63件中 11 - 20件表示
  • 小松則幸

    小松則幸から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2005年1月29日、WBC世界フライ級王者ポンサクレック・クラティンデーンジム(タイ)に5回TKO負けで王座奪取に失敗した。初回から前足のポジション取りで劣勢に立ち、ポンサクレックの右アッパーを端緒とする的確なコンビネーションの前に力及ばず、5回に2度のダウンを奪われたあと、果敢に立ったもののパンチによる負傷箇所からの出血多量でレフェリーがストップした。小松則幸 フレッシュアイペディアより)

  • 中広大悟

    中広大悟から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2006年5月1日、日本タイトル戦から3か月後にタイでWBC世界フライ級チャンピオンポンサクレック・ウォンジョンカムに挑戦する。しかし序盤にダウンを奪われた末12R判定負けで2連敗となった。中広大悟 フレッシュアイペディアより)

  • リベンジ

    リベンジから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    内藤大助のポンサクレック・ウォンジョンカムとの第2戦、第3戦リベンジ フレッシュアイペディアより)

  • 戎岡淳一

    戎岡淳一から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2007年4月6日、WBC世界フライ級王者ポンサクレック・クラティンデーンジムの17度目の防衛戦の相手に指名され、世界挑戦することが決定していたが、WBCの認可が下りず、代役を清水智信が務めることとなった。戎岡淳一 フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・セサール・ミランダ

    フリオ・セサール・ミランダから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2009年4月24日、ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)とWBC世界フライ級暫定王座決定戦を行い、12回0-3(111-117、109-118、110-119)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。尚、ミランダの指名挑戦権はこの試合に出場することが決定した時に消滅した。フリオ・セサール・ミランダ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコブ・マトラーラ

    ジェイコブ・マトラーラから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    1992年4月26日、後にポンサクレック・ウォンジョンカムとビック・ダルチニアンの2人の世界王者に挑戦するムズキシ・シカリと対戦し12回3-0(117-112、118-112、117-113)の判定勝ちを収め南アフリカ王座3度目の防衛に成功した。ジェイコブ・マトラーラ フレッシュアイペディアより)

  • リングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤー

    リングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤーから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2012年 - ソニー・ボーイ・ハロ VS. ポンサクレック・ウォンジョンカム(2012年3月2日)リングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • オーレイドン・シスサマーチャイ

    オーレイドン・シスサマーチャイから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムなど多くの世界王者を輩出したウィラット・ワチララタナウォン()がプロモーター兼会長を務め、ピヤラット・ワチララタナウォン()がプロモーターを務めるペッインディー所属。ポンサクレックが実際にオーレイドンを後継者に指名している。オーレイドン・シスサマーチャイ フレッシュアイペディアより)

  • Satoko

    Satokoから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    WBC世界フライ級タイトルマッチ「内藤大助 対 ポンサクレック・ウォンジョンカム戦」(2008年3月8日、両国国技館)Satoko フレッシュアイペディアより)

  • 小村達彦

    小村達彦から見たポンサクレック・クラティンデーンジムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2004年1月3日 パシフィコ横浜にて開催されたWBC世界フライ級タイトルマッチ、ポンサクレック・クラティンデーンジムVSトラッシュ中沼戦で世界タイトルマッチを初コール。小村達彦 フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード