前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • 内藤大助

    内藤大助から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2002年4月19日、敵地タイでポンサックレック・シンワンチャー(タイ)の持つWBC世界フライ級王座に挑戦し、世界フライ級タイトルマッチ史上最短記録となる1R34秒KO負けを喫する(参照)。しかし、復帰戦でKO勝ちすると、その後も菊井徹平(花形)を下すなど順調に勝ち進みランキングを上昇させる。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • コンパヤック・ポープラムック

    コンパヤック・ポープラムックから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    コンパヤック・ポープラムック(Kompayak Porpramook、男性、1982年6月18日 - )は、タイのプロボクサー。元WBC世界ライトフライ級王者。ポンサクレック・ウォンジョンカム等が在籍するギャラクシープロモーション傘下ペッインディー所属。手数が豊富でタフに定評があるファイタータイプのボクサー。コンパヤック・ポープラムック フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    27日 - 【ボクシング】WBCフライ級王者統一戦で、正規王者の亀田興毅が暫定王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ王国)に0-2(ジャッジ1名ドロー)の判定で敗れ、プロ初黒星を喫した。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • エベラルド・モラレス

    エベラルド・モラレスから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    その後1戦挟み、迎えた2006年6月30日バンコクにてWBCフライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカムに挑戦するも、4回TKO負け。またしても王者獲得ならず。その日ポンサクレックはミゲル・カントを抜き、15回目の防衛に成功。エベラルド・モラレス フレッシュアイペディアより)

  • ヒルベルト・ケブ・バース

    ヒルベルト・ケブ・バースから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2006年2月16日ポンサクレック・ウォンジョンカムが持つWBCフライ級に挑戦するもフルスコアを2人出され大敗した。ヒルベルト・ケブ・バース フレッシュアイペディアより)

  • ラウンドガール

    ラウンドガールから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    変わった例として、2010年3月27日のWBC世界フライ級タイトルマッチ、亀田興毅対ポンサクレック・ウォンジョンカム戦でラウンドガールを務めた佐藤かよが挙げられる。佐藤は性別的には男性だが、この試合ではラウンドガールとして仕事を行った。ラウンドガール フレッシュアイペディアより)

  • 大串事件

    大串事件から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    後年、坂田と内藤は共にフライ級の世界ランカーとなり、日本のフライ級選手として1・2を争うライバル関係となったが、再戦することはなかった。2007年に坂田がWBAの世界王者、内藤がポンサクレック・ウォンジョンカムを破りWBCの世界王者となった。王座統一戦などが望まれたが実現せず、内藤が坂田との握手を拒否することもあった。そして再戦が実現することないまま両者とも2011年に引退した。大串事件 フレッシュアイペディアより)

  • 戎岡淳一

    戎岡淳一から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2007年4月6日、WBC世界フライ級王者ポンサクレック・クラティンデーンジムの17度目の防衛戦の相手に指名され、世界挑戦することが決定していたが、WBCの認可が下りず、代役を清水智信が務めることとなった。戎岡淳一 フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・セサール・ミランダ

    フリオ・セサール・ミランダから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2009年4月24日、WBC世界フライ級暫定王座決定戦でポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)と対戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。同試合に出場したことで内藤への指名挑戦権は消滅した。フリオ・セサール・ミランダ フレッシュアイペディアより)

  • モルティ・ムザラネ

    モルティ・ムザラネから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    同年7月5日、過去にホルヘ・アルセやポンサクレック・ウォンジョンカムと対戦経験を持つフセイン・フセインとIBF世界フライ級挑戦者決定戦で対戦し、3-0の判定勝ちでノニト・ドネアが持つIBF世界フライ級王座への挑戦権を獲得した。その試合でフセインは現役を引退した。モルティ・ムザラネ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード