前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示
  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た清水智信

    2007年4月6日、地元タイにて後のWBA世界スーパーフライ級王者清水智信(日本)を迎えて17度目の防衛戦を行い、7回終了TKO勝ちを収めて17度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た内藤大助

    2002年4月19日、地元タイにて前戦で坂田健史(日本)の持つ日本王座に挑戦し引き分け、後に好敵手となる内藤大助(日本)を迎えて4度目の防衛戦。開始20秒付近で内藤が放った右アッパーに対して左フックのカウンターを合わせてダウンを奪い、これを受けてダウンした内藤はリング上で失神し10カウント以内に立ち上がれず。初回34秒KO勝ちを収めて4度目の防衛に成功した。尚、この試合で記録した「初回34秒KO勝ち」という結果は2013年1月現在、世界フライ級タイトルマッチにおける史上最短KO記録である。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た坂田健史

    2002年4月19日、地元タイにて前戦で坂田健史(日本)の持つ日本王座に挑戦し引き分け、後に好敵手となる内藤大助(日本)を迎えて4度目の防衛戦。開始20秒付近で内藤が放った右アッパーに対して左フックのカウンターを合わせてダウンを奪い、これを受けてダウンした内藤はリング上で失神し10カウント以内に立ち上がれず。初回34秒KO勝ちを収めて4度目の防衛に成功した。尚、この試合で記録した「初回34秒KO勝ち」という結果は2013年1月現在、世界フライ級タイトルマッチにおける史上最短KO記録である。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2010年3月27日、日本の有明コロシアムにて前年11月に内藤を破って正規王座を獲得したWBC世界フライ級正規王者亀田興毅(日本)と王座統一戦を行い、2-0(116-112、115-112、114-114)の判定勝ちを収めて2度目の防衛と王座統一に成功し、約2年8ヶ月ぶりの正規王座復帰を果たした 。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たミゲル・カント

    第34代WBC世界フライ級王者時代の2006年6月30日、エベラルド・モラレス(メキシコ)に4回TKO勝ちで15度目の防衛に成功したことにより、ミゲル・カント(メキシコ)の持つ世界フライ級王座における連続防衛記録を更新した。その後、防衛記録を17まで伸ばした。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たカオサイ・ギャラクシー

    ポンサクレック・ウォンジョンカム(、、男性、1977年8月11日 - )は、タイのプロボクサー。タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身。第34代・第37代WBC世界フライ級王者。カオサイ・ギャラクシー・カオコー・ギャラクシーのギャラクシープロモーション傘下ペッインディー所属。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た向井寛史

    2011年12月23日、地元タイにて向井寛史(日本)を迎えて6度目の防衛戦を行い、初回30秒過ぎに両者の頭がぶつかり向井から出血。初回47秒、偶然のバッティングによる負傷判定で規定により引き分けとなり6度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たエベラルド・モラレス

    2006年6月30日、地元タイにてエベラルド・モラレス(メキシコ)を迎えて15度目の防衛戦を行い、4回TKO勝ちを収めて15度目の防衛に成功にした。尚、この勝利によりそれまでミゲル・カント(メキシコ)が保持していた世界フライ級王座における連続防衛記録を27年ぶりに塗り替えた。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た本田秀伸

    2002年11月26日、日本の大阪市中央体育館にて元日本ライトフライ級王者本田秀伸(日本)を迎えて6度目の防衛戦を行い、3-0(119-109、116-112、115-113)の判定勝ちを収めて6度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たソニー・ボーイ・ハロ

    2012年3月2日、地元タイにて同級8位ソニー・ボーイ・ハロ(フィリピン)を迎えて7度目の防衛戦。積極的に強打を振るってくる挑戦者に手を焼き、初回に約8年ぶりのダウンを喫すると4回にもダウンを奪われた後は防戦一方となり、6回に更に2度ダウンを奪われたところでレフェリーストップとなり、自身16年ぶりのKO負けを喫するとともに7度目の防衛に失敗し王座から陥落した。王座陥落後、厄落としの意味を込めて短期出家をした。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード