102件中 41 - 50件表示
  • ミネソタ・ツインズ

    ミネソタ・ツインズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    2011年は西岡剛をポスティングシステムで獲得し、チーム初の日本人選手となった。救援陣の放出が響くのと同時にジョー・マウアー、ジャスティン・モルノー、西岡剛など故障者が続出し、また、デルモン・ヤングをデトロイト・タイガースに、ジム・トーミをクリーブランド・インディアンズにトレードするなど、チームの主軸が移籍したために失速。4年振りに勝率5割を切り、11年振りの地区最下位に沈んだ。ミネソタ・ツインズ フレッシュアイペディアより)

  • 扇千景

    扇千景から見た入札制度ポスティングシステム

    事実、扇自身も、自らの起用理由が第1次橋本内閣で建設大臣の地位にあった中尾栄一の汚職事件に起因することは意識していた。これらの問題を解決するため、扇は、汚職の原因である入札制度について世界中の事例を調査するように命じた。フランス、ドイツ、イタリアで施行されている「公共工事基本法」を参考とし、公共工事の入札の透明化を図るため、公共工事入札契約適正化法を作成することを課題とした。法案提出に当たっての問題は、公共工事の所管が各省庁に分散しており、調整作業を通常の慣行で実施した場合に5年はかかると見込まれたことであった。そこで扇は総理の森に直訴したところ、森は「扇君が建設大臣として公共工事の基本法をつくろうとしているから、関係の省庁は挙げて協力するように」と閣議で指示した。その結果、法案提出は3か月で達成され、同法は成立に至った。扇千景 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ボラス

    スコット・ボラスから見たポスティングシステムポスティングシステム

    ドラフトではないものの、2006年のポスティングシステムによる松坂大輔のボストン・レッドソックスへの入団交渉においても、同チームオーナーであるヘンリーの自家用機で交渉が行われていたが、交渉期限10分前になってもチーム側提示額とボラス側の要求額には開きがあり(6年5500万ドルを要求していた)交渉期限3分前で松坂自身から「金額よりも入団が先」とボラスにストップをかけギリギリで交渉成立となった。さらにこの翌年、ボラスはこの際の交渉を引き合いに出し、ワシントン・ナショナルズからドラフト指名されたスティーブン・ストラスバーグの入団交渉で総額5000万ドルという史上最高の金額を要求した。スコット・ボラス フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス・ドジャース

    ロサンゼルス・ドジャースから見たポスティングシステムポスティングシステム

    のシーズン中にキューバから亡命したヤシエル・プイグを獲得し、他球団からジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレス、カール・クロフォード、ハンリー・ラミレスなどをトレードで獲得した。トレードで獲得した彼らは将来にわたって高額な契約を残しており、資金力によって戦力補強を行った。オフには投手として史上2番目の大型契約でザック・グレインキーを獲得し、韓国プロ野球からポスティングシステムを申請した柳賢振に入札し獲得した。ロサンゼルス・ドジャース フレッシュアイペディアより)

  • 三井浩二

    三井浩二から見たポスティングシステムポスティングシステム

    、同年は23試合の登板で防御率7点台と精彩を欠いたシーズンとなった。シーズン終了後、ポスティングシステムを利用する。西武でのポスティングシステム利用は3人目で、35歳での利用は史上最高齢であった。しかし期限までに入札を行う球団は現れず、2009年1月5日に再申請を申し出るが、入札を行う球団は無く、西武と再契約する。「入札されなかった選手が同一年度内に再度ポスティングシステムを利用すること」や、「2回続けて応札が無かったこと」は、共に史上初である。三井浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たポスティングシステムポスティングシステム

    ''、オリックスとの開幕戦では5安打1失点完投の好投を見せるも、打線が金子千尋に4安打完封と抑えこまれ、敗戦投手となった。その後もなかなか勝ちがつかず、初勝利は4月10日の対オリックス戦であった。4月17日の対ソフトバンク戦で初の完投勝利を挙げると、4月24日の対日本ハム戦ではダルビッシュと投げ合い、完封勝利を挙げる。6月5日の対横浜ベイスターズ戦では三浦大輔から三振を奪い、通算1000奪三振を記録。7月10日の対埼玉西武ライオンズ戦では涌井秀章に投げ勝ち、8月31日の対ロッテ戦では通算100勝を6回無失点の好投で飾った。最終的に防御率2.82の好成績を記録するものの、10勝9敗に終わったが、3年連続2桁勝利を達成。オフには団野村を代理人としてポスティングシステムでのメジャー挑戦を表明。球団はポスティングシステム行使を容認し、オークランド・アスレチックスが交渉権を獲得。スティーブン・ストラスバーグと同水準の4年1525万ドルを提示されたが、岩隈サイドが7年1億2500万ドルを要求したとも言われ、その後の交渉は難航。交渉期限の12月7日午前0時(米国東部時間=日本時間同日午後2時)までの契約合意に至らなかった。その後、入札額についてはアスレチックスが1910万ドル、次いでミネソタ・ツインズが770万ドルの入札をしていたことが明かされ、8日に仙台市内の球団事務所で記者会見し、改めて残留を表明した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩村明憲

