102件中 51 - 60件表示
  • 朴炳鎬

    朴炳鎬から見たポスティングシステムポスティングシステム

    9月21日のNCダイノス戦で、韓国プロ野球史上初となる2年連続50本塁打以上を記録した。10月2日のロッテ・ジャイアンツ戦では韓国プロ野球新記録となるシーズン146打点を達成。10月7日に第1回WBSCプレミア12の韓国代表に選出された。11月にMLB移籍のため、ポスティングシステムの行使を申請し、11月10日に落札額1285万ドルでミネソタ・ツインズが独占交渉権を得たことが発表された。朴炳鎬 フレッシュアイペディアより)

  • 林昌勇

    林昌勇から見たポスティングシステムポスティングシステム

    から先発に転向、シーズンには17勝を挙げて韓国シリーズ優勝にも貢献している。このシーズンオフには海外移籍を目論み、ポスティングシステムでの入札を受けたが提示された入札額が65万ドルと低額であったことに球団側が難色を示し締結せず失敗。同年オフ、今度はFA権を行使して日本球界に絞った海外移籍を目指したがこれも失敗し、最後にはサムスンと再契約をした。かねてから海外移籍願望が強い選手だった。には東北楽天ゴールデンイーグルスや福岡ソフトバンクホークスに2002年のビデオを送るなどしたものの契約には至らなかった。メジャーとも交渉を行ったものの、これも思ったように進まず、結局サムスンに2年契約で残留。この際に母親が三星側との契約拒絶とメジャーとの契約を表明するなどして話題になってしまった。2004年はチーム事情で再び抑えに戻された。林昌勇 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のメジャーリーグベースボール

    2017年のメジャーリーグベースボールから見たポスティングシステムポスティングシステム

    ロサンゼルス・エンゼルスはこの日、北海道日本ハムファイターズからポスティングシステムでMLB移籍を目指していた大谷翔平と契約。代理人のネズ・バレロがこの日発表。2017年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 柴田倫世

    柴田倫世から見たポスティングシステムポスティングシステム

    退社後は2005年4月3日放送の『世界ウルルン滞在記スペシャル』(毎日放送制作・TBS系)で活動を再開、夫の遠征中などを見計らって芸能活動を続けていた。日本時間2006年12月15日未明、松坂がポスティングシステムでボストン・レッドソックスへ移籍することが決まったため、2007年家族3人で渡米し、米国での生活を開始。当分は、松坂のサポートと娘の育児に専念し、芸能活動は控え目になっていたが、不定期に、女性雑誌「saita」(セブンアンドアイ出版)の表紙を飾るなど、完全リタイアしたわけではない。柴田倫世 フレッシュアイペディアより)

  • 李尚勲

    李尚勲から見たポスティングシステムポスティングシステム

    1997年のシーズンオフ、当時メジャーで好成績を挙げ始めた朴賛浩(パク・チャンホ)の影響で、球団承認下でポスティングシステムを使ってメジャー移籍を試みる。しかし、当時は韓国プロ野球のレベルについて認識が低く、少なくとも200万ドルの移籍料を期待していた球団側の思惑とは裏腹にボストン・レッドソックスが60万ドルで落札。これを受け、球団はメジャー移籍を諦めさせて、提携関係にあった中日ドラゴンズへの移籍を勧める。メジャー志向が強く、日本移籍には興味がなかったが、「韓国でやりたくないなら、メジャーでも認められている日本で活躍して、そこからメジャーに移籍すればいいじゃないか」という球団の説得を受けて中日移籍を決心したという。李尚勲 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たポスティングシステムポスティングシステム

    「WBCで日本が優勝したことで我々の国の野球は世界で一番だと証明されたんだ。なのに、なぜ皆“メジャーで挑戦”と言う?」と日本人選手のメジャーリーグ志向に警鐘を鳴らしている。また、松坂大輔のポスティングシステムによるメジャー移籍の際にも「入札には日本の球団も参加できるようにすべきだ」と話している。しかし2009年、ニューヨーク・タイムズの取材で、第2回WBCについてコメントをした際には、MLBを優先してベストメンバーの揃わないアメリカ代表を擁護する発言をしている。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • 石井一久

    石井一久から見たポスティングシステムポスティングシステム

    オフには「今まで具体的な夢を持ったことはなかったけど、初めて描いた夢がメジャーだった」とメジャー挑戦を表明し、ジョー・アーボンを代理人とする。前年から球団に訴えていたポスティングシステムでのメジャーリーグ移籍を目指したが、9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件の影響を受け、一時はヤクルトと再契約を結んでメジャーリーグへの移籍を断念する。同年12月には彩子夫人との間に長男(第一子)が誕生した。石井一久 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原健太

    栗原健太から見たポスティングシステムポスティングシステム

    には、目標をシーズン通しての出場、50本塁打とした。前年に続きアメリカアリゾナ州で始動。嶋、吉田圭と共に自主トレを行った。怪我の間に13%に上がっていた体脂肪を9%に戻し、また1日6食療法で今回は92kgに減量した。後半戦は骨棘による肘の痛みなどもありながら全試合出場を果たし、リーグ打撃5位と好成績を収めた。シーズンで長打率.500を超えた右打者で三振が二桁台の打者はセ・リーグでは栗原だけだった。勝利打点11は前田智徳、新井の8を抜きチーム1位と、勝利に貢献した。また左右どちらの投手相手でも打率3割を超えた。オフには「FAとかポスティングとかは分からないが、メジャーに行きたいという願望はある」と、将来的なメジャー挑戦志向があることを明かした。栗原健太 フレッシュアイペディアより)

  • 金廣鉉

    金廣鉉から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は13勝をあげ、復活を予感させた。公式戦終了後にMLB挑戦を表明し、11月にポスティングシステムの行使を要請。最高入札額200万ドルをつけたサンディエゴ・パドレスと入団交渉することになったが、12月12日に交渉期間内に契約がまとまらなかった事が発表され、SKに残留した。金廣鉉 フレッシュアイペディアより)

  • 尹錫ミン (投手)

    尹錫ミン (投手)から見たポスティングシステムポスティングシステム

    はシーズン中に離脱することなくチームのエースとして活躍し、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率の4つの個人タイトルを獲得。他にも自身初となる公式戦MVPとゴールデングラブ賞を受賞するなど、最高のシーズンとなった。オフにはスコット・ボラスと代理人契約を結び、この年資格を得たポスティングシステムを行使してのメジャー挑戦の可能性も報じられたが、球団の説得で所属チームに残留した。尹錫ミン (投手) フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード