前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
626件中 1 - 10件表示
  • 2014年のル・マン24時間レース

    2014年のル・マン24時間レースから見たポルシェポルシェ

    レースは、LMP1-Hクラスのアウディ・スポーツチーム・ヨーストのアウディ・R18 e-tron クアトロ2号車に乗るスイス人ドライバーのマルセル・フェスラー、ドイツ人ドライバーのアンドレ・ロッテラー、フランス人ドライバーのブノワ・トレルイエら2011年・2012年の優勝メンバー3人組が3度目の総合優勝を果たした。アウディは1999年のル・マン参戦以来15年間で通算13度目となる優勝の栄冠を手にした。レース開始後の14時間まで全レース走行距離の半分ものリードし前半のレースを支配していたトヨタ・レーシングのトヨタ・TS040 HYBRID7号車がリタイアを喫してからは、アウディ勢がトップに立つ。その後アウディ車2台ともターボ・エンジンの交換作業を強いられる事態に追い込まれ、その間のポルシェ14号車の激しい追撃も受けた。アウディ2号車に3ラップ遅れてアウディ1号車が2位に入り、更に2周遅れた3位には、レース開始1時間後のアクシデントで後方に落ちた展開をリカバリーしたトヨタ8号車が入っている。LMP-1Lクラスでは、クラス唯一の完走を果たしたレベリオン・レーシングの12号車(シャシー-エンジン = レベリオン・R-One-トヨタ)に乗るニック・ハイドフェルド/マティアス・ベシェ/ニコラ・プロスト組が勝利した。LMP2クラスでは、JOTAスポーツのザイテック-ニッサンに乗るサイモン・ドゥーラン/オリヴァー・ターヴェイ/ハリー・ティンクネル組がクラス優勝した。LMGTE Proクラスでは、AFコルセのフェラーリ・458イタリア・GT2に乗るジャンマリア・ブルーニ/ジャンカルロ・フィジケラ/トニ・ヴィランデル組がクラス優勝した。LMGTE Amクラスでは、アストンマーティン・レーシングのアストンマーティン・ヴァンテージ・GT2に乗るデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン/クリスティアン・ポウルセン/ニッキー・トゥヒーム組がクラス優勝した。1989年以来最多の観客動員数となるおよそ26万3千人の観客が観戦したとされる。2014年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • ミニチャンプス

    ミニチャンプスから見たポルシェポルシェ

    その後、市販車も製品化された。当初はアウディV8、メルセデス・ベンツ190E Evolution1、BMW M3を皮切りに、ポルシェやフォルクスワーゲンなどドイツ車のモデルが中心であったが、徐々にイタリア車やフランス車、イギリス車といったヨーロッパ車全般、アメリカ車にその範囲を広げ、そして現在では日本車も少数ではあるが、製品化されている。ミニチャンプス フレッシュアイペディアより)

  • ニード・フォー・スピード プロストリート

    ニード・フォー・スピード プロストリートから見たポルシェポルシェ

    Porsche 911 GT3 (2007年)/Extender Pack Premium Car Bundleニード・フォー・スピード プロストリート フレッシュアイペディアより)

  • ミツワ自動車

    ミツワ自動車から見たポルシェポルシェ

    ポルシェを初めて日本に輸入したことで知られるほか、かつてはパッカード、ランボルギーニ、サーブなどの輸入販売や、アウディのディーラー経営なども行なっていた。ミツワ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 松田芳穂

    松田芳穂から見たポルシェポルシェ

    東京都出身で慶應義塾大学在学中は自動車部に在籍。1960年代の日本のモータースポーツの黎明期に複数のレースに参戦し、その後フェラーリやポルシェを中心とした自動車のコレクションを作り上げ、世界的に著名な「松田コレクション」のオーナーとなる。松田芳穂 フレッシュアイペディアより)

  • 可変バルブ機構

    可変バルブ機構から見たポルシェポルシェ

    採用例 - トヨタのVVTL-i、ホンダのi-VTEC、ポルシェのバリオカム・プラス、富士重工業のAVCS+ダイレクト可変バルブリフト機構、アウディのAVSなど。可変バルブ機構 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のFIA 世界耐久選手権

    2014年のFIA 世界耐久選手権から見たポルシェポルシェ

    アウディは排気量を前年の3.7Lから4.0Lにアップさせたディーゼルハイブリッド車のアウディ・R18 e-tron クワトロでシーズンに臨んだ。カーナンバー1号車にはトム・クリステンセンとロイック・デュバルの2人の前年度タイトル保持者に新たに加入したルーカス・ディ・グラッシが乗り、2号車には2012年のチャンピオンのブノワ・トレルイエ、マルセル・フェスラー、アンドレ・ロッテラーが乗り、第2戦のスパ・フランコルシャン6時間レースと第3戦のル・マン24時間レースのみ3号車を走らせた。トヨタは全く新しいトヨタ・TS040 HYBRIDを投入したが、前2シーズンと同じドライバーで参戦している。TS040 HYBRIDも前年までの車の排気量3.4Lより3.7Lにアップさせている。ポルシェは、参戦中のLMGTE Proの選手権だけでなくトップカテゴリのLMP1-Hにも本シーズンよりポルシェ・919ハイブリッドで参戦することになった。ガソリンハイブリッド車であることはトヨタ・TS040 HYBRIDと同じだが、TS040がNAエンジンなのに対し、919はターボ付きエンジンである違いがある。また、919のみ熱エネルギー回生システム(ERS-H)が付いている。ポルシェのドライバー陣は、これまでポルシェのLMGTE Proクラスで活躍していたワークスドライバーにレベリオン・レーシングから移籍したニール・ジャニといったWEC参戦継続組に前シーズンまでF1ドライバーだったマーク・ウェバーとGP2に参戦していたブレンドン・ハートリーを加えたものになっている。2014年のFIA 世界耐久選手権 フレッシュアイペディアより)

  • オープンカー

    オープンカーから見たポルシェポルシェ

    なお近年ではアウディなど一部のメーカーで、クーペ派生の二座モデルには「ロードスター」、セダン派生の2ドア・四座のものには「カブリオレ」の名称を用いて区別しているところがある。「ロードスター」は車体の大部分がそれ専用の部品から成り立っているか、スポーツカーからの派生で、「カブリオレ」は大衆車(ファミリーカー)をベースにしている場合が多い。例外として、生産車のすべてがスポーツカーであった時代のポルシェでは、356にスピードスター、ロードスター、コンバーチブル(カブリオレ)の3タイプが、911にはスピードスターとカブリオレの双方がそれぞれ存在しており、911/912と914にはデタッチャブルトップのタルガもラインナップする。オープンカー フレッシュアイペディアより)

  • プロトタイプレーシングカー

    プロトタイプレーシングカーから見たポルシェポルシェ

    1970年代になると、ポルシェが先鞭をつけたターボエンジンが普及し始める。1970年代末にF1でグラウンド・エフェクト・カーが考案されると、プロトタイプレーシングカーも車体下面を後方に向けて跳ね上げるデザインが導入された。プロトタイプレーシングカー フレッシュアイペディアより)

  • 横浜みなとみらい21

    横浜みなとみらい21から見たポルシェポルシェ

    岡田ビルによる自動車ショールーム(ポルシェ・BMW・ミニ)・店舗(ニトリ・AOKI)からなる商業施設「PRYME GALLERY みなとみらい」が43街区に開業。なお、10年間の暫定施設となる見込み。横浜みなとみらい21 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
626件中 1 - 10件表示

「ポルシェ」のニューストピックワード