254件中 111 - 120件表示
  • 鮪男

    鮪男から見たポッカポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカ 顔缶 ゴマキの顔缶(引越し業者役、歌声も)鮪男 フレッシュアイペディアより)

  • 紅三四郎

    紅三四郎から見たポッカサッポロフード&ビバレッジポッカサッポロフード&ビバレッジ

    提供スポンサーは、前番組『ドカチン』までは森永製菓一社提供だったが、本番組は森永製菓とサッポロビール(飲料事業は現在のポッカサッポロフード&ビバレッジ)とトモエ算盤の3社提供だった。このあと「タツノコプロ制作・メインスポンサー森永」作品は日曜日の18時前半枠に移動し、『ハクション大魔王』に受け継がれる。紅三四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達公子

    伊達公子から見たポッカサッポロフード&ビバレッジポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカコーポレーション レモンの雫 コートの隅に置いた缶に載せたレモンを打ち落とすCMが話題になった。伊達公子 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市消防局

    名古屋市消防局から見たポッカサッポロフード&ビバレッジポッカサッポロフード&ビバレッジ

    2016年4月1日よりポッカサッポロフード&ビバレッジが命名権を取得、3年間の契約で「ポッカレモン消防音楽隊」の名称を使用する。名古屋市消防局 フレッシュアイペディアより)

  • 海東 健

    海東健から見たポッカサッポロフード&ビバレッジポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカコーポレーション「じっくりコトコト煮込んだスープ」海東健 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部瞳

    長谷部瞳から見たポッカサッポロフード&ビバレッジポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロ 天然炭酸水ゲロルシュタイナー 「私が選ぶ理由」篇、「女子会」篇長谷部瞳 フレッシュアイペディアより)

  • ローヤルクラウン・コーラ

    ローヤルクラウン・コーラから見たポッカサッポロフード&ビバレッジポッカサッポロフード&ビバレッジ

    日本での歴史も長く、1961年には壽屋(現・サントリー)が広告を掲載している。モデルは加山雄三。その後はローヤルクラウン日本支社を設立して本格的に日本市場へ参入したが、市場にはなかなか受け入れられず、ライセンス契約終了とともに終売。その後は北海道の小原商店や、1972年に富山のトンボ飲料とライセンス契約を結び、当該地域及び沖縄で細々と販売された。再び全国区に現れるのは1989年で、ポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ)とのライセンス契約締結後である。しかし1996年の契約期限切れを期に契約を解消、日本市場から姿を消した。現在、輸入品は一部のスーパーマーケットや輸入食料品店などで販売されている。しか し、海外産を直輸入しているため日本語のラベルはない。近年シュウェップスに吸収された。ローヤルクラウン・コーラ フレッシュアイペディアより)

  • レイトンハウス

    レイトンハウスから見たポッカサッポロフード&ビバレッジポッカサッポロフード&ビバレッジ

    F1参戦前年の1986年にはレコードレーベル「レイトンハウス音楽産業」を設立。1990年にはポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ)から「レイトンハウスF1ドリンク」というスポーツドリンクが発売され話題になった他、様々なグッズも販売した。レイトンハウス フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤一郎 (コンピューターサイエンス研究者)

    佐藤一郎 (コンピューターサイエンス研究者)から見たポッカサッポロフード&ビバレッジポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ICタグを利用した研究では、上記研究と合わせ、国立情報学研究所、凸版印刷、日本ユニシス、セブン&アイ・ホールディングスの4団体・企業により設立されたコンソーシアム「サプライチェーン環境貢献技術検討協議会」により、個人レベルのCO2排出量取引に関する実証実験を行った。(実験に際しポッカコーポレーション、三菱UFJリースが参加。) これはICタグやバーコードをCO2排出権の一種の「有価証券」と見なし、これらを貼り付けた排出権付き商品を購入した消費者がICタグやバーコードを店舗に持ち込むことにより、排出権が購入者の排出権口座に移転する、との方式による試みである。現状の排出量取引は、取引単位の大きさや取引の煩雑さから一部の大手企業に限られているが、この方式を採ることにより小口、個人レベルでの取引を実現可能にするとしている。佐藤はこの排出量取引の研究、提案を行い、実証実験の全体設計、スキームを担当、コンソーシアム各団体・企業は運営を分担した。実証実験は2011年2月に2週間の期間を設け、イトーヨーカ堂アリオ北砂店(東京都江東区)で実施された。実験の結果として、商品にシールとして貼ることによる「見える化」、取引きの簡便性といった目的の他に、対象商品の売り上げが3倍以上に伸びたとの報告もされている。尚、この取組は消費者向けの排出量取引に関する世界初の実証実験になると発表されている。佐藤一郎 (コンピューターサイエンス研究者) フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンビバレッジホールディングス

    ジャパンビバレッジホールディングスから見たポッカサッポロフード&ビバレッジポッカサッポロフード&ビバレッジ

    「コンビ機」の他に、グループ会社のサントリーフーズをはじめ、キリンビバレッジ、アサヒ飲料(アサヒカルピスビバレッジ)、大塚製薬、ポッカサッポロフード&ビバレッジの5社のメーカーブランドの自動販売機も取り扱っている。ジャパンビバレッジホールディングス フレッシュアイペディアより)

254件中 111 - 120件表示

「ポッカコーポレーション」のニューストピックワード