53件中 11 - 20件表示
  • ガッツファイティング

    ガッツファイティングから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    フジテレビ「ダイヤモンドグローブ」に代わり、内藤大助の試合を放送していた(ポンサクレック・ウォンジョンカムとの3度目の対戦より。なお、この試合のみTOKYO MXで生中継後に録画放送)。ガッツファイティング フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    8月11日 - ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ、ボクシング)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 浅井勇登

    浅井勇登から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2001年7月15日、ポンサクレック・シンワンチャーの保持するWBC世界フライ級王座に挑戦し、5RTKO負け。王座獲得ならず。浅井勇登 フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・エルナンデス

    アドリアン・エルナンデスから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    同年12月23日、バンコクの国王警護隊第11駐屯地内特設会場にて、ポンサクレック・ウォンジョンカムの前座で登場。WBC世界ライトフライ級3位コンパヤック・ポープラムックと対戦。打ち合いになるも、10回KO負け。王座から陥落した。アドリアン・エルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • ヒルベルト・ケブ・バース

    ヒルベルト・ケブ・バースから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2006年2月16日、ポンサクレック・ウォンジョンカムが持つWBC世界フライ級王座に挑戦。何もできず12回大差判定負け。王座獲得ならず。ヒルベルト・ケブ・バース フレッシュアイペディアより)

  • 久保賢司

    久保賢司から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2013年1月29日、後楽園ホールにてWBC世界バンタム級20位で昨年11月にポンサクレック・ウォンジョンカムをTKOで下し勢いに乗っているレイ・ミグレノ(フィリピン)と対戦し、3回2分TKO負けで初黒星を喫した。久保賢司 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野和男

    宇野和男から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    WBC世界フライ級タイトルマッチ ポンサクレック・ウォンジョンカム対内藤大助(TOKYOMX)宇野和男 フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ロハス

    トマス・ロハスから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2011年8月19日、敵地タイにてポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)の持つWBC世界フライ級王座に挑戦した経験もあるスリヤン・ソー・ルンヴィサイ(タイ)を迎えて3度目の防衛戦を行うも、0-3(111-117、112-116、114-115)の判定負けを喫して3度目の防衛に失敗し王座から陥落した。その後、同年11月に再起戦を行い2回TKO勝ちを収めて再起に成功。トマス・ロハス フレッシュアイペディアより)

  • 向井寛史

    向井寛史から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2011年12月24日、タイ・バンコクに乗り込み、ポンサクレック・ウォンジョンカム()が持つWBC世界フライ級王座に挑戦。デビュー7戦での世界王座挑戦は井岡一翔に並ぶ国内最速タイ記録であったが、1回47秒に偶然のバッティングで流血し、負傷引き分けで王座獲得はならなかった。向井寛史 フレッシュアイペディアより)

  • 小松則幸

    小松則幸から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    1月29日、WBC世界フライ級王座挑戦。世界王者ポンサクレック・クラティンデーンジム(タイ)に5RTKO負けし王座奪取ならず。初回から前足のポジション取りで劣勢に立ち、ポンサクレックの右アッパーを端緒とする的確なコンビネーションの前に力及ばず、5Rに2度のダウンを奪われたあと、果敢に立ったもののパンチによる負傷箇所からの出血多量でTKOを宣告される。初の世界挑戦は敗北に終わった。小松則幸 フレッシュアイペディアより)

53件中 11 - 20件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード