102件中 61 - 70件表示
  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たポスティングシステムポスティングシステム

    同年のMLBドラフトが近付くにつれ、米メディアは「45年の歴史を持つMLBドラフト史上で『最高の選手』」と報じるようになり、前年度勝率最下位のワシントン・ナショナルズによる全体1位指名は確実視されていたが、代理人のスコット・ボラスが、2006年オフにポスティングシステムでボストン・レッドソックスに入団した松坂大輔の事案を引き合いにドラフト史上最高額の総額5000万ドルを要求していることが報じられ、財政力に乏しいナショナルズとの契約成立は不安視された。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • 小林宏之 (野球)

    小林宏之 (野球)から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は、シーズンを通して先発ローテーションを守り、自己最多の投球回を達成。13勝を挙げて3年連続の二桁勝利となった。クライマックスシリーズでも第1ステージ第2戦・第2ステージ第2戦で先発したが、第1ステージでは2回途中6失点の大乱調で敗戦、第2ステージでは足の痙攣が治まらず4回途中に降板した。同年は北京五輪アジア予選日本代表に選出され、初戦の対フィリピン戦を打者3人、2奪三振で締めた。背番号はロッテでの41を稲葉篤紀に譲って14を着けた。オフにはポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍の希望を球団に訴えたが認められず、総額2億円+出来高の2年契約を結んだ。小林宏之 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 入来 祐作

    入来祐作から見たポスティングシステムポスティングシステム

    2003年12月に、井出竜也との交換トレードで北海道日本ハムファイターズに移籍。移籍交渉の際には、代理人を通じて、ポスティングシステムによる2年後のメジャーリーグ球団への移籍を容認することを求めた。入来祐作 フレッシュアイペディアより)

  • モスラ (架空の怪獣)

    モスラ (架空の怪獣)から見たポスティングシステムポスティングシステム

    井川慶 - オリックス・バファローズ・投手。ポスティングシステムでニューヨーク・ヤンキースが彼を落札したとき、ゴジラの愛称で知られる松井秀喜にちなみ「モスラ井川」「だっぺモスラ」とメディア内でいわれるようになった。モスラ (架空の怪獣) フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見たポスティングシステムポスティングシステム

    ポスティングシステムの新協定成立後の12月17日には翌シーズンのMLB挑戦を希望していることを表明し、25日に球団からポスティングシステムの行使を容認される。マネジメント契約を結んでいたホリプロとの契約はこの年で終了し、エクセル・スポーツ・マネジメントのを代理人として契約交渉を行う。田中はプロ入り当初からメジャー願望を持っていたことを当時の監督であった野村が後に明かしている。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 柳賢振

    柳賢振から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は打線の援護を得られず自己最少の9勝に終わったが、歴代最多タイとなる5度目の最多奪三振タイトルを獲得した。オフには、オリックス・バファローズが獲得に向けて調査していると報じられたが、柳は「俺の夢はメジャーリーガーになること。日本プロ野球には全く関心がない」と語った。10月末、ポスティングシステムを行使して一定額の入札があった場合のみメジャー移籍を認める方針を球団が発表。メジャーリーグ8球団競合の末、ロサンゼルス・ドジャースが約2573万ドルで落札したと発表された。柳賢振 フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・ペレス

    ティモ・ペレスから見たポスティングシステムポスティングシステム

    シーズン終了後にはアレファンドロ・ケサダと共に、ポスティングシステムによるメジャーリーグ入団を目指すが、ケサダと対照的に獲得希望の球団が現れなかったため、カープと再契約。ティモ・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • 森慎二

    森慎二から見たポスティングシステムポスティングシステム

    ユニホームの背ネームはS.MORIだった。シーズンオフ、ポスティングシステムによるメジャーリーグ挑戦を表明し、タンパベイ・デビルレイズと2年契約を結んだ。森慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は一時打率が4割を越えたが、シーズン終盤はチャンスでの併殺打が増えた。同年オフにはポスティングシステムを利用したメジャーリーグ挑戦を球団側に訴えたが、交渉窓口となった球団本部長(当時)の前田康介が「話し合いの結果、残留で決まった」と報道陣に対して一方的に発表したことから、中島は「勝手に発表された。『分かった』としか言われていない」と、事実と異なる説明をされたとして球団に対する不信感を露にした。その後、監督の渡辺久信の仲裁により球団側と再度話し合い、残留することが正式に発表された。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たポスティングシステムポスティングシステム

    シーズン終了後には、11月に日本で開かれた日米野球2014で、日本代表の一員として第2戦で先発。また、「アメリカの球場の雰囲気に昔から憧れていた」として、MLBへ挑戦する意向があることを明言した。シーズン中に国内FA権の取得要件を満たしたことから、国内FA権を行使したうえでオリックスへ残留した後に、MLB球団への移籍に向けて球団にポスティングシステムの行使を容認する可能性が一時は報じられた。しかし、11月29日に右肘の除去手術を受けたことから、MLB球団への移籍をひとまず断念。12月24日には、4年契約・推定年俸総額20億円に出来高分を加えた条件で残留することを表明した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード