28件中 11 - 20件表示
  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見たロサンゼルス・ドジャース

    導入のきっかけは、野茂英雄が近鉄バファローズを退団したときの一連の出来事による。1995年に、FAではなかった野茂は、形式上日本プロ野球から任意引退し、ロサンゼルス・ドジャースと契約を結んだ。任意引退を行った選手が他の日本球団と選手契約について交渉する際には、引退時に所属した球団の承諾を得なければならなかったが、「日米間選手契約に関する協定」の成立前において、メジャーリーグの球団が日本での最終所属球団の承諾を得ることが強制されていなかったことによる。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見たオークランド・アスレチックス

    2009年までに契約の意思の無い妨害目的の入札は確認されておらず、落札された選手の全員が落札した球団との契約をしていたが、2010年に実施されたポスティングで岩隈久志との交渉権を獲得したオークランド・アスレチックスと当該選手の間での交渉期間内の契約が、制度確立後初めて不成立となった。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た引退

    導入のきっかけは、野茂英雄が近鉄バファローズを退団したときの一連の出来事による。1995年に、FAではなかった野茂は、形式上日本プロ野球から任意引退し、ロサンゼルス・ドジャースと契約を結んだ。任意引退を行った選手が他の日本球団と選手契約について交渉する際には、引退時に所属した球団の承諾を得なければならなかったが、「日米間選手契約に関する協定」の成立前において、メジャーリーグの球団が日本での最終所属球団の承諾を得ることが強制されていなかったことによる。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た日本プロバスケットボールリーグ

    日本プロバスケットボールのbjリーグでは、2010年以降、トライアウト非受験であるものの、JBLで一定の実績を残し、かつ将来の海外移籍を希望している選手の場合、特例たるbjリーグ保有選手として全球団による入札で所属球団を決めることになるが、この制度を「ポスティング」と呼ぶ場合もある。この特例でbjリーグ入りした選手は翌シーズンのドラフト会議の指名対象となる。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見たボストン・レッドソックス

    問題点として、落札した球団に権利金の支払いなどが求められていないことから、自球団への選手獲得を目的としない入札への脆弱性が挙げられる。落札した金額は、当該選手との契約の締結に至った場合にのみ支払いが求められる。そのため入札時にはいくらでも高額の入札が可能となり、結果的に他球団の当該選手獲得を妨害することもできるが、一方で当該選手がその後の提示を受け入れた場合には落札した金額を支払わなければならないリスクもある。2006年にボストン・レッドソックスが松坂大輔を落札した金額が約5000万ドルと高騰化した際には、当初はレッドソックスがライバル球団ヤンキースへの入団を妨害するためだけに高額入札をした可能性が報道されたが、最終的に松坂と落札したレッドソックスの間で選手契約が成立したため、レッドソックスが他球団への妨害目的のみを意図した高額入札でないことが明らかになった。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見たサンディエゴ・パドレス

    また1996年には、FAではなかった伊良部秀輝が当時の所属球団であるロッテに対し、ニューヨーク・ヤンキースへの移籍を強く主張。結果、サンディエゴ・パドレスへのトレードを経て、ヤンキースへの移籍を実現させた(伊良部メジャーリーグ移籍騒動)。この際にメジャーリーグ側から球団間での獲得機会均等を実現する制度の要求があり、ポスティング制度の確立に繋がっている。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た日本バスケットボールリーグ

    日本プロバスケットボールのbjリーグでは、2010年以降、トライアウト非受験であるものの、JBLで一定の実績を残し、かつ将来の海外移籍を希望している選手の場合、特例たるbjリーグ保有選手として全球団による入札で所属球団を決めることになるが、この制度を「ポスティング」と呼ぶ場合もある。この特例でbjリーグ入りした選手は翌シーズンのドラフト会議の指名対象となる。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見たニューヨーク・ヤンキース

    また1996年には、FAではなかった伊良部秀輝が当時の所属球団であるロッテに対し、ニューヨーク・ヤンキースへの移籍を強く主張。結果、サンディエゴ・パドレスへのトレードを経て、ヤンキースへの移籍を実現させた(伊良部メジャーリーグ移籍騒動)。この際にメジャーリーグ側から球団間での獲得機会均等を実現する制度の要求があり、ポスティング制度の確立に繋がっている。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た移籍

    ポスティングシステム(posting system, 入札制度)は、日本のプロ野球において認められている移籍システムの一つ。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • ポスティングシステム

    ポスティングシステムから見た大阪近鉄バファローズ

    導入のきっかけは、野茂英雄が近鉄バファローズを退団したときの一連の出来事による。1995年に、FAではなかった野茂は、形式上日本プロ野球から任意引退し、ロサンゼルス・ドジャースと契約を結んだ。任意引退を行った選手が他の日本球団と選手契約について交渉する際には、引退時に所属した球団の承諾を得なければならなかったが、「日米間選手契約に関する協定」の成立前において、メジャーリーグの球団が日本での最終所属球団の承諾を得ることが強制されていなかったことによる。ポスティングシステム フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「ポスティングシステム」のニューストピックワード