166件中 11 - 20件表示
  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た明治ホールディングス

    2008年(平成20年)1月 - 明治製菓株式会社(明治ホールディングス傘下、現・株式会社 明治)と資本・業務提携し、同社の持分法適用会社となる。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たサッポロ飲料

    2013年1月のサッポロ飲料との統合により、旧ポッカコーポレーションでのラインナップに加え、「Ribbon(リボン)」、「がぶ飲み」、「玉露入りお茶」など、特に、果汁飲料・炭酸飲料・無糖茶のラインナップが強化された。一方で、コーヒー飲料は旧ポッカコーポレーション製品が中心のラインナップに、無糖茶飲料は旧サッポロ飲料製品が中心のラインナップにするなど、飲料事業では合併により重複したラインナップの整理が行われた。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た不二家

    不二家 - 果汁加工飲料「不二家ネクター」で飲料部門に本格参入する際に旧ポッカコーポレーション時代に販売委託提携。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たマルサンアイ

    12月22日 - アメリカのブルーダイヤモンド・グロワーズ社とアーモンドミルクの日本国内における製造・販売に関するライセンス契約を締結。これにより、マルサンアイ株式会社が販売する「アーモンド・ブリーズ」は2018年3月より当社が販売元となる。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た関西テレビ放送

    にじいろジーン(関西テレビ製作・フジテレビ系列) - 2013年3月30日まで前半枠で提供、同年4月6日からは後半枠に移行も2014年9月27日を持って番組降板。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たフジテレビジョン

    ボクらの時代(フジテレビ系列)2014年3月で降板ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たサンデン

    1972年(昭和47年)、本格缶コーヒーの「ポッカコーヒー」を開発、販売に力を入れた。1973年(昭和48年)には冷温兼用の自動販売機を三共電器(現サンデン)と共同で開発した。苦労の末、連続加温販売可能な缶コーヒーの製造技術を世界で初めて開発した。同じく加温販売可能なレモンティ、しるこ、ココアなども開発した。当時の日本の飲料会社はラムネなどを細々と作っていたが、一斉に缶コーヒーの生産に着手し、全国で数十社の缶コーヒーメーカーが誕生した。1983年(昭和58年)には開発を進めていた加温販売可能な缶スープを世界で初めて開発した。高温耐性菌の殺菌のために、カキトリ式殺菌器を採用した画期的なスープであった。缶スープの開発で得た知見を元に、1981年(昭和56年)にインスタントスープを開発・発売した。自動販売機事業を中心に発展し、1985年(昭和60年)名証1部、1988年(昭和63年)東証1部に上場した。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た明治乳業

    その後、2008年(平成20年)1月15日に明治製菓(当時:法人としては現在のMeiji Seika ファルマ。食品・飲料事業は旧明治乳業を継承した株式会社明治に再編)と資本・業務提携をし、同社の持分法適用会社として明治製菓のグループ入りしていた。さらに、翌2009年(平成21年)9月29日にはサッポロホールディングス株式会社(サッポロHD)とも資本業務提携した。この際、サッポロHDはアドバンテッジホールディングスから21.65%のポッカコーポレーション株式を取得、ポッカコーポレーションはサッポロHDの持分法適用会社にもなった。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たテレビ東京

    のりスタNEO(テレビ東京系列) - 番組内でリボンちゃんのショートアニメを放送ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た自動販売機

    1972年(昭和47年)、本格缶コーヒーの「ポッカコーヒー」を開発、販売に力を入れた。1973年(昭和48年)には冷温兼用の自動販売機を三共電器(現サンデン)と共同で開発した。苦労の末、連続加温販売可能な缶コーヒーの製造技術を世界で初めて開発した。同じく加温販売可能なレモンティ、しるこ、ココアなども開発した。当時の日本の飲料会社はラムネなどを細々と作っていたが、一斉に缶コーヒーの生産に着手し、全国で数十社の缶コーヒーメーカーが誕生した。1983年(昭和58年)には開発を進めていた加温販売可能な缶スープを世界で初めて開発した。高温耐性菌の殺菌のために、カキトリ式殺菌器を採用した画期的なスープであった。缶スープの開発で得た知見を元に、1981年(昭和56年)にインスタントスープを開発・発売した。自動販売機事業を中心に発展し、1985年(昭和60年)名証1部、1988年(昭和63年)東証1部に上場した。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

166件中 11 - 20件表示

「ポッカコーポレーション」のニューストピックワード