626件中 11 - 20件表示
  • フォルクスワーゲン・タイプ1

    フォルクスワーゲン・タイプ1から見たポルシェポルシェ

    ヒトラーは、後にスポーツカーメーカーとなるポルシェ社の創業者であるフェルディナント・ポルシェに国民車の設計を依頼することになった。ポルシェはダイムラー・ベンツ出身の優れた自動車技術者で、退社後の1931年からはシュトゥットガルトに自身の経営する「ポルシェ設計事務所」(現ポルシェ)を構えて自動車メーカーからの設計請負業務をおこなっていた。その過程で、ナチスの支援していたアウトウニオン・レーシングカー(いわゆるPヴァーゲン、1933年)の設計にも携わった。フォルクスワーゲン・タイプ1 フレッシュアイペディアより)

  • マーチ・83G

    マーチ・83Gから見たポルシェポルシェ

    83Gの1台目の車両(83G-1)は、1982年の11月に行われたデイトナ3時間レースで初めて使用された。アル・ホルバートのチームは3台の83Gを使用した。最初の2台はシボレーエンジンを搭載し、ホルバートはこの車両でマイアミとラグナ・セカに勝利した。この車両は、ミッドオハイオではジム・トゥルーマン、ドック・バンディ、ボビー・レイホールのドライブで更に1勝を挙げた。3台目の車両はポルシェエンジンを搭載し(83G-4または83G-04)、この車両でホルバートは更に4勝を積み上げてホルバート自身のドライバーズタイトルとマーチのシャシー製造者タイトルを獲得した。マーチ・83G フレッシュアイペディアより)

  • RFB ムルトプラン

    RFB ムルトプランから見たポルシェポルシェ

    原型機の設計を行ったのは1955年にRhein-West-Flug Fischerを設立したヘル・フィッシャーである。座席を前後に配置した軽飛行機で、アスペクト比の大きい主翼とT型尾翼を採用した。65馬力のポルシェの 678/0 エンジンを胴体中央に配置し、プロペラを垂直尾翼と方向舵の間の隙間に配置したのが特徴である。前後席のどちらでも操縦できた。フィッシャーは2機を製作し、テストした後、ライン航空機製造に製造する権利を与え、ライン航空機製造で製造した機体は1958年2月8日に初飛行した。これらの機体はポルシェの75馬力エンジン678/4を搭載したことを示すためにRW 3.P75という記号がつけられた。ライン航空機製造は22機を製造し、アマチュアによって1機が組み立てられた。馬力を向上したRW 3C-90や、主翼をさらに伸ばして、動力付グライダーとして使える機体の試作が行われた。RFB ムルトプラン フレッシュアイペディアより)

  • テオ・ファビ

    テオ・ファビから見たポルシェポルシェ

    1987年もベネトンより参戦した。チームメイトはティエリー・ブーツェンであった。ポールポジションの獲得はならなかったものの、堅実にポイントを重ね12ポイント獲得した。しかし、その開発手腕を買われてアメリカのチャンプカー・ワールド・シリーズのポルシェエンジンプロジェクトに移ることとなり、この年限りでF1から去った。テオ・ファビ フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・EA266

    フォルクスワーゲン・EA266から見たポルシェポルシェ

    フォルクスワーゲン・EA266( )はフォルクスワーゲンによってポルシェに設計依頼され、製作された試作車である。フォルクスワーゲン・EA266 フレッシュアイペディアより)

  • BMW・V12 LM

    BMW・V12 LMから見たポルシェポルシェ

    マクラーレンは、1995年に自社のスーパーカーのレース仕様、マクラーレン・F1 GTRでBPRグローバルGTシリーズや、ル・マン24時間レースに参戦した。このマクラーレン・F1 GTRに搭載されていたエンジンが、BMWモータースポーツによって開発されたBMW6.0リットルV12気筒 BMW S70/2型エンジンである。この年、マクラーレン・F1 GTRはル・マンを制覇している。翌1996年にはBMW自身のワークスチームとしてビガッツィ・チームがル・マンにエントリーしている。しかしこの年ポルシェが投入した純レース仕様と言えるポルシェ・911 GT1の前に苦戦し、最高位が4位に留まった。1997年、BMWはエボリューションモデル、マクラーレン・F1 GTR-LMでワークスチームとしてシュニッツァーをFIA GT選手権及びル・マン24時間に参戦させるも、セミプロトタイプとも言えるメルセデス・ベンツ・CLK-GTRやポルシェ・911GT1の前には苦戦することとなる。BMW・V12 LM フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の世界耐久選手権

    1983年の世界耐久選手権から見たポルシェポルシェ

    1983年の世界耐久選手権は、FIAスポーツカー世界選手権の31年目のシーズン。FIAのグループC、Cジュニア、B車両が参加した。1983年4月10日にイタリアのモンツァで開幕し、12月10日に南アフリカのキャラミで閉幕するまで、全7戦で争われた。ドライバーズタイトルはジャッキー・イクス、マニファクチャラーズタイトルはポルシェ、グループCジュニアカップはジアンニーニ・アルバ、グランドツーリングカップはポルシェが獲得した1983年の世界耐久選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1951年のル・マン24時間レース

    1951年のル・マン24時間レースから見たポルシェポルシェ

    いまだドイツに対する風当たりが強い中で競技長であるシャルル・ファルーの招聘によりこの年ポルシェが初参加し、2台のポルシェ・356が第二次世界大戦後最初の国際レースへのドイツ車出場を果たした。これはポルシェワークスチームのレース初参加にもなった。ただしエンジンはフォルクスワーゲン製1,086ccと小排気量で出力は45PSに過ぎず、24時間を走りきるための最小限の改造を受けただけ、ほぼ市販車そのままの状態であった。ドライバーはフランス人コンビのオーギュスト・ヴュイレ/ エドモン・ムーシュ組が務めた。1951年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • ブルン・モータースポーツ

    ブルン・モータースポーツから見たポルシェポルシェ

    ブルン・モータースポーツ(Brun Motorsport GmbH)は、レーシングドライバーのウォルター・ブルンによって1983年に設立されたスイスのレーシングチームである。ブルン・モータースポーツは主にポルシェのプライベーターとして、多くの国際的なスポーツカーレースに参戦し続けた。ブルン・モータースポーツは1986年に世界スポーツプロトタイプカー選手権を制し、後には本格的なシャシーコンストラクターになった。また、ブルンは1988年から1990年に掛けて、ユーロブルンチームの一部としてF1に参戦した。最終的に、チームは1992年に解散した。ブルン・モータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ・959

    ポルシェ・959から見たポルシェポルシェ

    ポルシェ・959(Porsche 959 )は、ドイツの自動車メーカーポルシェが製造・販売していたスーパーカーである。当時のポルシェが持つ技術を結集した1台であった。ポルシェ・959 フレッシュアイペディアより)

626件中 11 - 20件表示

「ポルシェ」のニューストピックワード