63件中 41 - 50件表示
  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    8月11日 - ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ、ボクシング)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 大串事件

    大串事件から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    後年、坂田と内藤は共にフライ級の世界ランカーとなり、日本のフライ級選手として1・2を争うライバル関係となったが、再戦することはなかった。2007年に坂田がWBAの世界王者、内藤がポンサクレック・ウォンジョンカムを破りWBCの世界王者となった。王座統一戦などが望まれたが実現せず、内藤が坂田との握手を拒否することもあった。そして再戦が実現することないまま、両者とも2011年に引退した。大串事件 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田三兄弟

    亀田三兄弟から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2010年3月27日に行われた長男興毅初防衛戦であるポンサクレック・ウォンジョンカムに敗れたあと父史郎がJBC関係者に暴言を吐いた事件で亀田ジムは無期限活動停止処分となった。ジムへの処分は解除されたが、五十嵐もオーナーライセンス無期限停止となったため、吉井が後任の会長に就任した。この間、三兄弟は一時的に別々のジムで活動していた。亀田三兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 向井寛史

    向井寛史から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2011年12月24日、タイ・バンコクの国王警護隊第11駐屯地内特設会場にてWBC世界フライ級王王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)と対戦。デビュー7戦での世界王座挑戦は井岡一翔に並ぶ当時の国内最速タイ記録だったが、1回47秒に偶然のバッティングで流血し、負傷引き分けで王座獲得に失敗した。向井寛史 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐俊幸

    五十嵐俊幸から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2011年11月6日、代々木第二体育館にてWBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)への指名挑戦権を懸け同級3位として同級2位のWBC世界フライ級シルバー王者ウィルベルト・ウィカブ(メキシコ)と対戦し、12回3-0(116-111、116-112、114-113)の判定勝ちを収めて指名挑戦権を獲得した。試合後に保持していた日本王座を返上した。五十嵐俊幸 フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2007年(平成19年)4月6日、タイに乗り込みWBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカムに挑戦。鼻梁に3針の裂傷を負い、7回終了時に棄権しTKO負けの完敗。王座獲得に失敗した。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • コンパヤック・ポープラムック

    コンパヤック・ポープラムックから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2011年12月23日、タイ、バンコクの国王警護隊第11駐屯地内特設会場にて、ポンサクレック・ウォンジョンカムの前座で登場。WBC世界ライトフライ級王者アドリアン・エルナンデスと対戦し、大方エルナンデスが有利でコンパヤックは上記のフセインとしかトップ選手との対戦がなく経験不足を危惧する声が多かったにもかかわらず、最後は左右ワンツーストレートでダウンを奪ってカウントアウト。10回2分31秒KO勝ちで打ち合いを制し世界王座を獲得した。コンパヤック・ポープラムック フレッシュアイペディアより)

  • エドガル・ソーサ

    エドガル・ソーサから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2011年10月21日、バンコクの国王警護隊第11駐屯地内特設会場でWBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカムと対戦し、12回0-3(111-116、2者が110-117)の判定負けを喫し王座獲得に失敗、2階級制覇にも失敗した。エドガル・ソーサ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーッモンコン・ウォー・センテープ

    ヨーッモンコン・ウォー・センテープから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    ヨドモンコン・ポー・セーンチップともヨードモンコン・ウォーセンティップとも表記される。ポンサクレック・ウォンジョンカムを始めとする多くの世界王者を育てたピヤラット・ワチララタナウォン(Piyarat Vacirarattanawong)がプロモーター兼会長を務めるペッインディー所属。ヨーッモンコン・ウォー・センテープ フレッシュアイペディアより)

  • 井岡一翔 対 八重樫東戦

    井岡一翔 対 八重樫東戦から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    この井岡対八重樫戦を中継したTBSの平均視聴率は、関東地区で18.2%、関西地区で22.3%、また瞬間最高視聴率は、関東地区で22.7%、関西地区で29.1%を記録した。この数字はボクシング中継において過去1年間で最高のものとなり、関西のボクシング中継で20%を超えたのは、2010年3月の亀田興毅とポンサクレック・ウォンジョンカムのWBC世界フライ級王座統一戦(同じ団体の中での正規王座と暫定王座の統一戦。勝者は正規王者となる)以来であった。井岡一翔 対 八重樫東戦 フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード