334件中 51 - 60件表示
  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見たイーネット

    コンビニATMとしてイーネットをグループの一部店舗で設置。ただし、イーネットサービスエリア内でもATM未設置店が多く存在し(大分県だけは全店舗で未設置)、ATM設置はポプラグループ全店の約4割にとどまる。また、その他の金融機関の店舗外ATMを併設(コンビニの敷地内に別途設置)しているケースもある。ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見た目黒真司

    2008年(平成20年)5月29日 - 創業者で代表取締役会長の目黒俊治氏が代表取締役会長に、娘婿で専務執行役員社長室室長の目黒真司氏が2代目の代表取締役社長に就任。ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見た鮎川誠鮎川 誠

    店舗数は業界9位で全国的な知名度は決して高くないが、中国地方に限れば店舗数や規模などは三大チェーン(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン)に次ぐ位置づけとなっており、コンビニでの料金収納代行サービスを行うSMBCファイナンスサービスによる店舗数統計によれば、2017年(平成29年)3月末時点で、岡山県を除く中国4県ではいずれも4位となっている。また、1990年代前半に九州で手広く展開を図った際、CMに鮎川誠を起用し、「やっぱ九州のコンビニはポプラやね」というフレーズが九州で浸透した。2010年(平成22年)には鮎川出演のラジオCMが第49回福岡広告協会賞の銅賞に選出されている。ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見た目黒俊治

    1974年(昭和49年)12月 - 創業者・目黒俊治がポプラ1号店となる流川店(広島市中区)をオープン。ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見た四国

    株式会社ポプラ()は、広島市安佐北区に本社を置く日本のコンビニエンスストアチェーンである。中国地方を中心に関東・北陸・近畿・九州に店舗展開している。なお、かつては四国にも進出していたが、2015年2月に完全撤退している(詳細は後節の「」を参照)。東証第一部上場企業。ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見た別府市

    K ポプラ別府駐屯地店(大分県別府市) - 陸上自衛隊別府駐屯地内。ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見た一般用医薬品

    店舗内に薬局(ドラッグストア)を併設している店舗が複数存在する。傘下のキリン堂薬局をはじめ、「ドラッグストアシモカワ」や「薬ヒグチ」などが店舗内の一角に販売コーナーを構える形で設けられており、通常のコンビニエンスストアでは販売できない、第2類と第3類に分類される一般用医薬品を販売している。これらの販売には薬剤師または登録販売者によるカウンセリングが必要となるため、販売時間帯は限られている。ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見たガンバ大阪

    K 生活彩家モノウェル千里中央店(大阪府豊中市)/ 生活彩家モノウェル門真店(大阪府門真市) - 大阪モノレール線 千里中央駅・門真市駅構内。大阪高速鉄道の子会社が運営していた「モノウェル」を生活彩家ブランドとしたもので、PiTaPaでの支払いに対応するほか、スルッとKANSAI対応磁気カード「モノカード」やガンバ大阪ホームゲームチケットの販売も行う。ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見た楽天Edy

    楽天Edy - 2005年(平成17年)11月1日からポプラグループ全店で導入ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ (コンビニエンスストア)

    ポプラ (コンビニエンスストア)から見た弁当

    ポプラが他のコンビニと大きく違う点は、弁当のシステムである。一般にコンビニの弁当はご飯とおかずがパック詰めされ冷蔵されたものが陳列されているが、ポプラの「HOT弁当」(愛称:ポプ弁)はおかずのみが入った(ご飯の部分が空になっている)弁当が陳列されており、弁当購入時に店舗内で炊いたご飯(通称:店炊きご飯、パールライスのコシヒカリを使用)を後から詰めるスタイルをとっている。大半の店舗でふりかけ(もしくは梅干)が付くのも特徴。HOT弁当にはカレーライスや丼物もあり、レトルトカレー(もしくは丼の具)をレンジで加熱し、食べるときに客が自分で封を切って(店舗で詰めた)ご飯にかけることになる。1983年の発売開始当初は店舗内に厨房設備を設け、ご飯とおかずをすべて店舗内で調理する方法をとっていたが、品質や盛り付けが安定しないため、おかずのみ工場で一括調理してご飯のみを店舗で詰める方式に変わったという。現在ではおかずも店内で調理した「できたて弁当」(揚げたておかず+店炊きご飯)の販売も一部の店舗で行っている。ポプラ (コンビニエンスストア) フレッシュアイペディアより)

334件中 51 - 60件表示

「ポプラ」のニューストピックワード