    岩村明憲から見たポスティング・システムポスティングシステム

    WBC日本代表に選出され、ラウンド2までの全試合にスタメン出場し毎試合安打を記録する活躍を見せるが、故障で準決勝以降は欠場。レギュラーシーズンではリーグ全体がやや打低化したのに対し岩村は打率.311(リーグ5位)、32本塁打(リーグ5位)、OPSも.933(リーグ4位)と前年とほぼ同程度の数値を記録し、2004年から3年連続3割30本塁打を達成。RCWINは自己最高の数値を記録した。シーズン終了後にはポスティング・システムを行使し、タンパベイ・デビルレイズが455万ドルで交渉権を獲得。アラン・ニーロを代理人とした。岩村明憲 フレッシュアイペディアより)

  • 荒川事件

    荒川事件から見たポスティングシステムポスティングシステム

    現在では、トレード移籍を前提とした選手契約は禁止されており、に近鉄バファローズが福留孝介を1位指名した際、入団を渋る福留に「3年後の移籍を条件に」と交渉した近鉄がコミッショナーから注意を受けている。結局、福留は近鉄には入団せず、3年後のドラフト会議で中日に指名され入団した。なお、禁止されているのはあくまで国内球団のトレード移籍であり、大谷翔平は「5年後にポスティングシステムでのメジャー移籍を容認する」という条件で渡米を断念し、日本ハムに入団している。荒川事件 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見たポスティングシステムポスティングシステム

    この移籍は、大リーグから松井稼頭央・岩村明憲両内野手を獲得したため同じ内野手である渡辺の出場機会が減少する可能性があった楽天と、内野手の補強を目指していた横浜との間で思惑が一致して決断されたとも報道されたが、一方でポスティングシステムによって大リーグ移籍を目指していた岩隈久志の入札金を補強費として見込んでいた楽天球団が、岩隈の残留によって入札金が入らず補強費不足となり、人的補償の無い金銭トレードに向かったとも報道された(ただし、球団側は否定している)。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 明石健志

    明石健志から見たポスティングシステムポスティングシステム

    ''は、入団1年目の5月2日、対大阪近鉄バファローズ戦で8回表1点ビハインド一死無走者から本間満の代打で初出場すると、川尻哲郎のスライダーをプロ入り初打席初安打となる右中間三塁打を放ち、川崎宗則のライトへの同点犠牲フライにより初得点も記録した。三塁守備要員として吉本龍生が送られたため守備に付くことはなかった。その後3試合は代打起用のみ、5月9日の対オリックス・ブルーウェーブ戦9回1点ビハインドの場面でヒットを打った先頭ペドロ・バルデスの代わりにプロ初の代走起用され、二死満塁本間の打席中に山口和男が暴投した所、すかさず本塁を陥れ同点とし、本間のサヨナラ打を呼んだ。王貞治監督の構想により本格的に外野練習に取り組むことが決まった。5月12日対西武ライオンズ戦9回表、高橋和幸に代わり中堅手としてプロ入り初の守備に付き、二死二三塁の場面で佐藤友亮のセンター前ヒットを処理して本塁へ好返球して二塁走者の後藤武敏を刺した。5月13日から実戦経験を積むため二軍で調整することになった。10月27日の宮崎キャンプ2日目、右肩痛でキャンプ不参加の川崎、ポスティングシステムによりメジャー挑戦を狙っていた井口資仁という二遊間事情から、王監督は明石を内野で育成する方針を打ち出した。ウエスタン・リーグでは81試合に出場し、打率.304(リーグ6位)、三塁打12本(リーグ1位)、19盗塁(リーグ4位)と力を示し、ウエスタン・リーグ優秀選手賞を受賞した。明石健志 フレッシュアイペディアより)

102件中 41 - 50件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード