98件中 41 - 50件表示
  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たaromax

    ポッカコーヒー以外の主力製品では、「じっくりコトコト煮込んだスープ」が代表的である。長い名前でヒットした話題の商品で、現在は「じっくりコトコト」に略称化されているが、主力商品の一つとなっている。2005年(平成17年)には缶コーヒー「aromax(アロマックス)」を発売し、そのイメージキャラクターに阿部寛を起用した(なお、2013年(平成25年)3月に「ファンタジスタ」を発売したことに伴い、現在のイメージキャラクターは松坂桃李である)。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た連結子会社

    2011年(平成23年)になるとポッカの再上場案が急浮上したものの、すぐ立ち消えになった。その後、サッポロHDが同年3月下旬にポッカの株式を既存株主(※主要株主である明治HDおよびアドバンテッジ陣営含む)より買い取り連結子会社化するとともに、グループ内再編成として両社の経営統合に向けた協議を開始することが、ポッカ・サッポロ両社から2011年(平成23年)2月10日に発表された。サッポロホールディングスによるポッカコーポレーション株の追加取得は実施され、ポッカコーポレーションは同年3月29日よりサッポロホールディングスの連結子会社となった。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たアメリカ合衆国

    SUN POKKA CITRUS INC. (アメリカポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たドラゴンボール改

    ドラゴンボール改 - 2011年コラボ商品としてタイアップ。12種類のデザイン缶でドラゴンボール改パワースカッシュを発売。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た株式上場

    2011年(平成23年)になるとポッカの再上場案が急浮上したものの、すぐ立ち消えになった。その後、サッポロHDが同年3月下旬にポッカの株式を既存株主(※主要株主である明治HDおよびアドバンテッジ陣営含む)より買い取り連結子会社化するとともに、グループ内再編成として両社の経営統合に向けた協議を開始することが、ポッカ・サッポロ両社から2011年(平成23年)2月10日に発表された。サッポロホールディングスによるポッカコーポレーション株の追加取得は実施され、ポッカコーポレーションは同年3月29日よりサッポロホールディングスの連結子会社となった。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たニッカーボッカー

    その後、ニッカ関係以外にも取引が広がったことから社名を変更することになり、当時流行していたニッカーボッカーから濁音を半濁音にした「ポッカ」という語がつくられた。「ニッカ」に似た語であることも、社名決定の理由になった。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見た間伐材

    間伐材利用を後押しするため、紙製容器であるカートカンを利用した製品を製造している。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たオールナイトニッポン

    オールナイトニッポン - 長年筆頭スポンサーだったが、2000年代前半まで降板ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たゲロルシュタイナー

    ゲロルシュタイナー★ - ドイツ生まれのナチュラルスパークリングミネラルウォーター(炭酸水)ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ

    ポッカサッポロフード&ビバレッジから見たポッカコーヒー

    1972年(昭和47年)、本格缶コーヒーの「ポッカコーヒー」を開発、販売に力を入れた。1973年(昭和48年)には冷温兼用の自動販売機を三共電器(現サンデン)と共同開発した。苦労の末、連続加温販売可能な缶コーヒーの製造技術を世界で初めて開発した。他にも清涼飲料水やインスタントスープの製造も手がけていたため、その後には同じく加温販売可能な缶スープを世界で初めて開発した。自動販売機事業を中心に発展し、1985年(昭和60年)名証1部、1988年(昭和63年)東証1部に上場した。ポッカサッポロフード&ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

98件中 41 - 50件表示