前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た団野村

    導入のきっかけは、1995年に野茂英雄が近鉄バファローズを退団しメジャーリーグ(MLB)への移籍を果たした一連の出来事による。野茂はFAではなかったため、自らの意思で移籍することができなかったが、野茂の代理人を務めた団野村から相談を受けたアーン・テレムが、日本プロ野球(NPB)球団所属選手が任意引退公示されることでMLBへ移籍できることを確認(若手選手が任意引退公示を受けマイナー球団に入団することは盛んに行われていた)。任意引退を行った選手が他の日本球団と選手契約について交渉する際には、引退時に所属した球団の承諾を得なければならなかったが、「日米間選手契約に関する協定」の成立前は、MLB球団が日本での最終所属球団の承諾を得ることが強制されていなかったことによる。野茂は任意引退公示を受けることで翌年ロサンゼルス・ドジャースと契約を結んだ。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た野茂英雄

    導入のきっかけは、1995年に野茂英雄が近鉄バファローズを退団しメジャーリーグ(MLB)への移籍を果たした一連の出来事による。野茂はFAではなかったため、自らの意思で移籍することができなかったが、野茂の代理人を務めた団野村から相談を受けたアーン・テレムが、日本プロ野球(NPB)球団所属選手が任意引退公示されることでMLBへ移籍できることを確認(若手選手が任意引退公示を受けマイナー球団に入団することは盛んに行われていた)。任意引退を行った選手が他の日本球団と選手契約について交渉する際には、引退時に所属した球団の承諾を得なければならなかったが、「日米間選手契約に関する協定」の成立前は、MLB球団が日本での最終所属球団の承諾を得ることが強制されていなかったことによる。野茂は任意引退公示を受けることで翌年ロサンゼルス・ドジャースと契約を結んだ。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た岩隈久志

    2009年までに契約の意思の無い妨害目的の入札は確認されておらず、落札された選手の全員が契約成立を果たしていたが、2010年に実施されたポスティングで岩隈久志との交渉権を獲得したオークランド・アスレチックスと当該選手の間での交渉期間内の契約が制度確立後初めて不成立となった。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た伊良部秀輝

    また1996年には、同じくFAではなかった伊良部秀輝が当時の所属球団である千葉ロッテマリーンズに対し、ニューヨーク・ヤンキースへの移籍を強く要望。結果、サンディエゴ・パドレスへのトレードを経て、ヤンキースへの移籍を実現させた(伊良部メジャーリーグ移籍騒動)。この際にメジャーリーグ側から球団間での獲得機会均等を実現する制度の要求があり、1998年に「日米間選手契約に関する協定」が調印されポスティングシステムが成立。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た松坂大輔

    2006年にボストン・レッドソックスが松坂大輔を落札した金額が約5000万ドルと高騰化した際には、当初はレッドソックスがライバル球団のヤンキースへの入団を妨害するためだけに高額入札をした可能性が報道されたが、最終的に松坂とレッドソックスの間で選手契約が成立したため、レッドソックスが他球団への妨害目的を意図した高額入札でないことが明らかになった。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た並里成

    適用された選手として石崎巧(2010年)、並里成(2011年)の2名が該当した。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見たダルビッシュ有ダルビッシュ 有

    MLB球団側からの旧制度の問題点としては、入札金額に上限がないため、松坂大輔やダルビッシュ有など移籍前からMLB球団の評価が非常に高かった選手への入札額が高騰していた点や、最高落札額と2番目に高額だった入札額との金額差が大きいケースが多かった点が挙げられていた。また、スモールマーケットのMLB球団からは、入札額の高騰から獲得競争に加わりにくい点や、入札金がぜいたく税の対象とならないため、戦力均衡のバランスを崩す点が指摘されていた。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た青木宣親

    2011年に実施されたポスティングではミルウォーキー・ブルワーズが青木宣親との交渉権を獲得し、結果的に契約は成立したが、ブルワーズは交渉権獲得後に青木のワークアウトを行い、契約を成立させる意思が無く入札に参加できる一例として問題視された。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見たアーン・テレム

    導入のきっかけは、1995年に野茂英雄が近鉄バファローズを退団しメジャーリーグ(MLB)への移籍を果たした一連の出来事による。野茂はFAではなかったため、自らの意思で移籍することができなかったが、野茂の代理人を務めた団野村から相談を受けたアーン・テレムが、日本プロ野球(NPB)球団所属選手が任意引退公示されることでMLBへ移籍できることを確認(若手選手が任意引退公示を受けマイナー球団に入団することは盛んに行われていた)。任意引退を行った選手が他の日本球団と選手契約について交渉する際には、引退時に所属した球団の承諾を得なければならなかったが、「日米間選手契約に関する協定」の成立前は、MLB球団が日本での最終所属球団の承諾を得ることが強制されていなかったことによる。野茂は任意引退公示を受けることで翌年ロサンゼルス・ドジャースと契約を結んだ。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    FA選手獲得と違う点としては、ドラフト指名権の譲渡義務が無いことと、譲渡金がぜいたく税の対象にならない点が挙げられる。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード