前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示
  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たサッポロホールディングス

    ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社()は、愛知県に本拠を置くサッポロホールディングス傘下の日本の飲料・食品メーカーである。「ポッカサッポロ」の略称で知られる。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た明治製菓

    その後、2008年(平成20年)1月15日に明治製菓(当時、現・Meiji Seika ファルマ)と資本・業務提携をし、同社の持分法適用会社として明治製菓のグループ入りしている。さらに、翌2009年(平成21年)9月29日にはサッポロホールディングス株式会社(サッポロHD)とも資本業務提携した。この際、サッポロHDはアドバンテッジホールディングスから21.65%のポッカコーポレーション株式を取得、ポッカコーポレーションはサッポロHDの持分法適用会社にもなった。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た柴田恭兵

    柴田恭兵 - 長年ポッカコーヒーのCMに出演(現在は降板)ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た松坂桃李松坂 桃李

    ポッカコーヒー以外の主力製品では、「じっくりコトコト煮込んだスープ」が代表的である。長い名前でヒットした話題の商品で、現在は「じっくりコトコト」に略称化されているが、主力商品の一つとなっている。2005年(平成17年)には缶コーヒー「aromax(アロマックス)」を発売し、そのイメージキャラクターに阿部寛を起用した(なお、2013年(平成25年)3月に「ファンタジスタ」を発売したことに伴い、現在のイメージキャラクターは松坂桃李である)。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た阿部寛阿部 寛

    ポッカコーヒー以外の主力製品では、「じっくりコトコト煮込んだスープ」が代表的である。長い名前でヒットした話題の商品で、現在は「じっくりコトコト」に略称化されているが、主力商品の一つとなっている。2005年(平成17年)には缶コーヒー「aromax(アロマックス)」を発売し、そのイメージキャラクターに阿部寛を起用した(なお、2013年(平成25年)3月に「ファンタジスタ」を発売したことに伴い、現在のイメージキャラクターは松坂桃李である)。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たマネジメント・バイアウト

    ポッカコーポレーションは1980年代から東証第1部と名証第1部に上場していた(名証は1985年6月17日に、東証は1988年4月にそれぞれ上場、証券コード:2592)が、2005年(平成17年)12月5日にマネジメント・バイアウト(MBO)の一環としてアドバンテッジパートナーズの関連会社であるアドバンテッジホールディングスの完全子会社となり、株式を非公開化(上場廃止)した。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た朝日放送

    1990年代後半から2000年前後まで、ポッカはTOEFL(米国大学留学者用の英語技能試験)のテレビ教育番組に企画協力していた。タイトルはPOKKA PRESENTS PRACTICE FOR THE TOEFL TESTで、最初の2年くらいはWOWOWで放送され、その後朝日放送に移り、全国に時差ネット放送していた(スポンサーもしていたが、一部地域では差し替えられていた)。テキストも発売されており、そのためのテキストセンターまで設けていた。現在は行っていない。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た日本テレビ放送網

    満天☆青空レストラン(日本テレビ系列) - グループ会社であるサッポロビールの筆頭提供番組ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たWOWOW

    1990年代後半から2000年前後まで、ポッカはTOEFL(米国大学留学者用の英語技能試験)のテレビ教育番組に企画協力していた。タイトルはPOKKA PRESENTS PRACTICE FOR THE TOEFL TESTで、最初の2年くらいはWOWOWで放送され、その後朝日放送に移り、全国に時差ネット放送していた(スポンサーもしていたが、一部地域では差し替えられていた)。テキストも発売されており、そのためのテキストセンターまで設けていた。現在は行っていない。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たサンデン

    1972年(昭和47年)、本格缶コーヒーの「ポッカコーヒー」を開発、販売に力を入れた。1973年(昭和48年)には冷温兼用の自動販売機を三共電器(現サンデン)と共同開発した。苦労の末、連続加温販売可能な缶コーヒーの製造技術を世界で初めて開発した。他にも清涼飲料水やインスタントスープの製造も手がけていたため、その後には同じく加温販売可能な缶スープを世界で初めて開発した。自動販売機事業を中心に発展し、1985年(昭和60年)名証1部、1988年(昭和63年)東証1部に上場した。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示