前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • 内藤大助

    内藤大助から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2002年4月19日、敵地タイでポンサックレック・シンワンチャー(タイ)の持つWBC世界フライ級王座に挑戦し、世界フライ級タイトルマッチ史上最短記録となる1R34秒KO負けを喫する(参照)。しかし、復帰戦でKO勝ちすると、その後も菊井徹平(花形)を下すなど順調に勝ち進みランキングを上昇させる。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    27日 - 【ボクシング】WBCフライ級王者統一戦で、正規王者の亀田興毅が暫定王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ王国)に0-2(ジャッジ1名ドロー)の判定で敗れ、プロ初黒星を喫した。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 亀田興毅

    亀田興毅から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2010年3月27日、有明コロシアムでWBC世界フライ級暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカムと対戦し、0-2(112-116、112-115、114-114)の判定負けを喫し王座統一に失敗、僅か4ヵ月で王座から陥落した。試合後に父・亀田史郎が控え室でWBCやJBCの役員に対して暴言を吐き、メディアに対して「安河内(JBC事務局長)のクビをとる」などと不適切な発言をした問題で亀田ジムの無期限活動自粛と興毅、大毅、和毅の3人の東日本ボクシング協会の協会預かり選手になることが決定した。更に無期限停止中となっていた父・亀田史郎のセコンドライセンスを剥奪しライセンスの再申請を認めないことや五十嵐紀行のクラブオーナーライセンス及びプロモーターライセンスの無期限停止処分も決定、WBCからは父・亀田史郎が「90日間活動停止」という処分を科され、亀田陣営が申請していた興毅とポンサクレックの再戦も却下された。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • エベラルド・モラレス

    エベラルド・モラレスから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    その後1戦挟み、迎えた2006年6月30日バンコクにてWBCフライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカムに挑戦するも、4回TKO負け。またしても王者獲得ならず。その日ポンサクレックはミゲル・カントを抜き、15回目の防衛に成功。エベラルド・モラレス フレッシュアイペディアより)

  • ヒルベルト・ケブ・バース

    ヒルベルト・ケブ・バースから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2006年2月16日ポンサクレック・ウォンジョンカムが持つWBCフライ級に挑戦するもフルスコアを2人出され大敗した。ヒルベルト・ケブ・バース フレッシュアイペディアより)

  • 升田貴久

    升田貴久から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2009年8月28日、世界初挑戦。敵地のチェンマイでWBC世界フライ級暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)に挑んだが、6R1分6秒TKOで敗れ、王座奪取はならなかった。同年暮れ自身のブログで再び引退とトレーナー転向を表明升田貴久 フレッシュアイペディアより)

  • トラッシュ中沼

    トラッシュ中沼から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2004年1月3日、パシフィコ横浜でWBC世界フライ級王者ポンサクレック・クラティンデーンジムとタイトルマッチを行い、12R判定負け。世界王座獲得に失敗。トラッシュ中沼 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アルベルト・ラサルテ

    ルイス・アルベルト・ラサルテから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2001年12月6日、WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカムに初めて敵地に乗り込んで挑戦。終始ポンサクレックペースでさんざんラフファイトを行い王者陣営を困惑させた。2回に攻めに行くも、最後は当時好戦的スタイルだったポンサクレックの連打に捕まり最後はレフェリーストップ。2回2分43秒TKO負けでまたしても王座獲得ならず。ルイス・アルベルト・ラサルテ フレッシュアイペディアより)

  • ラウンドガール

    ラウンドガールから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    変わった例として、2010年3月27日のWBC世界フライ級タイトルマッチ、亀田興毅対ポンサクレック・ウォンジョンカム戦でラウンドガールを務めた佐藤かよが挙げられる。佐藤は性別的には男性だが、この試合ではラウンドガールとして仕事を行った。ラウンドガール フレッシュアイペディアより)

  • 指名試合

    指名試合から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2008年11月のWBC総会終了後、一時は内藤大助に対して指名試合が2試合課されることになっていた。WBCが1位のパノムルンレック・クラティンデーンジムに指名挑戦権を認めたまま、他の2選手で挑戦者決定戦を行い、その勝者となった2位のフリオ・セサール・ミランダにも指名挑戦権を認めたためである。WBCの運営方針は問題視され、内藤陣営の防衛方針を疑問視する声もあった。その後、ポンサクレック・ウォンジョンカムとの暫定王座決定戦にミランダの出場が決定した為、ミランダの指名挑戦権は消滅した。指名試合 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード