63件中 51 - 60件表示
  • ガッツファイティング

    ガッツファイティングから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    フジテレビ「ダイヤモンドグローブ」に代わり、内藤大助の試合を放送していた(ポンサクレック・ウォンジョンカムとの3度目の対戦より。なお、この試合のみTOKYO MXで生中継後に録画放送)。ガッツファイティング フレッシュアイペディアより)

  • 暫定王座

    暫定王座から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    日本のジム所属の世界王者で正規王者として暫定王者との統一戦に臨んだケースは前出の辰吉、薬師寺の他、WBCフライ級勇利アルバチャコフ(1997年11月チャチャイ・イーリックジムに判定負け)、WBAミニマム級新井田豊(2004年10月ファン・ランダエタに判定勝ち、2007年4月高山に判定勝ち)、WBAフライ級坂田健史(2007年7月ロベルト・バスケスに判定勝ち)、WBCフライ級亀田興毅(2010年3月ポンサクレック・ウォンジョンカムに判定負け)、WBC女子ライトフライ級富樫直美(2010年4月ノンムアイ・ゴーキャットジムに判定勝ち)、WBA女子ミニマム級多田悦子(2010年4月リア・ラムナリンと引分、2011年4月イベス・サモラに判定勝ち)、WBAスーパーフェザー級内山高志(2011年大晦日ホルヘ・ソリスに11回TKO勝ち、2012年大晦日ブライアン・バスケスに8回TKO勝ち)、前出の亀田がWBAバンタム級でも(2012年12月ウーゴ・ルイスに判定勝ち)、WBAスーパーフライ級河野公平(2013年5月リボリオ・ソリスに判定負け、2016年8月ルイス・コンセプシオンに判定負け)、WBAミニマム級宮崎亮(2013年9月ヘスス・シルベストレに判定勝ち)、IBFライトフライ級八重樫東(2017年5月ミラン・メリンドに初回TKO負け)が該当する。暫定王座 フレッシュアイペディアより)

  • 8月11日

    8月11日から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    1977年 - ポンサクレック・ウォンジョンカム、プロボクサー8月11日 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ボクシングコミッション

    日本ボクシングコミッションから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2010年2月頃に史郎の処分解除へ向けて東日本協会が賛成多数で可決してほぼ確実とされていたが、3月28日の亀田興毅対ポンサクレック・ウォンジョンカム戦後に史郎トレーナーが再び恫喝騒動を起こし、ライセンス資格取消(事実上の永久追放)に至った。それ以後、史郎は兄弟にトレーナーとしてもセコンドとしても着くことはできなかったが、2013年8月1日にフィリピンで実施された亀田和毅のWBO世界バンタム級タイトルマッチでは、国外の試合でJBC規定が適用されないため、セコンドについた。また亀田大毅が2013年9月3日に国内でIBF王座に挑戦することになり、2013年8月3日に「日本でセコンドにつきたい」とJBCへ復帰を申請した。結局は試合までにJBCから復帰が認定されることはなかった。2014年2月、昨年12月の亀田大毅の統一王座戦に絡んだ「負けても王座保持問題」に絡み、亀田ジムはライセンスが取り消されている史郎の影響力が大きいことが問題視されて亀田ジムの会長とマネージャーのライセンス更新が拒否され、史郎の影響力が排除されたジムでないと亀田兄弟は事実上日本国内で活動できないことが報じられている。日本ボクシングコミッション フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のテレビ (日本)

    2008年のテレビ (日本)から見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    WBC世界フライ級タイトルマッチ「内藤大助×ポンサクレック・ウォンジョンカム」(3月8日、TBS系)2008年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンドグローブ

    ダイヤモンドグローブから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    しかし、ボクシング人気が低迷すると、フジテレビもまたK-1・PRIDEといった新興格闘技の中継に傾いていた影響により、宮田ジムがプロモートする内藤大助VSポンサクレック・ウォンジョンカム3の世界戦の放映を打ち切るなど、ボクシング中継に熱心ではなくなった。ダイヤモンドグローブ フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロポリタンテレビジョン

    東京メトロポリタンテレビジョンから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2007年7月18日にボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ(ポンサクレック・ウォンジョンカム対内藤大助戦)の生中継を行った。内藤の所属する宮田ジムと交流のあったフジテレビの都合がつかなかったことから、中継先にTOKYO MXが名乗りを上げたもので、TOKYO MXとしては異例といえる格闘技の中継放送実施となった(以前には総合格闘技『D.O.G』を中継したことはあった)。なお、2016年よりは総合格闘技『パンクラス』の中継放送を行っている。東京メトロポリタンテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • モルティ・ムザラネ

    モルティ・ムザラネから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    2008年7月5日、過去にホルヘ・アルセやポンサクレック・ウォンジョンカムと対戦経験を持つフセイン・フセインとIBF世界フライ級挑戦者決定戦で対戦し、3-0の判定勝ちでIBF世界フライ級王者ノニト・ドネアへの挑戦権を獲得した。モルティ・ムザラネ フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・クラティンデーンジム

    ポンサクレック・クラティンデーンジムから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・クラティンデーンジム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・シンワンチャー

    ポンサクレック・シンワンチャーから見たポンサクレック・ウォンジョンカムポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・シンワンチャー フレッシュアイペディアより)

63件中 51 - 60件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード