67件中 51 - 60件表示
  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たポスティングシステムポスティングシステム

    オフには団野村を代理人としてポスティングシステムでのメジャー挑戦を表明。球団はポスティングシステム行使を容認し、オークランド・アスレチックスが交渉権を獲得。スティーブン・ストラスバーグと同水準の4年1525万ドルを提示されたが、その後の交渉は難航。交渉期限の12月7日午前0時(米国東部時間=日本時間同日午後2時)までの契約合意に至らなかった。その後、入札額についてはアスレチックスが1910万ドル、次いでミネソタ・ツインズが770万ドルの入札をしていたことが明かされ、8日に仙台市内の球団事務所で記者会見し、改めて残留を表明した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たポスティングシステムポスティングシステム

    2007年に松坂大輔がメジャーリーグに移籍した際には、ボストン・レッドソックスはポスティングシステムで西武ライオンズと約5100万ドル、本人と約5200万ドルと合計1億ドルを超える巨額の契約をし、日米ともに話題になった。選手側も少しでも良い条件を引き出すために、球団と契約交渉を行うための代理人を置くことがある。松井秀喜がアーン・テレムという敏腕代理人を置いたことで、メジャーリーガーには代理人がつくことが日本でも広く知られることになった。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • シンシナティ・レッズ

    シンシナティ・レッズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    1999年にポスティングシステムでアレファンドロ・ケサダ(当時広島東洋カープ)を獲得しているが、これまでレッズに在籍した日本人選手はいない。シンシナティ・レッズ フレッシュアイペディアより)

  • 大塚晶則

    大塚晶則から見たポスティングシステムポスティングシステム

    のシーズン終了後、ポスティングシステムでのメジャーリーグ移籍を目指して入札を募集したがメジャーからの入札はなかった。大塚はポスティングにかけられた時点で余剰戦力になったはずであると主張し、自由契約を希望する。その後、近鉄球団がポスティング手続きにおいて手違いをしていたことが明らかになり、その不信感もあって金銭トレードで中日ドラゴンズへ移籍。大塚晶則 フレッシュアイペディアより)

  • 尹錫ミン (投手)

    尹錫ミン (投手)から見たポスティングシステムポスティングシステム

    はシーズン中に離脱することなくチームのエースとして活躍し、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最優秀勝率と4つの個人タイトルを獲得しただけでなく、自身初となる公式戦MVP(最優秀選手)にも選ばれるなど最高のシーズンとなった。オフにはスコット・ボラスと代理人契約を結び、この年資格を得たポスティングシステムを行使してのメジャー挑戦の可能性も報じられた。尹錫ミン (投手) フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見たポスティングシステムポスティングシステム

    も3番打者としてチームを牽引した。一時は打率が4割を越えたが、シーズン終盤はチャンスでの併殺打が増えた。同年オフにはポスティングシステムを利用したメジャーリーグ挑戦を球団側に訴えたが、交渉窓口となった球団本部長(当時)の前田康介が「話し合いの結果、残留で決まった」と報道陣に対して一方的に発表したことから、中島は「勝手に発表された。『分かった』としか言われていない」と、事実と異なる説明をされたとして球団に対する不信感を露にした。その後、監督の渡辺久信の仲裁により球団側と再度話し合い、残留することが正式に発表された。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 三井浩二

    三井浩二から見たポスティングシステムポスティングシステム

    シーズン終了後、ポスティングシステムを利用する。西武でのポスティングシステム利用は3人目で、35歳での利用は史上最高齢であった。しかし期限までに入札を行う球団は現れず、2009年1月5日に再申請を申し出るが、入札を行う球団は無く、西武と再契約する。「入札されなかった選手が同一年度内に再度ポスティングシステムを利用すること」や、「2回続けて応札が無かったこと」は、共に史上初である。三井浩二 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たポスティングシステムポスティングシステム

    「WBCで日本が優勝したことで我々の国の野球は世界で一番だと証明されたんだ。なのに、なぜ皆“メジャーで挑戦”と言う?」と日本人選手のメジャーリーグ志向に警鐘を鳴らしている。また、松坂大輔のポスティングシステムによるメジャー移籍の際にも「入札には日本の球団も参加できるようにすべきだ」と話している。しかし2009年、ニューヨークタイムズの取材で、第2回WBCについてコメントをした際には、MLBを優先してベストメンバーの揃わないアメリカ代表を擁護する発言をしている。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見たポスティングシステムポスティングシステム

    5試合連続猛打賞、1試合4二塁打の日本タイ記録を達成した。開幕戦は7番で迎えたが、シーズン途中から3番打者としてほぼ定着し、ダイハード打線の中軸を担った。1番・村松有人、2番・川崎宗則とともに盗塁を量産、終盤に村松が骨折で離脱したこともあり2年ぶりの盗塁王(42盗塁)に輝いた。さらに松中、城島、ペドロ・バルデスとともに史上初の100打点カルテットを形成した。最終的に打率.340(リーグ4位、リーグベストテンに入ったのは自身初)、27本塁打(リーグ12位)、109打点(リーグ5位)。2度目のベストナイン・ゴールデングラブ賞にも選ばれた。日本シリーズでは、打率は.231に終わったものの、本塁打を2本放ち、優秀選手に選ばれた。オフには一時ポスティングシステムでのメジャー移籍を球団から承認されていたが、小久保裕紀の読売ジャイアンツへの移籍により否認。契約更改では「中内正オーナーの経営体制が刷新した場合、もしくは高塚代行が退任した場合、自由契約の選択権は井口にある」との覚書を交わした。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原健太

    栗原健太から見たポスティングシステムポスティングシステム

    、目標をシーズン通しての出場、50本塁打とした。前年に続きアメリカアリゾナ州で始動。嶋、吉田圭と共に自主トレを行った。怪我の間に13%に上がっていた体脂肪を9%に戻し、また1日6食療法で今回は92kgに減量した。後半戦は骨棘による肘の痛みなどもありながら全試合出場を果たし、リーグ打撃5位と好成績を収めた。シーズンで長打率.500を超えた右打者で三振が二桁台の打者はセ・リーグでは栗原だけだった。勝利打点11は前田智徳、新井の8を抜きチーム1位と、勝利に貢献した。また左右どちらの投手相手でも打率3割を超えた。オフには「FAとかポスティングとかは分からないが、メジャーに行きたいという願望はある」と、将来的なメジャー挑戦志向があることを明かした。栗原健太 フレッシュアイペディアより)

67件中 51 - 60件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード