前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た松坂大輔

    FA選手獲得と違う点としては、ドラフト指名権の譲渡義務が無いことと、入札金はぜいたく税の対象にならない点が挙げられ、テリー・フランコーナは同制度での松坂大輔獲得について「ダイスケを獲得できてよかった。なぜなら我々は誰も失いはしなかったからだ」と語っている。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た野茂英雄

    導入のきっかけは、野茂英雄が近鉄バファローズを退団したときの一連の出来事による。1995年に、FAではなかった野茂は、形式上日本プロ野球から任意引退し、ロサンゼルス・ドジャースと契約を結んだ。任意引退を行った選手が他の日本球団と選手契約について交渉する際には、引退時に所属した球団の承諾を得なければならなかったが、「日米間選手契約に関する協定」の成立前において、メジャーリーグの球団が日本での最終所属球団の承諾を得ることが強制されていなかったことによる。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た岩隈久志

    2009年までに契約の意思の無い妨害目的の入札は確認されておらず、落札された選手の全員が落札した球団との契約をしていたが、2010年に実施されたポスティングで岩隈久志との交渉権を獲得したオークランド・アスレチックスと当該選手の間での交渉期間内の契約が、制度確立後初めて不成立となった。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た伊良部秀輝

    また1996年には、FAではなかった伊良部秀輝が当時の所属球団であるロッテに対し、ニューヨーク・ヤンキースへの移籍を強く主張。結果、サンディエゴ・パドレスへのトレードを経て、ヤンキースへの移籍を実現させた(伊良部メジャーリーグ移籍騒動)。この際にメジャーリーグ側から球団間での獲得機会均等を実現する制度の要求があり、ポスティング制度の確立に繋がっている。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た並里成

    2011年まで適用された選手として石崎巧(2010年)、並里成(2011年)の2名がいる。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た青木宣親

    2011年におけるミルウォーキー・ブルワーズにおける青木宣親の例にもあるように、球団側が落札確定した後に青木本人を球団側の要請にて交渉期間中に呼び寄せ「実際にプレイをチェック」した後に球団側が気に入らなければ契約交渉を破棄にする事は出来る様であり、問題点として表面化した。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    FA選手獲得と違う点としては、ドラフト指名権の譲渡義務が無いことと、入札金はぜいたく税の対象にならない点が挙げられ、テリー・フランコーナは同制度での松坂大輔獲得について「ダイスケを獲得できてよかった。なぜなら我々は誰も失いはしなかったからだ」と語っている。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た石崎巧

    2011年まで適用された選手として石崎巧(2010年)、並里成(2011年)の2名がいる。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見たテリー・フランコーナ

    FA選手獲得と違う点としては、ドラフト指名権の譲渡義務が無いことと、入札金はぜいたく税の対象にならない点が挙げられ、テリー・フランコーナは同制度での松坂大輔獲得について「ダイスケを獲得できてよかった。なぜなら我々は誰も失いはしなかったからだ」と語っている。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た入札制度

    ポスティングシステム(posting system, 入札制度)は、日本のプロ野球において認められている移籍システムの一つ。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード