102件中 71 - 80件表示
  • 2010年代の日本

    2010年代の日本から見たポスティングシステムポスティングシステム

    プロ野球ではポスティングシステムでアメリカメジャーリーグ (MLB) を目指す選手が増え、ダルビッシュ有や田中将大などの主力選手が次々と進出する。また、1990年代から活躍するイチローは40歳を迎えても活躍を続けており、2016年には史上30人目となるMLB通算3000本安打を達成した。一方、国内リーグでは投手では大谷翔平、藤浪晋太郎、野手では柳田悠岐、山田哲人などの登場で世代交代が進む。特に大谷は、投手と野手を兼ねる「二刀流」として注目を集める。2010年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム

    ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムから見たポスティングシステムポスティングシステム

    2017年途中にトレードでジャスティン・アップトンを獲得した。オフにはポスティングシステムで大谷翔平を獲得した。FAのザック・コザートを獲得し三塁手にコンバートした。正二塁手としてトレードでイアン・キンズラーを獲得した。ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム フレッシュアイペディアより)

  • シンシナティ・レッズ

    シンシナティ・レッズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    1999年にポスティングシステムで日本プロ野球からドミニカ共和国出身のアレファンドロ・ケサダ(当時広島東洋カープ)を獲得したことはあるが、アジアの選手に対するスカウト活動や契約はお金がかかりすぎるという理由で消極的なこともあり、日本人選手が所属したことのないMLB唯一の球団となっている。シンシナティ・レッズ フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は里崎智也に代わってキャプテンに就任し、ユニフォームシャツの左胸に「C」マークが追加された。この年より社会貢献運動として、山田邦子が代表理事を務める「リボン運動・がんの薬を普及する会」に共鳴し、ヒット1本につき1万円を寄付する活動を始めた。レギュラーシーズンでは開幕から好調を続け、5月は打率.417・4本塁打・OPS 1.167の成績を残し月間MVPを獲得。7月にはファッションモデルの徳澤直子と結婚することを24日に自身のブログで報告し、26歳の誕生日である同月27日に婚姻届を提出。9月1日の対楽天戦でシーズン21回目の猛打賞を達成し、の別当薫の球団記録を更新。9月12日の対埼玉西武ライオンズ戦で1回に左前打を放ってシーズン181安打とし、に榎本喜八が記録したシーズン180安打を更新する球団新記録を達成。9月21日の対楽天戦でシーズン26回目の猛打賞を達成しイチローに並び、9月25日の対オリックス・バファローズ戦の4回に金子千尋から3安打目を放ち日本プロ野球新記録となる27回目の猛打賞を達成した。またイチロー以来パ・リーグ2人目、日本人のスイッチヒッターおよび内野手としては初となるシーズン200本安打を達成し、史上4人目となるスイッチヒッターでの首位打者かつ史上4人目の全試合フルイニング出場首位打者となり、最多安打のタイトルも獲得。フルイニング出場も果たし、日本プロ野球新記録となるシーズン692打席を記録。シーズン後には遊撃手部門でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。シーズン終了後、リック・サーマンを代理人としてポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を申請。11月に自身のブログで「メジャーで野球をすることは子供の頃からの夢だった。自分の力も知った上で挑戦したい」と述べ、メディアには「若いうちに挑戦して、日本人内野手の評価を上げたい気持ちが強い」と、ポスティングを希望した理由を説明した。ミネソタ・ツインズが532万9,000ドルで交渉権を獲得した。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球10

    実況パワフルプロ野球10から見たポスティングシステムポスティングシステム

    カイザースの捕手。猪狩守の弟。オリックス・ブルーウェーブから金銭トレードで移籍。謙虚で人当たりの良い好人物。しかし幼少より兄と己を比較して育った為か、内に劣等感を抱えている。物語終了時にポスティングシステムでアメリカのレギュラーリーグレッドエンジェルスに移籍。誕生日は1982年2月14日。20歳。実況パワフルプロ野球10 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は開幕から抑えとして安定した投球を見せた。7月20日のオールスター第1戦ではセ・リーグから登板した9人の投手のうち最後に登場し、「僕の変化球なんか誰も見たくないでしょ?」と全て直球勝負で2三振を奪い、試合を締めた。9月7日の対巨人戦ではリリーフ投手として史上初の3年連続100奪三振を達成。シーズン終盤にはセ・リーグ記録となる10試合連続登板をして2勝7セーブ、防御率1.80で、チームは10連勝した。10月3日のチーム最終戦で日本タイ記録(前々年の岩瀬仁紀と並ぶ、右投手としては新記録)となる46セーブ目を挙げ、初の最多セーブ投手を獲得。オフには球団にポスティングシステムの行使を申請し、「自分の気持ちにウソをついたまま来年プレーするのがイヤだった」としてメジャーリーグ (MLB) 挑戦を希望していることを表明したが、ポスティング行使は球団に拒否された。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん

    ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくんから見たポスティングシステムポスティングシステム

    2001年、ポスティングシステムを利用して、シアトル・マルナーズへ移籍した。ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん フレッシュアイペディアより)

  • 大塚晶文

    大塚晶文から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は開幕直前に脇腹痛で出遅れたこともあり、41試合と前年より少し登板数は少なくなったが、2勝1敗22セーブ防御率1.28と安定感抜群の投球内容を見せた。シーズン終了後、ポスティングシステムでのメジャーリーグ移籍を目指して入札を募集したがメジャーからの入札はなかった。大塚はポスティングにかけられた時点で余剰戦力になったはずであると主張し、自由契約を希望する。大塚晶文 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見たポスティングシステムポスティングシステム

    オフにポスティングシステムを利用してのメジャーリーグ挑戦意思を球団に伝え、12月4日に譲渡金設定2000万ドルでポスティングが球団より容認された。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • 井川慶

    井川慶から見たポスティングシステムポスティングシステム

    10月4日の対広島戦(広島市民球場)でプロ野球史上71人目となるノーヒットノーランを達成。同年は前年より調子を落とし11敗を喫し、防御率も3.73と悪化したが、14勝を挙げ、チームのエースとしての役割を果たした。オフにポスティングシステムでのメジャー移籍を希望したが、球団との交渉が決裂。自費でのキャンプ参加となり、否定的な報道や一部世論の反発に遭った。以降毎年オフに球団に対しポスティングによるメジャー移籍を希望することになった。井川慶 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード