626件中 41 - 50件表示
  • ボブ・ウォレク

    ボブ・ウォレクから見たポルシェポルシェ

    ウォレクは30年にわたるスポーツカーレースのキャリアのほとんどでポルシェをドライブし、ヨースト・レーシングのポルシェ・936、ポルシェ・956をドライブしてデイトナ24時間レースで4度の勝利を挙げ(1983年、1985年、1989年、1991年)、Deutsche Rennsport Meisterschaft(DRM)では2度のタイトルを獲得した(1982年、1983年)。ボブ・ウォレク フレッシュアイペディアより)

  • ノーマンズ・ランド

    ノーマンズ・ランドから見たポルシェポルシェ

    『ノーマンズ・ランド』(No Man's Land)は、1987年に公開されたアメリカ合衆国の映画。ロサンゼルスを舞台にポルシェを題材としたカーアクション映画である。ノーマンズ・ランド フレッシュアイペディアより)

  • ニキ・ラウダ

    ニキ・ラウダから見たポルシェポルシェ

    全15戦中、7戦をマシントラブルでリタイアし、ランキング10位。それでも第12戦オランダグランプリからTAGのスポンサーシップを得て、ポルシェ製1.5リッター・ターボV6エンジンを搭載したMP4/1Eに乗った。残りのレースは翌年への準備となった。ニキ・ラウダ フレッシュアイペディアより)

  • 水平対向エンジン

    水平対向エンジンから見たポルシェポルシェ

    2015年(平成27年)時点で水平対向エンジンを搭載した4輪車を生産している企業は、日本のSUBARU(トヨタ自動車との共同開発車生産を含む)およびドイツのポルシェの2社のみである。その両社は市販4輪車用の水平対向エンジンを長年にわたり生産し続けている。水平対向エンジン フレッシュアイペディアより)

  • ヨースト・レーシング

    ヨースト・レーシングから見たポルシェポルシェ

    1985年のル・マン24時間レースには独自にモトロニックのセッティングを施したポルシェ・956Bを使用してポルシェ・ワークスに打ち勝つなどル・マン24時間レースで12勝を挙げており、ル・マンに参戦するチームの中でも有力な存在である。ヨースト・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のル・マン24時間レース

    2016年のル・マン24時間レースから見たポルシェポルシェ

    LMP1クラスでは、レース残り6分の時点まで首位を快走していたトヨタ・ガズー・レーシング5号車が突然スロー・ダウン後停止し、ポルシェチームの2号車に乗って2年連続でポールポジションを獲得したニール・ジャニ/ロマン・デュマ/マルク・リープ組がレース残り3分の時点で大逆転して総合優勝を果たした。ポルシェ勢は前年に引き続き2年連続の総合優勝であり、デュマは2010年大会以来2度目の総合優勝で、ジャニとリープは初の総合優勝を成し遂げた。トヨタ5号車は再始動させることに成功したもののラップ・タイムが11分53秒815もの時間を要し、「最終ラップは6分以内で周回しなければいけない」というル・マン24時間独自の規定を満たすことが出来ずに完走扱いとはならず、384周もの周回を重ねながら失格となった。3周差の2位には、ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ/小林可夢偉組のトヨタ6号車が入り、更に9周差(トップから12周差)の3位には、トラブルに苦しんだルーカス・ディ・グラッシ/ロイック・デュバル/オリバー・ジャービス組のアウディ8号車が入った。2016年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • MFゴースト

    MFゴーストから見たポルシェポルシェ

    ガソリンエンジンなどの内燃機関自動車が廃れ、電気自動車や燃料電池自動車が主流となったという想定の近未来が舞台で、『頭文字D』と同じ一般公道でのレースを題材としているが、こちらは道路を完全なクローズドコースとした合法のレースイベントという設定となっている。また、日本国産車に限定されていた『頭文字D』と違って、作中にはフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどといった日本国外の高性能スポーツカーが多く登場する。MFゴースト フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモシリーズ

    グランツーリスモシリーズから見たポルシェポルシェ

    世界中の主要なスポーツカーが登場する。ただし、デ・トマソといったスーパーカーのメーカーからはライセンスを得ることができず、登場していない。なお、『グランツーリスモSPORT』以前の作品でポルシェが登場しなかった代わりに、ポルシェ車をベースにチューニングしたRUF社のスポーツカーが収録されている。2016年にポルシェとEA(エレクトロニック・アーツ)社との独占契約が終了したため、『グランツーリスモSPORT』にはポルシェが収録されている。グランツーリスモシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • リアエンジン

    リアエンジンから見たポルシェポルシェ

    小型車にリアエンジン方式が採用されたことは、スポーツカー分野にもリアエンジンを普及させる一因となった。もともと小型スポーツカーには、小型乗用車のシャーシやコンポーネントをベースにして製作される例が多く、車体形状の自由度が高くしかも軽量なリアエンジン方式のメリットが、スポーツモデルに活かしやすかったからである。その代表例は1948年のポルシェ・356(ベースはフォルクスワーゲン・タイプ1)に始まるポルシェ各車、そしてフィアット・600系リアエンジン大衆車をベースとした多くのイタリア製小型スポーツカーであろう。リアエンジン フレッシュアイペディアより)

  • SUBARU (自動車)

    SUBARU (自動車)から見たポルシェポルシェ

    現行の主力モデルでは、水平対向エンジンを車体前方に縦置き搭載して四輪を駆動するSYMMETRICAL AWD(シンメトリカルAWD)構造を特徴としている。水平対向エンジンは、かつてはトヨタ車にも採用車種があるほど普及したエンジン形式だったが、他形式と共用できる部品が少ないことから徐々に採用メーカーが減り、2017年現在、量産型の乗用車用エンジンとしては富士重工業とポルシェしか採用していない。また、フルタイム四輪駆動機構を展開する自動車メーカーとしてはドイツのアウディ等が有名であるが、前置き水平対向エンジンとフルタイムAWDの双方を組み合わせたパッケージングを展開するのは、世界でスバルのみとなっている。SUBARU (自動車) フレッシュアイペディアより)

626件中 41 - 50件表示

「ポルシェ」のニューストピックワード