53件中 21 - 30件表示
  • マルコム・ツニャカオ

    マルコム・ツニャカオから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2001年3月2日、タイ・ピチット県でポンサクレック・ウォンジョンカムと対戦し、プロ初黒星となる1回2分42秒TKO負けを喫し、2度目の防衛に失敗、王座から陥落した。マルコム・ツニャカオ フレッシュアイペディアより)

  • ソニー・ボーイ・ハロ

    ソニー・ボーイ・ハロから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2012年3月2日、タイ・チョンブリー県でWBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)と対戦し、ポンサクレックから1回と3回に1度、6回に2度のダウンを奪ったところでレフェリーストップがかかり、6回TKO勝ちを収めて3度目の世界挑戦にして世界王座の獲得に成功した。また、ポンサクレックがリングマガジンの同級王者にも認定されていたことから、この勝利によりリングマガジン王座も譲り受けたものとして認定された。ソニー・ボーイ・ハロ フレッシュアイペディアより)

  • 暫定王座

    暫定王座から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    日本のジム所属の世界王者で正規王者として暫定王者との統一戦に臨んだケースは前出の辰吉、薬師寺の他、WBCフライ級勇利アルバチャコフ(1997年11月チャチャイ・イーリックジムに判定負け)、WBAミニマム級新井田豊(2004年10月ファン・ランダエタに判定勝ち、2007年4月高山に判定勝ち)、WBAフライ級坂田健史(2007年7月ロベルト・バスケスに判定勝ち)、WBCフライ級亀田興毅(2010年3月ポンサクレック・ウォンジョンカムに判定負け)、WBC女子ライトフライ級富樫直美(2010年4月ノンムアイ・ゴーキャットジムに判定勝ち)、WBA女子ミニマム級多田悦子(2010年4月リア・ラムナリンと引分、2011年4月イベス・サモラに判定勝ち)、WBAスーパーフェザー級内山高志(2011年大晦日ホルヘ・ソリスに11RTKO勝ち、2012年大晦日ブライアン・バスケスに8RTKO勝ち)、前出の亀田がWBAバンタム級でも(2012年12月ウーゴ・ルイスに判定勝)該当。暫定王座 フレッシュアイペディアより)

  • ユリオルキス・ガンボア

    ユリオルキス・ガンボアから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2011年2月には、トレーナーのイスマエル・サラスが井岡一翔(日本)への指導を行うために来日した際には、ガンボアも共に来日した。その際にはポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)とスパーリングを行った。ユリオルキス・ガンボア フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    23戦目(2010年3月27日):ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ 78戦74勝3敗1分/WBC世界フライ級暫定王者)亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • トラッシュ中沼

    トラッシュ中沼から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2004年1月3日、パシフィコ横浜でWBC世界フライ級王者ポンサクレック・クラティンデーンジムとタイトルマッチを行い、12R判定負け。世界王座獲得に失敗。トラッシュ中沼 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐俊幸

    五十嵐俊幸から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2011年11月6日、代々木第二体育館にてWBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)の持つ王座への指名挑戦権を懸けたWBC世界フライ級挑戦者決定戦に出場。同級3位として同級2位のWBC世界フライ級シルバー王者ウィルベルト・ウィカブ(メキシコ)と対戦し、3-0(116-111、116-112、114-113)の判定勝ちを収めて指名挑戦権を獲得した。試合後に保持していた日本王座を返上した。五十嵐俊幸 フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンドグローブ

    ダイヤモンドグローブから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    しかし、最近はボクシング人気低迷、フジテレビもまたK-1・PRIDEといった新興格闘技の中継に傾いていた影響により、宮田ジムがプロモートする内藤大助VSポンサクレック・ウォンジョンカム3の世界戦の放映を打ち切るなど、ボクシング中継に熱心ではなくなった。2013年2月現在、最後に放送した世界戦は2007年9月24日のアレクサンデル・ムニョスVS相澤国之戦で、地上波では昼の時差録画であった。ダイヤモンドグローブ フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2007年(平成19年)4月6日、タイに乗り込みWBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカムに挑戦。鼻梁に3針の裂傷を負い、7回終了時に棄権しTKO負けの完敗。王座獲得に失敗した。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • 中広大悟

    中広大悟から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2006年5月1日、日本タイトル戦から3か月後にタイでWBC世界フライ級チャンピオンポンサクレック・ウォンジョンカムに挑戦する。しかし序盤にダウンを奪われた末12R判定負けで2連敗となった。中広大悟 フレッシュアイペディアより)

53件中 21 - 30件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード