステムポスティングシステム

    同年のMLBドラフトが近付くにつれ、米メディアは「45年の歴史を持つMLBドラフト史上で『最高の選手』」と報じるようになり、前年度勝率最下位のワシントン・ナショナルズによる全体1位指名は確実視されていたが、代理人のスコット・ボラスが、2006年オフにポスティングシステムでボストン・レッドソックスに入団した松坂大輔の事案を引き合いにドラフト史上最高額の総額5000万ドルを要求していることが報じられ、財政力に乏しいナショナルズとの契約成立は不安視された。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • 石井一久

    石井一久から見たポスティングシステムポスティングシステム

    オフには「今まで具体的な夢を持ったことはなかったけど、初めて描いた夢がメジャーだった」とメジャー挑戦を表明し、ジョー・アーボンを代理人とする。前年から球団に訴えていたポスティングシステムでのメジャーリーグ移籍を目指したが、9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件の影響を受け、一時はヤクルトと再契約を結んでメジャーリーグへの移籍を断念する。同年12月には彩子夫人との間に長男(第一子)が誕生した。しかし、1月7日に石井が移籍希望球団として挙げていたロサンゼルス・ドジャースが入札したことを受け、ドジャースと3年1230万ドルで契約を結んだ。入団会見では彩子夫人が小学2年から中学2年までロサンゼルス在住だったことを受けて「僕の妻はカリフォルニア人」とジョークを交え、会場の笑いを誘った。石井一久 フレッシュアイペディアより)

  • モスラ (架空の怪獣)

    モスラ (架空の怪獣)から見たポスティングシステムポスティングシステム

    井川慶 - 阪神タイガースの投手。ポスティングシステムでニューヨーク・ヤンキースが彼を落札したとき、ゴジラの愛称で知られる松井秀喜にちなみ「モスラ井川」「だっぺモスラ」とメディア内でいわれるようになった。モスラ (架空の怪獣) フレッシュアイペディアより)

  • トレード

    トレードから見たポスティングシステムポスティングシステム

    プロ野球では、フリーエージェント、自由契約後、ポスティングシステムなどの移籍以外をトレードと呼ぶ。異なるリーグ間の球団で、レベル的に近いお互いの選手を入れ替える交換トレードが多いが、移籍元球団に金銭を支払って選手を迎え入れる金銭トレード、交換トレードと金銭トレードの併用もあり、同じリーグの球団でトレードが行われるケースもある。何の代償もなしに選手を譲渡する無償トレードと呼ばれるものもある(金銭トレードでも移籍金が非常に低額な「実質無償トレード」という場合もある。巨人が本原正治、山田武史をダイエーに譲渡したときの移籍金は二人で数十万円だったといわれる)。また、3球団を巻き込んだトレードは三角トレードと呼ばれる。通常のトレードは選手の意思に関係なく球団間の合意で決定されるが、門田博光がオリックス、ダイエーに移籍した場合のように本人の希望による場合も希にある。トレード フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    1月、ダルビッシュ有がポスティングシステムを利用して大リーグ・テキサス・レンジャーズに移籍。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は開幕から抑えとして安定した投球を見せた。7月20日のオールスター第1戦ではセ・リーグから登板した9人の投手のうち最後に登場し、「僕の変化球なんか誰も見たくないでしょ?」と全て直球勝負で2三振を奪い、試合を締めた。9月7日の対巨人戦ではリリーフ投手として史上初の3年連続100奪三振を達成。シーズン終盤にはセ・リーグ記録となる10試合連続登板をして2勝7セーブ、防御率1.80で、チームは10連勝した。10月3日のチーム最終戦で日本タイ記録(前々年の岩瀬仁紀と並ぶ、右投手としては新記録)となる46セーブ目を挙げ、初の最多セーブ投手を獲得。オフには球団にポスティングシステムの行使を申請し、「自分の気持ちにウソをついたまま来年プレーするのがイヤだった」としてメジャー挑戦を希望していることを表明したが、ポスティング行使は否認された。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード