前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
452件中 1 - 10件表示
  • ミニチャンプス

    ミニチャンプスから見たポルシェポルシェ

    その後、市販車も製品化された。当初はアウディV8、メルセデス・ベンツ190E Evolution1、BMW M3を皮切りに、ポルシェやフォルクスワーゲンなどドイツ車のモデルが中心であったが、徐々にイタリア車やフランス車、イギリス車といったヨーロッパ車全般、アメリカ車にその範囲を広げ、そして現在では日本車も少数ではあるが、製品化されている。ミニチャンプス フレッシュアイペディアより)

  • ニード・フォー・スピード プロストリート

    ニード・フォー・スピード プロストリートから見たポルシェポルシェ

    Porsche 911 GT3 (2007年)Extender Pack Premium Car Bundleニード・フォー・スピード プロストリート フレッシュアイペディアより)

  • サーキットの狼

    サーキットの狼から見たポルシェポルシェ

    愛車ロータス・ヨーロッパを駆る主人公の風吹裕矢が、一匹狼の走り屋から始まり公道やサーキットを舞台にライバル達との競争を繰り広げ、プロレーサーへと成長していく物語である。ライバルとしてポルシェやフェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、日産・フェアレディZ、シボレー・コルベット、トヨタ・2000GTなど、世界中の著名なスポーツカーが劇内に頻繁に登場。いわゆるスーパーカーブームの火付け役となった。サーキットの狼 フレッシュアイペディアより)

  • オープンカー

    オープンカーから見たポルシェポルシェ

    なお近年ではアウディなど一部のメーカーで、クーペ派生の二座モデルには「ロードスター」、セダン派生の2ドア・四座のものには「カブリオレ」の名称を用いて区別しているところがある。「ロードスター」は車体の大部分がそれ専用の部品から成り立っているか、スポーツカーからの派生で、「カブリオレ」は大衆車(ファミリーカー)をベースにしている場合が多い。例外として、生産車のすべてがスポーツカーであった時代のポルシェでは、356にスピードスター、ロードスター、コンバーチブル(カブリオレ)の3タイプが、911にはスピードスターとカブリオレの双方がそれぞれ存在しており、911/912と914にはデタッチャブルトップのタルガもラインナップする。オープンカー フレッシュアイペディアより)

  • ミツワ自動車

    ミツワ自動車から見たポルシェポルシェ

    ポルシェを初めて日本に輸入したことで知られるほか、かつてはパッカード、ランボルギーニ、サーブ等の輸入販売や、アウディのディーラー経営なども行なっていた。ミツワ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • リアエンジン

    リアエンジンから見たポルシェポルシェ

    小型車にリアエンジン方式が採用されたことは、スポーツカー分野にもリアエンジンを普及させる一因となった。もともと小型スポーツカーには、小型乗用車のシャーシやコンポーネントをベースにして製作される例が多く、車体形状の自由度が高くしかも軽量なリアエンジン方式のメリットが、スポーツモデルに活かしやすかったからである。その代表例は1948年のポルシェ・356(ベースはフォルクスワーゲン)に始まるポルシェ各車、そしてフィアット系リアエンジン大衆車をベースとした多くのイタリア製小型スポーツカーであろう。リアエンジン フレッシュアイペディアより)

  • ノーマンズ・ランド

    ノーマンズ・ランドから見たポルシェポルシェ

    『ノーマンズ・ランド』(No Man's Land)は、1987年に公開されたアメリカ合衆国の映画。ロサンゼルスを舞台にポルシェを題材としたカーアクション映画である。ノーマンズ・ランド フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ウォレク

    ボブ・ウォレクから見たポルシェポルシェ

    ウォレクは30年にわたるスポーツカーレースのキャリアのほとんどでポルシェをドライブし、ヨースト・レーシングのポルシェ・936、ポルシェ・956をドライブしてデイトナ24時間レースで4度の勝利を挙げ(1983年、1985年、1989年、1991年)、Deutsche Rennsport Meisterschaft(DRM)では2度のタイトルを獲得した(1982年、1983年)。ボブ・ウォレク フレッシュアイペディアより)

  • アプラス

    アプラスから見たポルシェポルシェ

    特に自動車関連のクレジットであるオートローンを得意とし、外国車のBMW JAPAN正規ディーラーのローンを一手に引き受けている(BMWに関してはビー・エム・ダブリュー・ジャパン・ファイナンスを通じて社内に専門部署であるBMWローンセンターを設けている)。その他にも日本にけるポルシェ、フェラーリのオーナーを対象とした金融サービスも手がけている。アプラス フレッシュアイペディアより)

  • マーチ・83G

    マーチ・83Gから見たポルシェポルシェ

    83Gの1台目の車両(83G-1)は、1982年の11月に行われたデイトナ3時間レースで初めて使用された。アル・ホルバートのチームは3台の83Gを使用した。最初の2台はシボレーエンジンを搭載し、ホルバートはこの車両でマイアミとラグナ・セカに勝利した。この車両は、ミッドオハイオではジム・トゥルーマン、ドック・バンディ、ボビー・レイホールのドライブで更に1勝を挙げた。3台目の車両はポルシェエンジンを搭載し(83G-4または83G-04)、この車両でホルバートは更に4勝を積み上げてホルバート自身のドライバーズタイトルとマーチのシャシー製造者タイトルを獲得した。マーチ・83G フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
452件中 1 - 10件表示

「ポルシェ」のニューストピックワード