63件中 31 - 40件表示
  • ヒルベルト・ケブ・バース

    ヒルベルト・ケブ・バースから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2006年2月16日、WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカムと対戦。何もできず12回大差判定負けを喫した。ヒルベルト・ケブ・バース フレッシュアイペディアより)

  • ワンヒン・ミナヨーティン

    ワンヒン・ミナヨーティンから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    ワンヒン・ミナヨーティン(Wanheng Menayothin、1985年10月27日 - )は、タイのプロボクサー。現WBC世界ミニマム級王者。マハーサーラカーム県出身。ポンサクレック・ウォンジョンカムなど多くの世界王者を輩出したウィラット・ワチララタナウォン()がプロモーター兼会長を務め、ピヤラット・ワチララタナウォン()がプロモーターを務めるペッインディー所属。ワンヒン・ミナヨーティン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ロハス

    トマス・ロハスから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2009年7月18日、ハリスコ州プエルトバジャルタのセントロ・デ・コンベンシオネス・プエルトバジャルタにてWBA・WBC・IBF世界スーパーフライ級スーパー王者ビック・ダルチニアン(オーストラリア)のバンタム級王座挑戦に伴い設置されたWBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦に出場。ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)に挑戦経験のあるエベラルド・モラレス(メキシコ)と対戦し、9回終了時TKO勝ちを収めて王座の獲得に成功した 。以後、1度防衛。トマス・ロハス フレッシュアイペディアより)

  • ルンピニー・スタジアム

    ルンピニー・スタジアムから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    主なプロモーターにウィラット・ワチララタナウォン(??????? ???????????、通称“シアナオ”。ラジャダムナン・スタジアム公認のソンチャイ・ラタナスバンと並ぶ大物プロモーター。ボクシングのポンサクレック・ウォンジョンカムのマネージャーでもある。興行名は「スック・ペッインディー」)、バンジョン・ブットラーダムウォン(????? ????????????、通称“シアフェアテックス”。実力派選手を多く抱えるフェアテックスジムのオーナー。興行名は「スック・フェアテックス」)、ピーラポン・ティーラデットポン(??????? ???????????、通称“ヒヤチュン”。毎週日曜日に地上波7chテレビ局内の特設会場で開催され、生中継される興行のプロモーターでもある。興行名は「スック・ギアットペット」)、プラムック・ロージョンタン(?????? ????????、通称“ガムナンプラムック”。K-1のブアカーオ・ポー.プラムックのマネージャーでもある。興行名は「スック・ポープラムック」)、ピヤラット・ワチララタナウォン(????????? ??????????、通称“シアタンク”。上記ウィラットの甥で、2人でムエタイとボクシングの興行を手広く行っている。興行名は「スック・ペットピア」)などがいる。ルンピニー・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 小関桃

    小関桃から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2010年3月27日、有明コロシアムでWBC世界ライトフライ級4位の申建主(韓国)と対戦し、10回3-0の判定勝ちを収めWBC女子アトム級王座の4度目の防衛に成功した。なお、この試合はWBC世界フライ級王座統一戦・亀田興毅(正規王者) vs. ポンサクレック・ウォンジョンカム(暫定王者/タイ)ならびにWBC世界ミニマム級タイトルマッチ・オーレイドン・シスサマーチャイ(王者/タイ) vs. 黒木健孝(挑戦者・同級3位)の男子世界戦2試合と併せ、国内初の「男女トリプル世界戦」の1試合として行われた。小関桃 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田史郎

    亀田史郎から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    過去にWBCフライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(当時)から対戦を申し込まれたときに威嚇するだけして結局、対戦をしなかったことや、日本王者の内藤大助(当時)に対し「6回戦レベル」と発言し、その後、内藤から対戦要求を受けたがこれを回避していることから、「強敵との対戦を避けている」との批判があった。これに対し史郎は「それほど実績を残していないボクサー達の発言には反応しない」「プロモーターのマッチメイクの都合で仕方ないのではない」と発言していたが、世界王者、日本王者などからの対戦要求も回避してきたことから、この発言は矛盾している。亀田史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 久保賢司

    久保賢司から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2013年1月29日、後楽園ホールにてWBC世界バンタム級20位で昨年11月にポンサクレック・ウォンジョンカムをTKOで下し勢いに乗っているレイ・ミグレノ(フィリピン)と対戦し、3回2分TKO負けで初黒星を喫した。久保賢司 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野和男

    宇野和男から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    WBC世界フライ級タイトルマッチ ポンサクレック・ウォンジョンカム対内藤大助(TOKYO MX)宇野和男 フレッシュアイペディアより)

  • ユリオルキス・ガンボア

    ユリオルキス・ガンボアから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2011年2月には、トレーナーのイスマエル・サラスが井岡一翔(日本)への指導を行うために来日した際には、ガンボアも共に来日した。その際にはポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)とスパーリングを行った。ユリオルキス・ガンボア フレッシュアイペディアより)

  • ホルヘ・アルセ

    ホルヘ・アルセから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    階級をフライ級に上げたアルセは、正規王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)に挑むためフセイン・フセイン(オーストラリア)とWBC世界フライ級挑戦者決定戦を行い、10回TKO勝利を収めポンサクレックへの挑戦権を獲得したが当時正規王者のポンサクレックは怪我のためタイトル戦が出来ない状態であったため、WBCはアルセとアンヘル・ピリオロ(コロンビア)との対戦を暫定王座決定戦とした。この試合にアルセは3回2分45秒TKO勝利を挙げ、WBC世界フライ級暫定王座を獲得した。ホルヘ・アルセ フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード