102件中 81 - 90件表示
  • ニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースから見たポスティングシステムポスティングシステム

    日本選手においては、まず伊良部秀輝が加入したことで話題になった。その後、に読売ジャイアンツから松井秀喜が移籍して再び話題になった。この年に読売ジャイアンツとの業務提携を結んでいる。読売ジャイアンツの前には日本ハムファイターズと業務提携をしていた。には井川慶がポスティングシステム(入札制度)により5年契約を結んだものの、不振により入団2年目の途中にメジャー契約を解除された。ニューヨーク・ヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見たポスティングシステムポスティングシステム

    メジャーリーグ経験者の岩村明憲や松井稼頭央を獲得。また、ポスティングシステムを利用してのメジャーリーグ移籍を表明していた岩隈も入札で独占交渉権を獲得したオークランド・アスレチックスとの交渉が決裂し、球団に残留。キャプテン制度導入に伴い、鉄平が球団初代キャプテンに就任した。チームスローガンは「Smart & Spirit 2011 真っすぐ」。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部メジャーリーグ移籍騒動

    伊良部メジャーリーグ移籍騒動から見たポスティングシステムポスティングシステム

    この騒動は他のMLB球団から機会均等を求める声が上がり、日本球界におけるポスティングシステムの確立に繋がった。伊良部メジャーリーグ移籍騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年の埼玉西武ライオンズ

    2018年の埼玉西武ライオンズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    2017年は2位で3年ぶりにAクラスとなり、クライマックスシリーズに出場したが、東北楽天ゴールデンイーグルスに1勝2敗で敗れた。オフに野上亮磨がFA宣言して読売ジャイアンツ、牧田和久がポスティングシステムを使用しサンディエゴ・パドレスに移籍した。新外国人としてニール・ワグナー、ファビオ・カスティーヨを獲得した。2018年の埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見たポスティングシステムポスティングシステム

    5試合連続の猛打賞、1試合4二塁打の日本タイ記録を達成した。開幕戦は7番で迎えたが、レギュラーシーズン途中から3番としてほぼ定着し、ダイハード打線の中心を担った。打率.340(リーグ4位)、27本塁打(リーグ12位)、109打点(リーグ5位)を記録し、OPS1.011(リーグ4位)はチームトップだった。2度目のベストナインとゴールデングラブ賞にも選ばれた。また終盤に村松有人が骨折で離脱したこともあり、2年ぶりの盗塁王(42盗塁)に輝き、松中、城島、ペドロ・バルデスと共に史上初の100打点カルテットを形成した。日本シリーズでは打率は.231に終わったものの、本塁打を2本放ち、優秀選手に選ばれた。年末には一時ポスティングシステムでのメジャー移籍を球団事務所から承認されていたが、小久保の読売ジャイアンツへの移籍により否認。契約更改では「オーナーの中内正の経営体制が刷新した場合、または高塚猛がオーナー代行を辞任した場合、自由契約の選択権は井口にある」との覚え書きを交わした。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 牧田和久

    牧田和久から見たポスティングシステムポスティングシステム

    ''開幕前の3月に選出されていたWBCに参加。シーズンでは中継ぎとして58試合に登板し3勝28ホールドを挙げた。11月23日にポスティングシステムでのメジャーリーグ挑戦を目指すことを表明。12月11日に球団が容認し、日本野球機構にポスティング申請をした。牧田和久 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のワールドシリーズ

    2011年のワールドシリーズから見たポスティングシステムポスティングシステム

    同地区のライバル球団が大型補強を行ったのに対し、レンジャーズの投手陣強化もフェリスの先発転向だけにとどまらない。続いて、日本プロ野球(NPB)からダルビッシュ有の獲得に乗り出す。ダルビッシュは、NPBがセ・パの2リーグ制になってからは史上初となる5年連続防御率1点台を達成し、所属する北海道日本ハムファイターズからポスティングにかけられていた。元々レンジャーズは早い段階から獲得に向けての準備を進めており、GMのジョン・ダニエルズ自らシーズン中の6月に日本を訪れてダルビッシュの投球を視察したり、NPB経験者のコルビー・ルイスや建山義紀を通じて日本球界への理解に努めたりしていた。こうした調査の末にチームはダルビッシュを高く評価し、実際にポスティングが公示されるとトロント・ブルージェイズら他球団を抑え、30日間の独占交渉権を落札した。そして交渉の末、期限切れ目前の1月18日に彼と6年契約を締結することで合意に至った。チームが彼の獲得に費やした資金は、交渉権落札費用と年俸総額で合わせて1億ドル以上と、MLBでまだ1球も投げていない投手への投資としては異例の大金だった。入団会見でダルビッシュは、レンジャーズがサヨナラ負けを喫したワールドシリーズ第6戦について「去年の僕だったら、あそこにいてホームランを打たれて負けていたと思う。でも今年はしっかりやれると思う」と語り、自信を覗かせている。2011年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 梁ヒョン種

    梁ヒョン種から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は2010年に並ぶ自己最多タイの16勝を記録。9月には仁川アジア大会韓国代表に選ばれ、準決勝の中国戦に先発登板し、2大会連続で優勝メンバーとなった。11月にはMLB挑戦の意思を表明し、ポスティングシステムの行使を申請したが、起亜が入札額(非公表)を不服とし、破棄となった。梁ヒョン種 フレッシュアイペディアより)

  • 青木宣親

    青木宣親から見たポスティングシステムポスティングシステム

    は全試合に出場したが、この年より導入された統一球の影響からかシーズン当初より不調が続いた。最終的に安打数こそセリーグ2位の170本を記録したが打率は.292に終わり、6年連続で継続していたシーズン打率3割の記録が途切れた。この年までの日本での通算打率は.329だが、通算4000打数以上が条件である通算打率へのランクインには100打数足りていない。10月28日に第1子である長女が誕生。11月10日にはポスティングシステムを行使してのメジャー挑戦を表明。12月18日に250万ドルでミルウォーキー・ブルワーズが交渉権を得たことが発表された。青木宣親 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見たポスティングシステムポスティングシステム

    夏場の苦戦が響いて中日にマジック点灯を許すが、一時戦線離脱していた藤川球児が復帰第一戦の8月27日の巨人戦で好投して連敗を止めてからは怒濤の反撃に転じ、結果的には2位に終わるも優勝した中日を最後まで苦しめた。片岡篤史が引退。オフに井川がポスティングシステムでMLB・ニューヨーク・ヤンキースへ移籍し、同じくMLBからエステバン・ジャンとライアン・ボーグルソンを獲得。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

102件中 81 - 90件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード