53件中 31 - 40件表示
  • 粉川拓也

    粉川拓也から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    10月10日、後楽園ホールでのWBC世界フライ級タイトルマッチ、ポンサクレック・ウォンジョンカム VS 内藤大助の前座にて、茂木公弘と対戦。1回にプロ初のダウンを喫してピンチに陥るが、4回に相手を棒立ちにさせてレフェリーストップとなり、逆転TKO勝利。粉川拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 小関桃

    小関桃から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2010年3月27日、有明コロシアムで2階級上のWBC世界ライトフライ級4位・申建主(韓国)と対戦し、10回3-0の判定勝ちで4度目の防衛に成功した。なお、この試合はWBC世界フライ級王座統一戦・亀田興毅(正規王者) vs. ポンサクレック・ウォンジョンカム(暫定王者/タイ)ならびにWBC世界ミニマム級タイトルマッチ・オーレイドン・シスサマーチャイ(王者/タイ) vs. 黒木健孝(挑戦者・同級3位)の男子世界戦2試合と併せ、「トリプル世界戦」の1試合として行われた。小関桃 フレッシュアイペディアより)

  • ホルヘ・アルセ

    ホルヘ・アルセから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    階級をフライ級に上げたアルセは、WBC世界フライ級王座を次のターゲットに定めたが、当時正規王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)は怪我のためタイトル戦が出来ない状態であったため、WBCはアルセとアンヘル・アントニオ・ピリオロとの対戦を暫定王座決定戦とした。この試合にアルセは3回2分45秒TKO勝利を挙げ、WBC世界フライ級暫定王座を獲得した。ホルヘ・アルセ フレッシュアイペディアより)

  • フライ級

    フライ級から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    この階級の世界王座連続最多防衛記録はポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ / WBC)の17度(通算防衛回数としては23回)。日本の選手の最多防衛記録は、勇利アルバチャコフ(協栄 / WBC)の9度。フライ級 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のテレビ (日本)

    2008年のテレビ (日本)から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    WBC世界フライ級タイトルマッチ「内藤大助×ポンサクレック・ウォンジョンカム」(3月8日、TBS系)2008年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 井岡一翔 対 八重樫東戦

    井岡一翔 対 八重樫東戦から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    この井岡対八重樫戦を中継したTBSの平均視聴率は、関東地区で18.2%、関西地区で22.3%、また瞬間最高視聴率は、関東地区で22.7%、関西地区で29.1%を記録した。この数字はボクシング中継において過去1年間で最高のものとなり、関西のボクシング中継で20%を超えたのは、2010年3月の亀田興毅とポンサクレック・ウォンジョンカムのWBC世界フライ級王座統一戦(同じ団体の中での正規王座と暫定王座の統一戦。勝者は正規王者となる)以来であった。井岡一翔 対 八重樫東戦 フレッシュアイペディアより)

  • 本田秀伸

    本田秀伸から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2002年11月26日、ポンサクレック・クラティンデーンジムの持つWBC世界フライ級王座に挑戦。ポンサクレックの強打を殆ど回避するという高度なディフェンス技術を見せるも、手数の少なさが災いして12R判定負け。本田秀伸 フレッシュアイペディアより)

  • 8月11日

    8月11日から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    1977年 - ポンサクレック・ウォンジョンカム、プロボクサー8月11日 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田史郎

    亀田史郎から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    過去にWBCフライ級王者ポンサクレック・クラティンデーンジムから対戦を申し込まれたときに威嚇するだけして結局、対戦をしなかったことや、日本王者の内藤大助(当時)に対し「6回戦レベル」と発言し、その後、内藤から対戦要求を受けたがこれを回避していることから、「強敵との対戦を避けている」との批判があった。これに対し史郎は「それほど実績を残していないボクサー達の発言には反応しない」「プロモーターのマッチメイクの都合で仕方ないのではない」と発言していたが、世界王者、日本王者などからの対戦要求も回避してきたことから、この発言は矛盾している。亀田史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 升田貴久

    升田貴久から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2009年8月28日、世界初挑戦。敵地のチェンマイでWBC世界フライ級暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)に挑んだが、6R1分6秒TKOで敗れ、王座奪取はならなかった。同年暮れ自身のブログで再び引退とトレーナー転向を表明升田貴久 フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード