111件中 91 - 100件表示
  • ポルシェ

    ポルシェから見たオーストリア

    最初の工場は第二次世界大戦の疎開先であったオーストリアのグミュント工場であった。ここでポルシェはメーカーとしてスタートし、ポルシェ・356の試作2台と量産50台を生産した。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見た右ハンドル

    ミツワによる輸入販売体制のもと、1990年(平成2年)秋に発売された1991年モデルからは主要モデルにエアバッグがオプション設定されたほか、全シリーズに右ハンドル仕様が用意された。、また、1995年(平成7年)には、それまで1,000万円超であったポルシェ・911の新車価格を910万円に引き下げるなど、日本におけるポルシェのユーザー層拡大に努めた。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見たイギリス

    一方、ドイツ本国のポルシェAGは、「主要輸出市場では、販売・流通を直接管理する」との方針によりアメリカ合衆国、イギリス、イタリア、スペイン、オーストラリアなどの現地法人を直営化しており、日本でも1995年(平成7年)に100%出資の子会社「ポルシェ自動車ジャパン株式会社」を設立した。同社は1997年(平成9年)、「ポルシェジャパン株式会社」に改称、翌年1月からはそれまでのミツワ自動車にかわって日本への輸入業務を開始した。この際、輸入権を失ったミツワ自動車は一正規ディーラーとして再出発することとなった。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見たプレイバックPart2

    山口百恵の持ち歌である「プレイバックPart2」(1978年)の歌詞の中に「真っ赤なポルシェ」というくだりが登場する。この部分は特定企業名・商品名を極力使わないNHKの番組では、「真っ赤な車」と置き換えられて歌われている。ただ2007年3月24日放送「家族で選ぶにっぽんの歌」など最近では元の歌詞どおり「真っ赤なポルシェ」と歌われている。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見たバッジネーム

    1983年から1987年までマクラーレンに1.5L V6ターボエンジンを供給し(バッジネームはTAG)、特に1984年から1985年にはニキ・ラウダ、アラン・プロストによってドライバーズ・タイトル、コンストラクターズ・タイトル、翌1986年もプロストのドライバーズ・タイトルの獲得に貢献した。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見たイタリア

    一方、ドイツ本国のポルシェAGは、「主要輸出市場では、販売・流通を直接管理する」との方針によりアメリカ合衆国、イギリス、イタリア、スペイン、オーストラリアなどの現地法人を直営化しており、日本でも1995年(平成7年)に100%出資の子会社「ポルシェ自動車ジャパン株式会社」を設立した。同社は1997年(平成9年)、「ポルシェジャパン株式会社」に改称、翌年1月からはそれまでのミツワ自動車にかわって日本への輸入業務を開始した。この際、輸入権を失ったミツワ自動車は一正規ディーラーとして再出発することとなった。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見た自動車

    ポルシェ(Porsche A.G. )は、ドイツの自動車メーカーである。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見たネッカーズルム

    ポルシェ・924の生産はアウディに委託され、ネッカーズルム工場にて生産された。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見たスペイン

    一方、ドイツ本国のポルシェAGは、「主要輸出市場では、販売・流通を直接管理する」との方針によりアメリカ合衆国、イギリス、イタリア、スペイン、オーストラリアなどの現地法人を直営化しており、日本でも1995年(平成7年)に100%出資の子会社「ポルシェ自動車ジャパン株式会社」を設立した。同社は1997年(平成9年)、「ポルシェジャパン株式会社」に改称、翌年1月からはそれまでのミツワ自動車にかわって日本への輸入業務を開始した。この際、輸入権を失ったミツワ自動車は一正規ディーラーとして再出発することとなった。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見たフォード・コスワース・DFVエンジン

    1991年にもフットワークに3.5L V12エンジンを供給したが、ポルシェ・917の水平対向12気筒と同じようにV6ターボを2つつなぎ合わせ、クランクシャフトの中央からスパーギヤでバンク中央のシャフトに出力するセンターテイクオフを採用していたため200kgと重いうえに大きく、更にパワーが出ない駄作であった。実はこのエンジンは、もともと1987年のシーズンオフにマクラーレンに提案されていたのだが、当時のデザイナーであったゴードン・マレーから大きすぎると却下をくらったいわくつきの代物で、フットワーク・アロウズは3500万ドルを投じたものの、あまりの信頼性のなさにシーズン半ばでコスワースDFRに換装し、ポルシェは事実上の撤退を余儀なくされた。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

111件中 91 - 100件表示

「ポルシェ」のニューストピックワード